Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents_no Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
【東京校
5月開講
】二番目にわかりやすい!薬膳本科(食学コース)
H_taisho
薬膳を活用するのに不安がある方 体質をもっと詳しく掘り下げたい方
H_kitai
◎身体の不調および突発的な病気や不調が弁証でき、薬膳指導をすることができる

 

 

中級の「二番目にわかりやすい!薬膳本科」は、これまで学んだ基本の中医学と薬膳の知識を実践で応用するべく「頭の中の点の知識を線でつなぐ訓練をする」講座です。これまで学んでこられた中医学と薬膳の知識を実際に「使える薬膳」にするために、授業に弁証訓練シートを取り入れ、様々な不定愁訴を自分で弁証して解いていく力をつけていただきます。

 

 


  講座のおすすめポイント


 

家族の身体の不調および突発的な病気や不調がわかり弁証と対応ができる。

他人の身体の不調を弁証でき、薬膳を指導できるレベルになる。

 

 


 

 【講師の紹介】

 

   

寺薗 真衣 (国際薬膳学院 副学院長)  

 

 

 

【講座スケジュール】

土曜日 10:00~ 12:30(150分)/ 13:30~ 16:00(150分)

*1日に2コマ実施いたします。

 

 

●食学講座       ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩

 


   講座内容


◆5月18日①②

【肝】お茶 (理気や活血をテーマにしたメニュー作りの考え方)           

肝に効かせる春の薬膳レシピ付 メニュー開発訓練 

 

◆6月15日③④

【脾】砂糖 (痰湿 水毒 健脾をテーマにしたメニュー作りの考え方)         

脾に効かせる梅雨の薬膳レシピ付 メニュー開発訓練  

 

◆7月20日⑤⑥

【心】出汁 (養心安心をテーマにしたメニュー作りの考え方)

心に効かせる夏の薬膳レシピ付 メニュー開発訓練

 

◆8月24日⑦⑧

【肺】その他の食材 (補衛気や解表をテーマにしたメニュー作りの考え方)

肺に効かせる秋の薬膳レシピ付 メニュー開発訓練

 

◆9月21日⑨⑩

【腎】塩 (補腎陽・補腎陰をテーマにしたメニュー作りの考え方)

腎に効かせる冬の薬膳レシピ付 メニュー開発訓練

 


 

※ 二番目にわかりやすい!薬膳本科受講資格として

 ・国際薬膳学院の「一番わかりやすい!中医学基礎理論と薬膳入門」(通信講座含む)修了者

 ・他の学校の修了書や認定資格をお持ちの方で、国際薬膳学院の試験を受験し合格(75点以上)された方

 

 

 

場所 国際薬膳学院 東京校 
(詳しい住所はお申込み時にお知らせいたします)
参加費
【5月開講 東京校 食学コース】  二番目にわかりやすい!薬膳本科 参加費
(124200 円)

※ はじめてのお申込みには、別途入会金5,000円を頂戴いたします。

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

● カード決済(Pey Pal)

● 銀行振込

 〈お振込先〉

 銀行名:三菱UFJ銀行

 支店名:天満支店(533)

 口座番号:普通 0135959

 口座名義:国際薬膳学院 

 

※ お申込より7日以内に受講料をお支払いくださいませ。
  期日までにお振込確認ができない場合は、一旦キャンセル扱いとなりますのでご注意くださいませ。

※ お振込手数料はお申込者様のご負担とさせていただきます。
※ 資格講座につきましては一旦納入されました受講料はご返金致しかねますので、あらかじめご了承くださいませ。


★お申込みの方は、このページの下部の

開講日〈5/18(土)〉

の部分をクリックしてください。

↓↓↓


定員
 10  名
5月
Sentaku_1
〆切まであと23日  
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert

国際薬膳学院

国際薬膳学院

Mission
日本人のための薬膳の普及

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock