Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
満席につき増席【7/2(金)9:30】体験講座
思春期の子どもに伝わる声のかけ方
<増席分満席につき増席>科学的に裏付けられた子どもが伸び幸せになる関わり方を学ぶ
このような方にオススメ
思春期を迎えた子どもとの関わりについて知りたい方
期待できる効果
思春期でも子どもに伝わる声のかけ方を学び、実践できるようになる。
<ママの心と体のwell-beig>知識を学び心と体を整え自己肯定感と子育てスキルを上げることでお互いの強みを認め合える温かい家族が増えることを願っています。
Professional
 
 
 Shiny Body and Soul主催、NYLB研究所認定講師、
白濱靖子
<ママの心と体のwell-beig>知識を学び心と体を整え自己肯定感と子育てスキルを上げることでお互いの強みを認め合える温かい家族が増えることを願っています。
 
<個別セッション>
・エンパワメントセッション
・親子で個性を輝かせる数秘セッション
<講座>
・NYLB研究所読書会(単発)
・NYLB研究所体験講座(単発)
・NYLB研究所「世界に通用する子どもの育て方」ベーシック講座(全4回)
・NYLB研究所「世界に通用する子どもの育て方」アドバンス講座(全6回)
・Relax & Refresh with 助産師&エクササイズ講師産前産後のカラダとココロをリフレッシュ(単発)

NYLB研究所認定講師
ライフオーガナイザー2級
キッズアンガーマネジメントインストラクター
姿勢矯正指導者
産後骨盤調整指導者
ピラティスインストラクター
数秘学
色彩心理学
10歳息子、7歳娘、夫の4人家族。
日系グローバル企業にて14年間勤務。国内及び海外の営業・マーケティングの部門で秘書などに従事。第二子出産の為、退職。

第一子の息子が生後3か月の育休時に東京で東日本大震災を経験。
本能が息子を守ることへと向かい私にとって大切なものは家族だと明確になる。

仕事と育児の両立のため時短での復職を希望していたが、不本意ながらフルタイムでの復職となる。(今思うと意志を伝えるコミュニケーション力不足)。

復職後すぐに流産。息子と過ごす時間が1日3時間しかない事に疑問を持つ。こんなに可愛く毎日成長する時期に「もっと息子と過ごしたい」と心の底から湧き上がる。

また、仕事も育児も中途半端な状態に嫌気がさしていた頃に第2子妊娠が発覚。
前回の流産のこともあり、「私が守りたいものは仕事よりお腹の赤ちゃんだと」退職の気持ちが固まる。大好きな会社で入社当時から定年まで勤めたいと思っていたので退職を決意した自分に驚いた。

5年間の育児専念期間中に松村亜里先生と出会い育児が楽になり、9歳から始めたバレエや心と体の健康の学びが好きだと気づき現職へ。

また、元々過干渉であった実母が私の妊娠を期に更にひどくなる。私の許容範囲を超えたため産後半年ほどで距離を取ることを決意。未来を共に歩む存在である夫と息子がいたからこそできた決断。その後、しばらくは実母のせいにすることが多かったが様々な学びを通して結局は「自分」ということが腑に落ちて来た。

中でも松村亜里先生からの科学的根拠に基づいた学びは大きく影響を受けている。今では両親に心から感謝できるようになり、人はいつからでも変われることを実感している。

まずは自分を満たすことの大切さを実感しており、学びを実践していくうちに、「気が付いたら理想の状態になっている」体験を楽しんでいる最..
 
NYLB体験講座 
思春期の子どもに伝わる声のかけ方
 みなさんは、ご自分の思春期のことを覚えていますか?
もちろん、思春期の頃に色々と思い悩んで過ごした日々のことは覚えていらっしゃることでしょう。
しかしながら、我が子が思春期を迎えると、自分自身もたどってきた道ですが、
今一つ、子どもの思考や態度が理解できないことがあるかもしれません。
 
思春期を過ごす子どもたちにはある特徴があることが、様々な研究から少しづつ解明されてきました。
 
ニューヨークライフバランス研究所では、最新の科学的根拠に基づいた、親子の信頼関係を強め、子どもも親も幸せになるスキルを学べる講座を開催しています。
 
 今回の講座では、なかなか意思の疎通が難しくなった思春期の子どもに伝わる声のかけ方を学びます。

1.子どもが幸せになる子育てスタイルについて知る。

2.思春期の脳の特徴について知る。

 3.   効果的な声のかけ方を一つ練習してみる。

講座は、少人数で理論とシェアを交えて進めます。そして、頭で考えるだけではなく、”今、すぐ使えるスキル”を目指して、ワークで実践して体得します。

科学的なエビデンスにもとづく子どもとの関わり方、思春期の脳の特徴について学び、思春期の子どもに伝わる声のかけ方を実践できる講座です。

 
体験講座「思春期の子どもに伝わる声のかけ方
【日時】2021年7月2日(金)日本時間 9:30~11:15 

【方法】Zoom(お申し込み完了メールにてリンクをお送りします)

【受講料】税込み 3520円 または 32ドル

【持ち物】
①PC(iPadやiPhoneも使えますが、PCがおすすめです)
②イヤホンとマイク(携帯についているもので可)

③筆記用具

【最少開講人数】3名

 

 
















開催日時
2021年7月 2日(金)
開場 9:20
開始 9:30
終了 11:15
場所

参加費
子どものやる気を引き出す親の関わり方 参加費
3,520円
子どものやる気を引き出す親の関わり方 参加費
32USD

3520円(税込み)

32ドル(税込み)

定員
 4  名
満員御礼
申込受付期間2021/5/ 8(土) 09:00 ~ 2021/7/ 1(木) 22:00まで
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
Shiny Body and Soul主催、NYL..

白濱靖子

Mission
<ママの心と体のwell-beig>知識を学び心と体を整え自己肯定感と子育てスキルを上げることでお互いの強みを認め合える温かい家族が増えることを願っています。
Senmon
子育て、ポジティブ心理学、産後更年期エクササイズ、自己肯定感、数秘

<個別セッション>
・エンパワメントセッション
・親子で個性を輝かせる数秘セッション
<講座>
・NYLB研究所読書会(単発)
・NYLB研究所体験講座(単発)
・NYLB研究所「世界に通用する子どもの育て方」ベーシック講座(全4回)
・NYLB研究所「世界に通用する子どもの育て方」アドバンス講座(全6回)
・Relax & Refresh with 助産師&エクササイズ講師産前産後のカラダとココロをリフレッシュ(単発)

NYLB研究所認定講師
ライフオーガナイザー2級
キッズアンガーマネジメントインストラクター
姿勢矯正指導者
産後骨盤調整指導者
ピラティスインストラクター
数秘学
色彩心理学 10歳息子、7歳娘、夫の4人家族。
日系グローバル企業にて14年間勤務。国内及び海外の営業・マーケティングの部門で秘書などに従事。第二子出産の為、退職。

第一子の息子が生後3か月の育休時に東京で東日本大震災を経験。
本能が息子を守ることへと向かい私にとって大切なものは家族だと明確になる。

仕事と育児の両立のため時短での復職を希望していたが、不本意ながらフルタイムでの復職となる。(今思うと意志を伝えるコミュニケーション力不足)。

復職後すぐに流産。息子と過ごす時間が1日3時間しかない事に疑問を持つ。こんなに可愛く毎日成長する時期に「もっと息子と過ごしたい」と心の底から湧き上がる。

また、仕事も育児も中途半端な状態に嫌気がさしていた頃に第2子妊娠が発覚。
前回の流産のこともあり、「私が守りたいものは仕事よりお腹の赤ちゃんだと」退職の気持ちが固まる。大好きな会社で入社当時から定年まで勤めたいと思っていたので退職を決意した自分に驚いた。

5年間の育児専念期間中に松村亜里先生と出会い育児が楽になり、9歳から始めたバレエや心と体の健康の学びが好きだと気づき現職へ。

また、元々過干渉であった実母が私の妊娠を期に更にひどくなる。私の許容範囲を超えたため産後半年ほどで距離を取ることを決意。未来を共に歩む存在である夫と息子がいたからこそできた決断。その後、しばらくは実母のせいにすることが多かったが様々な学びを通して結局は「自分」ということが腑に落ちて来た。

中でも松村亜里先生からの科学的根拠に基づいた学びは大きく影響を受けている。今では両親に心から感謝できるようになり、人はいつからでも変われることを実感している。

まずは自分を満たすことの大切さを実感しており、学びを実践していくうちに、「気が付いたら理想の状態になっている」体験を楽しんでいる最中。
必要な方に必要な嬉しい変化が起き共に喜び会えることを願い活動しています。

好きなこと:海外旅行、バレエ、フラ、ミュージカル鑑賞、ホームパーティー&BBQ、自由、変化すること。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock