Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
サンスクリット基礎講座(全4回)
H_taisho
サンスクリットの読み書き発音を学びたい、チャンティングに役立てたい方
H_kitai
サンスクリット文字の読み書きができ、読解やチャンティングに役立つ
41981_3-4


サンスクリット基礎講座(全4回)

~サンスクリットの基礎を学ぶ~

座構成
  • デーヴァ・ナーガリー文字の書き方を練習する
  • サンスクリットのアルファベットの発音を練習する
  • サンスクリットの詩句、ストートラム(讃歌)、マントラをデーヴァ・ナーガリー文字で書いたり発音したりする
  • 初めての方からどなたでもご参加いただけます。
 

この講座では、古典サンスクリットの基礎を学びます。主にサンスクリットの書き方、アルファベットの発音の学習を中心にしています。

マントラ、賛歌、プージャーなどで使用される言語はサンスクリット(梵語)です。チャンティング(詠唱)に必要な基本的な知識として、発音、デーヴァナーガリー文字の読み書きを学びます。

慣れ親しんでてくれば、ヨーガ・スートラやバガヴァド・ギーター、般若心経などの経典や聖典からの文言を書いたり、発声したり、読解したりもします。

 

 

 
 
・サンスクリットの発音、デーヴァナーガリー文字での書き方(母音と子音、半体)を学ぶ。
・単語や文章を書いてみる。デーヴァナーガリーを自由に読み書きできる基礎をつくる。
・チャンティング(詠唱)の正しい発音ができるようになる。
・サンスクリットの詩句(シローカ)、讃歌(ストートラ)、マントラなどの読み書き、発音ができるように
・サンスクリット詩句の意味や目的を理解することに役立つようにする。

 

 

サンスクリットとは?

サンスクリット(sanskrit)は、言語でサムスクルタ(saṃskṛtam)といい、「完成された言語」「洗練された言語」「洗練された言語」「正確な規則に従って形成された言葉」といった意味があります。

俗語のプラークリット(prākrit/原語 prākrta)に対する雅語(おもに文章で用いる価値の高いことば)です。サンスクリットは、BC1500年頃から現在まで、インドの哲学、宗教、文学などの文献に使用されてきました。

中国や日本の仏教では「梵語(ぼんご)」と呼ばれていますが、これは創造主ブラフマン(梵天)によりつくられたという伝承によります。

 

デーヴァ・ナーガリー文字

サンスクリットを表記する文字は、ナーガリー(nāgarī)文字です。ナーガリーはナガラ(都市)の文字を意味します。それが神性化されデーヴァ・ナーガリー(devanāgarī)文字と呼ばれます。デーヴァ・ナーガリーとは「神性な都市文字」という意味です。10世紀ごろから用いられています。サンスクリット以外にも、ヒンディー語(hindī)、マラータ語(marātī)、ネパール語(nepālī)などにも使用されています。

 

デーヴァ・ナーガリーの歴史

古代インドの最初期の文字としては、ブラーフミ―(brāhmī)文字とカローシティー(kharoṣṭhī)文字があります。

ブラーフミー文字とカローシティー文字のうち、ブラーフミー文字はインダス文字を起源とする説やフェニキア文字に起源を持つとされます。一般的にはフェニキア文字がインドに伝えられて改良され、ブラーフミー文字になったとされます。ブラーフミーとは、「ブラフマー(梵天)のもの」と言う意味で創造主ブラフマーによりつくられた文字ということになります。

グプタ王朝(320~350年頃)時代には、ブラーフミー文字から派生したグプタ文字(グプタ形ブラーフミー文字)が使用されました。

さらに、6世紀頃にはスィッダーマートリカー(siddha-mṣtrikā)文字が生まれ、日本には仏教を通して悉曇(しったん)文字として伝来しました。

7世紀になるとナーガリー文字が生まれ、グプタ文字に代わってサンスクリット写本に使われ、デーヴァ・ナーガリー文字となりました。

 

サンスクリットのアルファベット

サンスクリットのアルファベットは、14の母音(svara)と33の子音(vyañjana)の合計47の字母(varṇa)と気音(visarga)、鼻母音(anusvāra)から成ります。

अ आ इ ई उ ऊ ऋ ऌ
ए ऐ ओ औ अं अः
क ख ग घ ङ च च ज झ ञ
ट ठ द ढ ण त अथ द ध न
प फ ब भ म
य र ल ळ व श ष स ह क्ष ज्ञ

 

3月開始コース - 全4回講座

第1回目: 3月02日(土)13:30~15:00
第2回目: 3月16日(土)13:30~15:00
第3回目: 4月06日(土)13:30~15:00
第4回目: 4月20日(土)13:30~15:00

6月開始コース - 全4回講座

第1回目: 6月01日(土)13:30~15:00
第2回目: 6月15日(土)13:30~15:00
第3回目: 7月06日(土)13:30~15:00
第4回目: 7月20日(土)13:30~15:00

 

8月開始コース - 全4回講座

第1回目: 8月10日(土)13:30~15:00
第2回目: 8月17日(土)13:30~15:00
第3回目: 8月31日(土)13:30~15:00
第4回目: 9月21日(土)13:30~15:00

 

10月開始コース - 全4回講座

第1回目: 10月19日(土)13:30~15:00
第2回目: 11月02日(土)13:30~15:00
第3回目: 11月16日(土)13:30~15:00
第4回目: 11月30日(土)13:30~15:00

 

12月開始コース - 全4回講座

第1回目: 12月14日(土)13:30~15:00
第2回目: 01月11日(土)13:30~15:00
第3回目: 01月25日(土)13:30~15:00
第4回目: 02月04日(土)13:30~15:00

 

※都合により日程は変更になる場合もありますので、予めご了承ください。

 

お申し込みと諸注意事項

  • 1回90分で月2回/2ヵ月、合計4回の授業となります。
  • 予めご予約の上、授業料をご入金ください。
  • 内容などについて確認されたい場合は、メールでお問い合わせください。

最少開催人数:3人
人数に満たない場合には、1か月ずらして新たな日程で開催を募集されます。
(毎回そのようにさせていただきます)

 

お申し込みと諸注意事項

  • 1回90分で月2回/2ヵ月、合計4回の授業となります。
  • 予めご予約の上、授業料をご入金ください。
  • 内容などについて確認されたい場合は、メールでお問い合わせください。

 

場所 ヴェーダセンター
東京都品川区上大崎3-3-9-1109
ホームページ
拡大地図
参加費
チャンティング全4回特別講座
(10800 円)

10000円(税別)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

paypal

定員
 10  名
お問い合わせ先電話番号03-5935-7838
お問い合わせ先メールアドレスinfo@vedacenter.jp
10月
Sentaku_1
〆切まであと3日  【残 7 席】
12月
Sentaku_1
〆切まであと59日  【残 6 席】
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

VEDA CENTER(ヴェーダセンター)

代表

ヴェーダプラカーシャ・トウドウ

Mission
真の健康を得るための本来の瞑想ヨーガを伝えたい
Senmon

瞑想 ヨーガ ヴェーダ 呼吸法 ヴェーダプラカーシャ・トウドウ

インド政府公認プロフェッショナルヨーガ・インストラクター、同プロフェッショナルヨーガ検定試験官、、産業カウンセラー/心理カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)、 心理相談員(中央労働災害防止協会認定)

VEDA CENTER(ヴェーダセンター)代表。瞑想・ヨーガ指導歴37年。ヨーガ瞑想教師、インド哲学・アーユルヴェーダ講師、インド政府公認プロフェッショナルヨーガ・インストラクター(AYUSH省QCI※認定)、同プロフェッショナルヨーガ検定試験官、ヴェーダ詠唱家、産業カウンセラー/心理カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)、 心理相談員(中央労働災害防止協会認定)、インドスタイル冠婚葬祭祭司。

4,000人以上に瞑想を指導。1981年~1994年超越瞑想法教師。1995年~J.ラーマムールティ師、N.ホースマネー師に師事し、瞑想法、ヴェーダ詠唱、プージャー(儀式)、護摩(ホーマ)儀式、冠婚葬祭を学ぶ。2005年、ヴェーダセンター設立。講師・執筆活動、CD企画制作、ドキュメンタリー映画製作なども行う。CDアルバムをリリース。

  Vedaprakash Todo
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock