Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Safe_image
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
【3週間で食べられる?!白味噌会2019秋】
このような方にオススメ
ゆで汁アレンジクラブのクラブ活動(オフ会)第2弾
期待できる効果
美味しい手前味噌を作ることができて、白味噌の活用法も知ることができて、毎日の食卓に広がりが生まれます!

お味噌って、1年寝かさないと食べられない…

 

これは動かぬ事実なんですが、
白味噌は、この事実を
ひっくり返すことが出来るんです♪


せっかちな方にも
手入れがめんどくさい方にも
気軽にはじめて頂けるお味噌作り。

 

 

自宅で再現いただくのもカンタンで
結構温かい時期に仕込んでも
美味しく仕上がるのが
この白味噌の特徴なんです。


手作りのお味噌って、本当に美味しい!

 

もちろん、白味噌活用の
美味しいご飯のデモンストレーションもいたしますよ!


 

 

白味噌を使いこなすと、

ご飯作りの幅はグッと広がります!

今夜の晩ご飯に悩んでいるお母さん

ここにくれば、そんな悩みも吹っ飛んじゃうかも♪

 

 

<白味噌仕込みは、こんな人にオススメ!>


・お味噌なんて、手作りしなくてもいいんじゃない?って思う人

・仕込んでから1年も待つなんて、やってらんなーい!という人

・1年寝かせて作るお味噌は作ったことがあるけど、失敗しちゃった…という人

・1年寝かせるお味噌は作ったことがあるけど、天地返しとか…実はめんどくさかった人

・白味噌なんて、普段のご飯作りに使ったことのない人

・お砂糖を使わずにご飯が作りたいけど、どうしていいかわからない人

 

 

今年の白味噌会では、
みんなで魚の味噌漬けも作ります!

 

白味噌って、本当にカンタン♪
とりあえず、チャレンジしてみる!

それが、正しい手抜きを身につける近道かも…

 



★★★★★

 

8月半ばのメルマガで
この秋以降は、レッスンを開催しない…
という内容のご報告を、
させていただきました。
 
それは、まもなく9歳と5歳になる
娘たちとの時間、
週末もサービス残業の
かなーりブラックな公務員な夫との
休みの日のシェアができず
(真剣に休みの取り合いになっていまして…(笑))
 
 
何を今、ワタクシゆで汁は
大切に生きていくべきか…
改めて考えなおしたところ
先にお伝えしたような判断を
このゆで汁の活動に下した次第です。
 

ただ、、、
ワタクシゆで汁、
元来めんどくさがりな性分。
 

レッスンやるぞ!!
って思わない限り、
味噌を仕込んだりとか… しないんですよね(笑)
 

すでに「ゆで汁アレンジクラブ」に
ご参加くださっている方からも
白味噌作りたいけど、
ひとりじゃつまんなくて…というお声をいただいて
 
 
そう、ひとりで仕込んでも
つまんないんですよ!!!
ってね。
 
改めて思って、、
ゆで汁アレンジクラブのオフ会
クラブ活動として、
年内2回だけ開催しようと思っています。
 
そして、今回は
皆さんと「魚の味噌漬け」も作って
お土産にお持ち帰りいただけたら…
なんて思っています!
 
 
ぜひ、ゆで汁アレンジクラブにご参加の上
遊びにいらしていただけたらと思います♪
お目にかかれますこと、楽しみにしております!
 
 
場所 平日は新宿御苑のキッチン、休日はときわ台キッチン

参加費

¥6500(税込)を予定
(材料費:白味噌1kg分、食材費、会場費)

※お子様の食事をご希望の場合は、
 未就学児:1食500円
  就学児:1食800円 にてお受けいたします。

支払方法

事前に銀行振り込みにてお願い致します。

参加費確定次第、詳細をご案内をいたします。
そのメールが到着後、5営業日以内にご入金をお願い致します。

※食材準備のため、ご入金後のキャンセルに関してはご返金いたしかねます。

定員
 6  名
現在受付はしていません。
 
 
 
 
Profile
ゆで汁マイスター

濱田まさこ

Mission
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
Senmon
ゆで汁マイスター 時短ごはん カンタン 料理が苦手 栄養満点 

国際発酵食医膳協会 認定伝統発酵醸師

冷凍生活アドバイザー
二人の娘と主人の4人暮らし。
娘を二人とも、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
ワーキングマザーでした。

料理遍歴は、長女を妊娠してから。
それまでは、ご飯なんて作ったこともなく、
それこそ実家で、上げ膳据え膳。

結婚しても仕事は忙しく、
帰宅は主人より遅い日々。


そんな生活から一変。

赤ちゃんのために、
素敵なご飯を作ってあげよう!
離乳食だって、完璧に!

そんな雑誌に載っているような、
キラキラした育児
おだやかな時間の流れる、
丁寧な暮らしに憧れまくっていたものの…


出血多量の出産を経て、
待ち構えていた現実の育児は、散々で。。
仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足…
髪を振り乱し、泣きながら台所に立つ毎日。

娘のカラダを思って
必死にご飯を作っているのに、
月に1度は保育園からの呼び出し。
熱を出されては、わたしの大事な有給は…
どんどんと消えていく。

何のために、ご飯を作っているのだろうと、
ご飯作りの放棄時代があったり、
これじゃだめだ!!と偏った食の思考に陥ってみたり…

試行錯誤の時間を過ごしてきました。

そんな日常の中で、
ふと出会ったのが「牛蒡のゆで汁」。

その甘さに驚き、
思わずお味噌汁にしてみたら… 

これが美味しい♪
  

出汁をとる手間も必要ないなんて
めんどくさがりのわたしにピッタリ。

それからは、
いろんな素材のゆで汁を飲み比べては、
何に使うと美味しいかな? と、
思いをはせる日々が始まりました。



基本、ご飯作るのめんどくさいです。

だからこそ、
成長真っ盛りの子どものために
難しいことは抜きにして、
「続けられること」にまとを絞った、
ご飯作りを考えるようになりました。


小さな子ども達との生活は、
こちらの思い通りにならないことがたくさん!

それでもなんとかなっている。
ゆで汁を活用した、
毎日のご飯作りのアイディアをお伝えすべく
ゆで汁マイスターとして、活動をしています。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock