Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
【11月11日(木)夜】
村中李衣さん講演会
いろんな読みあいを伝えあい
ことばのお茶会 ふたたび
このような方にオススメ
読みあいに興味がある方 読みあいをやってみたい方
期待できる効果
いろんな読みあいを知ることができます
608762_img_4054

 


ことばのお茶会
ふたたび
 

 

2021年9月30日に

村中李衣さんのオンライン講演会を主催しました。

しょっぱな

李衣さんは、

わたしの「とんちゃん」というニックネームから

「ことばのお茶会」を想像していたとお話されました。

 

「ことばのお茶会」って

なんだかいい響きだなあと思いました。

 

そしてその夜は

まさに「ことばのお茶会」のような時間だったのかもしれない、と思いました。

(お茶はお出しできませんが)

 

そこで、今回も

「ことばのお茶会 ふたたび」

としたいと思います。

 

もちろん、前回、ご参加いただけなかった方にも

このお茶会にはご参加いただけます。

(お茶は出ませんけど)

 

 

 

 

読みあいをもっと知りたい

 

李衣さんの読みあいをもっと知りたい。

そんなふうにわたしは思っています。

李衣さんの本を読んで、知ったつもりになっていることも

オンライン越しとは言え、

李衣さんが

座る位置をその都度、変え

表情、声色で

再現してくださる

その読みあいの時間に

わたしも立ち会わせてもらっているような感覚を味わうことができました。

そのことによって

「読みあい」というものが

どんなものなのか

どんな時間なのか

想像することができるような気がしました。

そして、わたしも

「やってみたい」と思いました。

 

 

お年寄りと絵本を読みあう
村中李衣著
ぶどう社

 

 

 

子どもと絵本を読みあう
村中李衣著
ぶどう社

 

 

 

 

 

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

 

 

李衣さんが13年前から取り組んでいらっしゃる「絆プロジェクト」

女性受刑者が、会えない我が子に絵本を1冊読んで録音して届ける矯正プログラム。

希望者のみが90分×6回のグループワークを通して、

我が子のために絵本を選び、読む練習をし、自分の心の内側を見つめていきます。

 

 

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい
村中李衣・編著
中島学・著
かもがわ出版

 

http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/sa/1162.html

会えないわが子への想いを声にのせて
病棟で児童養護施設で、赤ちゃんからお年寄りまで、場をともにするコミュニケーションを根底に「読みあい」を実践してきた著者が、受刑中の母と子を深くやわらかくつなぐ。
今、誰も排除しない社会への小さなとびらをひらく。

 

 

2021年のプログラムが始まっているそうです。

「自分がどうしたいかを素直に感じて表現できる場所をまず育てる」

と李衣さんの著作には

こともなげに書かれていますが

これは一筋縄ではいかないことなのではないだろうかと想像します。

そのあたりのお話もお伺いしたいと思います。

 

 

【ご購入はお近くの書店かこちらから】

□e-hon

https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034220190&Action_id=121&Sza_id=GG

 

□楽天ブックス

https://a.r10.to/haBgnJ

 

□アマゾン

https://amzn.to/3tgcOpj

 

 

ご参加いただいた皆さんの声

 (ほんの一部を抜粋してご紹介します)

 

□これから先、まだまだ山あり谷あり笑顔ありの読みが生まれるのだろうなと思います。
けれど、村中先生のお話が、私を支えてくれる。
迷った時、後ろを振り返り、足元を見つめ、「よし 歩こう」と思えるキッカケをくれる。

 

□村中先生は書かれている本のイメージから
とても真面目で冗談など言わない雰囲気なのかと
勝手に想像していたのですが
失礼かもしれないのですが
とてもかわいらしくてざっくばらんで
魅力溢れるお人柄にすっかり虜になりました!

 

□私の周りにも、村中さんの眼差しで見ていくと、
気づくことができる
沢山のキラリと光る物語があちこちにあるように感じました

 

□あなたもあなたもあなたも
私の中に、みんなの中にちゃんといるからね
というメッセージをずっと
発信してくれているのを感じていました。

 

 

□李衣さんは、なんて人の懐に入るのが上手なんだろうとビックリしました!

否定もせず、心地よくスッと入ってくる。私もすぐに引き込まれてしまいました。

 

□李衣さんのようにしたいけど、出来ないと思う…と言わたことに対して、
「上手くしてあげられなくても、私の側にいたいと思える〇〇さんがいることが大切」
「李衣さんが私の側に居たいと思える私なんだって」(気づいても気づかなくてもいい)
やる前から、できないかも…とつい足踏みしてしまう私の背中をおしてくれる言葉でした。

 

 

たくさんいただいたご感想はこちらにまとめました。

村中李衣さん講演会 感想集 その1

村中李衣さん講演会 感想集 その2

 

村中李衣さんご紹介

 

1958 年山口県生まれ。
児童文学作家、ノートルダム清心女子大学教授。

筑波大学人間学類卒業後、日本女子大学大学院で児童文学を学ぶ。
その後、児童文学の創作に携わりつつ、就職先の小児病棟の子どもたちと絵本の読みあいを始める。
さらに、読書療法や絵本を介したコミュニケーションの可能性について研究。
保育者養成、保育者研修講師のほか、講演・受賞多数。

 

 

 

 

 

村中李衣さん講演会
いろんな読みあいを伝えあい
ことばのお茶会
ふたたび
 

 

◆日時 2021年11月11日(木)18:30〜20:30

 リアルタイム参加のみです。録画視聴はありません。

◆場所 オンラインZOOM

◆講師 村中李衣氏

◆参加費 3300円(税込)

 

 

【キャンセルポリシー】

お申し込みフォーム送信直後からキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 

お申し込みから8日前までのキャンセルにつきましては、代金の10%を事務手数料 として頂戴します。

73日前まで50%、前々日、前日、当日および無断キャンセルは100%を事務手数料として頂戴します。

返金の場合、振込手数料を差引いた額となります。

キャンセル時点で未入金の場合も上記キャンセル料を頂戴します

 

 

※上甲知子のメールマガジンが不要な方は、チェックを外してください。

 次回以降のお知らせはメルマガ読者様に先行お知らせします。

 

開催日時
2021年11月11日(木)
開場 18:15
開始 18:30
終了 20:30
場所

参加費
参加費
3,300円
定員
 98  人
満員御礼
申込受付期間2021/10/ 5(火) 20:00 ~ 2021/11/11(木) 09:15まで
主催者上甲知子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s
絵本読み聞かせ講師

上甲知子

Mission
なんでもないようなことが幸せだと気づく「絵本で子育て」
Senmon
絵本 子育て

司書
NPO法人「絵本で子育て」センター 絵本講師
絵本セラピスト®
わらべうたベビーマッサージインストラクター
魔法の質問カードマスター
時間マネージメントアドバイザー


1972年生まれ。神奈川県南足柄市在住。清泉女子大学卒業 。

3人の子どもを育てながら、地方公務員(町役場職員)として21年間勤務。

長女がへそ曲がりでアトピーで寝ない子で、子育てに疲弊していました。(かわいいと思えませんでした)

心の余裕がなく、我が子に全く絵本を読んでいなかったわたしが
とある出会いによって、手のひらを返すように、我が子に絵本を意識して読むようになりました。


絵本の読み聞かせは、人としての土台の部分で
とても大切なものを育んでくれる一つの要素だと知りました。

それは、自分が目的に向かっていくときの力にもなることを確信しました。
子どもだけでなく、親自身も、「根っこ」が育ちます。

2012年 絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)の資格を取得。

絵本読み聞かせ講師として、年間約1000人の保護者、保育者などに絵本のある子育てについて伝授しています。

具体的にすぐ実践できる本音のアドバイスをすることによって、知らず知らずのうちに、ご自身で「根っこ」を育てることができるようになります。

それは5年後、10年後のあなたとあなたの身近な人の未来を確実に変えることになるでしょう。

また、おとな向けの絵本ワークショップも年間100人以上が参加。
保有絵本は1000冊以上。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) TOMOKO JOKO
Powered by reservestock