Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Okada01
田中勝悟さんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックは田中勝悟様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はmail@hapitt.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
選択理論心理学会 神戸支部研究会
H_taisho
選択理論心理学に興味のある方、カウンセリングに興味がある方、人間関係等で悩みを抱えている方
H_kitai
選択理論心理学というものがわかるようになり、カウンセリングスキルが向上します。また、人間関係等での悩みに対して解決方法が見えてきます。
44978_1410093103004
44978_講義中


カウンセリングルームはぴっと田中勝悟です

選択理論心理学会 神戸支部研究会の運営を行っております。


~日本選択理論心理学会 

神戸支部研究会にようこそ~



神戸支部では原則毎月第4日曜日の午前中に選択理論心理学の勉強会を行っています。

選択理論心理学はアメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士が提唱した脳生理学をベースとした心理学の理論体系です。

カウンセリングだけではなく、教育や経営マネージメント、営業の売り上げ、夫婦関係や子育てなど、幅広く活用ができます。

詳しい説明はこちらの方にまとめさせていただきましたので、どうぞご覧ください。





 

選択理論を学ぶとどうなるか?

 

選択理論心理学を学ぶと人の行動の意味や目的が理解できるようになります。

選択理論心理学は原因論ではなく目的論の心理学です。

その人の行動の原因「なんで?」には着目せず、「何のためにこんな行動を選択したのか?」という視点で人の行動を理解しようとします。

人には必ずと言って、「目的」があって行動を起こします。

しかし、行動の仕方が不適切なために問題行動として見られることも多々あるのです。

そこで行動の意味をしっかりと理解した上で、どういう風にすればいいのかを交渉していく過程を選択理論は尊重しています。

そうすることで確実にその人との人間関係が良くなっていくのです。

人間関係が良くなることでいろんなメリットや利点が得られます。

 一気に営業の売り上げが伸びた。
 仕事の効率が上がった
 学級崩壊していたクラスが落ち着くようになった
 夫婦仲が改善した
 不登校や引きこもりが改善した
 クライエントな満足度が上がった
 毎日、明るく過ごせるようになった
 嫌な人との関わり方がわかるようになった


これらは氷山の一角です。

まだまだ、たくさんの報告例が学会や研究会では出されています。

私自身が選択理論で救われた


少し私のお話をさせてください。

私自身、選択理論を学ぶことで本当に救われた経験をたくさんしてきました。

特に今はカウンセラーとして働くことが許されていますが、選択理論に出会わなければ今頃カウンセラーの道はなかったでしょう。

臨床心理士としてカウンセリングを学ぶために大学院で勉強してきましたが、どんなに勉強してもカウンセリングはおろかクライエントのことがよくわかりません。

実習先でも怒られ、先生からも怒られ続けました。

そしてカウンセリングの先生の話を質問しても「とりあえずクライエントの話を聴くように」「傾聴が大事」「クライエントの可能性を信じないと」とあいまいでよくわからない答えばかりです。

そうした中で、「カウンセリングっていったい何?」という疑問がどんどんと高まり、いつのまにかカウンセラーや臨床心理士が嫌いになっていきました。

「クライエントの気持ちを大事にしなさい」とはよく言われるものの、それだけでは全く意味がないのでは?と反発心のみが大きくなっていきました。

どんどんカウンセリングから足が遠のいていってしまいました。


かなりとがっていた大学院生時代を送っていたと思います。

そうした中で、あるワークショップで選択理論を専門にしているカウンセラーの先生とお会いしました。

のちに私の師匠となる方です。

私は「この人も結局同じようなわかったようなことを言うに違いない」と思って、その先生を試すつもりで、「こんな子がいて困っている」と相談しました。

(今思えば、とんでもなく失礼なことでした)

どうせ「その子の気持ちを大事に」とかいうのかと思ったら、その先生は的確にその子のことを言い当てて、そして具体的なアドバイスまで言ったのでとてもびっくりしました。

しかも、その通りにすると、本当に先生が言われたとおりに子どもとの関係が変わってしまったのです。

これは何かあるに違いないと思い、その先生のもとを訪ねました。

そして師匠としてお願いし、その先生から直々にロジャース派の来談者中心療法と選択理論心理学のエッセンスを学び続けました。

おかげで、私は再度カウンセラーとしての自信を取り戻し、その先生からいただいたカウンセリングの知識と技術で多くのクライエントと関わることができました。

特に選択理論を学び続けて、カウンセリングの見立てであったり、具体的なプランであったり、そういうことをたくさん学ぶことができたのです。

また、夫婦関係では選択理論が大きく役に立っています。

いろいろあってつらいこともありましたが、その都度選択理論心理学を通して、自分を立て直し、頑張り続けることができたのです。

選択理論で多くの人が幸せになってほしい

 

私は選択理論を通して、幸せへの道をたくさんつかむことができました。

研究会を開催しているのも、そうした私の選択理論心理学への恩返しでもあるのです。

まだまだ至らない人間ではありますが、選択理論心理学を通して得た仲間と一緒に学びを深めていきたいと思います。

会費は多くの開催している支部に倣って、1回1000円です。

現時点では、これ以上お金を請求することはありません。

研究会の目的は皆さんと一緒に選択理論心理学の真髄を学びあうことにあるからです。

選択理論心理学を通して、幸せな人生のファーストステップを歩みましょう。

皆さんのお越しを心よりお待ちしています。

 

カウンセリングルームはぴっと室長 兼
日本選択理論心理学会 神戸支部支部長 
田中勝悟

 

 

 

44978_カウンセリング中
場所 神戸勤労会館 4階 応接会議室
神戸市中央区雲井通5丁目1−2
ホームページ
拡大地図
参加費

1人1000円(資料代、場所代として)

支払方法

当日に現金でお渡しください。

定員
 10  名
お問い合わせ先田中勝悟
お問い合わせ先電話番号090-8387-1385
お問い合わせ先メールアドレスmail@hapitt.com
7月
Sentaku_1
〆切まであと9日  
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
不登校・引きこもり専門カウンセラー

田中勝悟

Mission
不登校・引きこもりで苦しむ家族を一人でも減らしていきたい。
Senmon

不登校、引きこもり支援、カウンセリング

臨床心理士資格取得 兵庫県尼崎市でカウンセリングルームはぴっとを運営しています。

カウンセラーとして多くの方のカウンセリングをしていきました。

その中で、不登校や引きこもりの子どもと関わっていくうちに、彼らの力になりたいと思うようになり、湊さんが親の会くろーばーを設立し、そこで顧問心理士として多くの不登校や引きこもりの保護者の方と関わってきました。

そうした経験を経て、2019年4月にカウンセリングルームはぴっとを開設しました。

ちなみに、カウンセリングは選択理論心理学をベースとしたリアリティセラピーと来談者中心療法を行っています。

問題を一つ一つクリアにし、その上でこれからどうしていけばいいかを話し合っていく手法です。

そのため、短期間での解決が見込めます。

現在は、カウンセリングの傍ら、セミナーや選択理論心理学の研究会を、神戸を中心に行っています。

興味がある方はぜひお越しください。

お会いできるのを楽しみにしています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock