Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
新人登録販売者スクール【ベーシックコース】オンライン第1期
【3回目】
実践に即役立つ知識・スキル・マインドを手に入れる。
このような方にオススメ
自信を持って接客できていない。合格はしたものの、登録販売者として何を勉強したらいいか分からない人、独学での勉強に行き詰まっている人に。
期待できる効果
自分に合った勉強法が分かるようになり、苦手が克服しやすくなる。お客様からの相談にスムーズに答えられるようになる。学習の優先順位、緊急に取り組むべきこと、登録販売者として働いていく上で心掛けること、継続して学習すべきことが分かり、目的や目標が明確になります。
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Expert_s
 
 
一般社団法人 くすりと漢方のスペシャリスト協会 代表理事
仲宗根 恵
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
 
●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 第二版(2020年)

平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。
 
接客に必要な基礎知識とスキル
そして、学習を継続できるメンタルを整える
 
 
 
◎オンラインベーシックコース 
合格後に必要になる商品知識全般を身につけ、症状の聞き取りから病態の把握まで、店頭で相談の多い事例から病態の基礎を学びませんか?
 
登録販売者として、店頭での医薬品の販売・接客相談に応えられるようになるために、店頭にある商品を網羅しながら、症状から商品へと適切な選択ができるようになるカリキュラムを用意しています。
 
zoomを使ったオンラインで講義を進め、実際に店頭で多い接客事例のワークを行いながら、実践的な学習を進めていきます。対面や集合の講座と変わらないレアな情報交換や質疑応答も行うことができます。
 
また、ベーシックコース専用のFacebookグループを立ち上げ、スクール期間中の交流を行いながら、あらゆる質問や疑問解消をスピーディーに解消していきます。
 
 
 
 
 

basic とは、英語で、「基本的な」「基礎の」という意味です。

 

文字通り、ベーシックコースでは、登録販売者として店頭に立つ上での基礎知識や、基本的スキルを身につけるカリキュラムを学んでいただく場です。

 

残念ながら受験勉強では、接客に必要になる知識はほぼほぼ身につきません。

合格後には実践に即した学習が必要になります。

 

本来なら、薬理学や解剖生理学といった、人体のしくみや学術の基礎から勉強するのが、王道の勉強の順番なのですが、店頭に立つようになったら、まず必要になってくるのは「商品知識」です。

 

(もちろん、学術の勉強も少しずつ始めていかなければなりません)

 

そして、お客様は店頭で「症状」を伝えてきますから、その症状を把握し、理解するための「病態知識」も必須です。

 

症状を伝えてもらったら、その症状をもう少し掘り下げるような質問をしていきますが、病態の知識が浅いと、何を質問したらいいのか分からず、質問できたとしても、その答えから病状を紐解くことができません。

 

ですから、まずは店頭にある商品についての商品知識を深め、相談の多い症状について、その原因や治療法、病状などを、商品とリンクしながら理解していく必要があるわけです。

 

ある程度の知識を深めている人も、実際の接客をした時に、病状や商品が全く思い浮かばない!というケースも多いのですが、

 

それは、参考書などに掲載されている接客事例や、漢方薬の効能にある「証」に記載されている症状にぴったり合う人は来店しないから・・です(^_^;)

 

実践の接客では、教科書通りの人はおらず、100人いれば100通りの接客があり、同じ事例は一つもありません。

 

さまざまな事例に対応できるようになるには、一定の時間(経験)も必要になりますから、短期間でベテランのような接客ができるようになるわけではありませんが、

 

少なくとも、その土台(basic)になる部分は、半年ほどあれば創り上げることが可能です。

 

もちろん、創り上げるには、その当事者自身が、「分かるようになる!」と決めていることが大前提です^^

 

 

 

教えてもらえば身につく・・というものではなく、成長を約束・加速させるのは、プロとしてのスキルを身につけたい!という本人の思い。

 


◎自分自身が納得できる接客をしたい。

◎プロとして的確な情報提供ができるようになりたい。

◎薬や健康に関する専門知識を身につけたい。

 

 

目標があるとモチベーションも維持しやすいですし、何より、成長のスピードがとても速いのです。

 

アウトプットすることも重要ですから、独学では難しいというか、、、どうしても自己流の勉強になってしまうため、

視野が狭くなりがちですね。

 

そして、間違った時に指摘してくれたり、教えてくれる人がいない環境での学習は、盲点が多くなりがちで効率的ではありません。

 

長い間、独学で勉強してきたという方も、今一度、それが本当にプロとしての知識なのか、確認する機会があってもいいのではないかと思います。

 

そんな、登録販売者同士が一緒にスキルを磨ける場を、創っていきますので、良くしていきたい!と思っている方々に、ぜひご参加いただけたらなと思っています。



 

講座の内容
  •  

 

  •  

 
 
 

 

 

まず最初に必要になるのは「商品知識」

 


市販されているOTCのアイテム数は非常に多く、すべてを把握するのは難しいかもしれませんが、まずは店内の商品を網羅することで、日常の業務や接客がスムーズになります。商品知識は最初に身につける知識であり基本ですから、スキルアップの第一段階と言えます。

 

商品の特徴や、商品と商品の違いが分からない・・という場合は、成分の作用や性質が理解できていないということですから、成分についてもおさらいする必要があります。

 

試験では暗記で乗り切れるところだったかもしれませんが、商品知識は成分知識とも言えますから、商品知識を深めながら成分について、理解を深めていきます。

 

自店にどんな商品があり、どんなお客様に対応できるのか?

(もしくは対応できないのか?)を知ることで、接客がスムーズになります。

 

協会オリジナルのワークシートを活用して、成分ごとの商品の分類や、基礎疾患のある方・妊婦・授乳婦・小児など、使用する方々の条件や症状に応じて分類することで、12のカテゴリの商品を網羅していきます。

 

 

 

店頭で相談の多い症状について病態を理解する。

 

 

店頭では、多くのお客様が自分の症状を伝えてきます。

その症状は何が原因で起こるのか、

どんな対処法によって改善するのかは、

 

人体のしくみや病態の知識がベースにないと、

理解することができません。

 

ベーシックコースでは、店頭での相談が多い

代表的な病気について、その特徴的な症状や、

メカニズムについて学んでいきます。

 

 

 

苦手なところを克服する。

 

 

ベーシックコースの学習を通じて、基本的な知識や勉強方法が身に付くため、

店舗が変わったり転職をしても、その方法を応用できるようになります。

 

また、ワークシートを記入するうちに、自分の弱点が分かるようになり、

どんな知識が足りないのか、何を勉強したらいいかが見えてきます。

 

 

 

 

ステップアップすることで次のステージが見えてくる。

 

 

基礎知識が一通り身につき、

日々の接客を自分一人で対応できるようになったら、

次の目標が見えるようになります。

 

 

登録販売者としてのキャリアアップを目指す!

違う会社に移って、自分の力を試してみたい!

店長や、社内の指導者や登録販売者講師になりたい!

自身で独立して起業したい!

 

など、

プロの登録販売者としての自信がついて仕事ができるようになると、自分の次のステージが見えてきます。



 
講座の模様を収録した動画も視聴していただきます。

 

 

収録した集合講座内容を、

メンバーサイト内にアップロードしています。

 

オンライン講座だけでなく、

実際の講座の模様の動画を繰り返し観ることで学習内容の復習ができ、

深い理解に繋がります。

 

コース修了後も、会員登録することで動画コンテンツの視聴が継続できます。




Web講座受講者の声

●H.Hさん 女性
 
半年間、ご指導いただき、
本当にありがとうございました。
 
会社でも勉強会はありますが、
そのほとんどが専売品についてだけです。
 
でも、有名品をご指名されるお客様の方が圧倒的に多く、
どうやってNB品の勉強をしていったらいいのか、
と悩んでいるときに先生の講座を知りました。
 
参加できるチャンスを得て、
この半年、売り場に立つのが以前ほど怖く感じなくなりました。
 
むしろ、接客したい!と思うようになりました。
 
お客様のことを第一に考え、どんなご提案ができるか、
正解は一つではないということを、
真っ先に考えられるようになったのではないかなと思います。
 
以前は、どのお薬を選んだらいいのか、
どれが正解なのか、
 
ということばかりにとらわれて、
パニックになっていました。
 
先生の講座を受けて、心に余裕が生まれたように思います。



●T.Yさん 女性
 
WEB講座を受講することができましたこと、
育児中で外になかなか出られない私のような立場の者にも、
今回このような機会を作ってくだり心より感謝いたします。

先生のメルマガやブログはいつも拝見しておりましたので、
講座の内容は改めて再認識することが多かったように思います。

地道にコツコツと自分の一生の財産になる知識を身につけていきたいと思います。

先生の講座をこうしてWEB上で受講できる機会を、
これからも是非与えていただきたいです。
 
いつも、東京や大阪など都市部での講座に参加できないから残念だなー、と

手が届かない思いでおりましたので、
本当に光が差し込むような気持ちです。





 

受講資格

 

 

①登録販売者試験に合格した人

 

②現在、医薬品販売に携わっている人

 

与えられた課題をきちんとこなすことができる人

 

④薬や健康のエキスパートになりたいと考えている人

 

⑤スマホもしくはパソコン等をお持ちで、ネット環境のある人。

 

 

※スクールでは取り組んでいただく課題が多いため、
 病気療養中、通院中など、健康状態が充分ではない方の場合は、
 受講をお断りすることがあります。

 



 


講座の日程とカリキュラム


《第1回目》2020年12月18日(金)

・入校式&オリエンテーション

・登録販売者に必要な病態生理について

講座の概要、成分や商品の調べ方、ワークシートの記入のしかた、

商品知識のまとめ方、学習の進め方、ゴール設定について。


 

《第2回目》 2021年1月22日(金)

・熱と痛みのメカニズムについて

・成分の性質と作用、副作用について

・痛みの種類と風邪の病態について

・症状別の成分選択

 

①   解熱鎮痛薬

②   総合感冒薬

 

《第3回目》 2021年2月19日(金)

・咳のメカニズムや咳のタイプ

・急性鼻炎とアレルギー性鼻炎

・呼吸器の疾患について

 

③   咳止め薬

④   鼻炎薬

 

《第4回目》 2021年3月19日(金)

・店頭で相談の多い胃のトラブル

・症状別の商品選択について

・目の病態と点眼薬の特徴

 

⑤   胃腸薬・乗り物酔い

⑥   目薬

 

 

《第5回目》 2021年4月16日(金)

・下痢の病態と成分選択について

・便秘のタイプ別商品の選び分け

・痔の病態と店頭で必要な情報提供

 

⑦   下痢止め・整腸剤

⑧   便秘薬・痔の薬

 

《第6回目》 2021年5月14日(金)

・皮膚の生理と店頭で多い皮膚疾患について

・ステロイドのランクと選び分け

・水虫の病態と成分について

 

⑨   水虫薬・魚の目・イボの薬

⑩   皮膚疾患用薬

 

《第7回目》 2021年6月11日(金)

・筋肉や関節の痛み

・商品の特徴と症状別の選び分け

・更年期や尿トラブル、疲労などの不定愁訴について

 

⑪   外用消炎鎮痛薬

⑫   生活改善薬

 

▲▲▲講座カリキュラム修了


各講義は、10:00~16:00

※6月30日でサポート期間終了。










期間:2020年12月18日~2021年6月30日

毎月1回のオンライン講座(各6時間)×7回

 

※動画は期間内であれば自分の好きな時間に何度でも視聴が可能です。

 

※日々の接客や薬の疑問などを解消する、Facebookの秘密のグループを起ち上げ、

悩みを迅速に解消できる場を提供します。

 

※期間と人数固定のため、コーススタート後のご返金はできませんので、予めご了承の上お申し込みください。

※体調不良等で欠席する場合は、後日動画視聴にて受講といたします。









学習の流れ

 

・お申込みいただいた方には、入校2日前に会員ページのログインパスワードをお送りいたします。

会員ページでは、動画の視聴や、資料・ワークシートのダウンロードが可能です。

 

 

・メンバーサイトから、講座内で使用しているスライド、資料、ワークシートをダウンロードできます。

資料等は参加者さまご自身で、ダウンロードやプリントアウトをしてご活用ください。

ダウンロードやプリントアウトができない方には別途郵送いたします(有料)。

 

 

・Facebookの秘密のグループ「ベーシックコース【オンライン】」にご招待いたします。

疑問や質問の解消、登録販売者同士の交流、情報の交換なども目的としています。

(Facebookアカウントをお持ちでない方は、お手数ですが取得をお願い致します)

 

 

・各カテゴリごとに、6~12枚ほどのWordのワークシートを用意しています。

上記の順番に沿って、ワークシートに記入していきます(解熱鎮痛薬~生活改善薬)。

1つのカテゴリに対して、約2週間。約7ヶ月間で12のカテゴリを網羅します。

 

 

※ワークシートの指示に従って、商品等の書き出しをする。

  できるだけ手書きで書き出しをお願いしています。項目にそって、それぞれ分かる範囲で結構ですので、書き出していってください。

 

(一つのカテゴリに対して、およそ2週間ほどかけ、ワークシートをうめていきます。)

 ・記入したワークシートを元に、接客のワークなどを進めていきます。

 ・ワークシートの書き方、成分や商品に関する疑問、日頃の接客に関する疑問は、Facebookグループやメールで解決致します。

※ワークシートは商品知識を身につけるための自己学習用で、添削や採点は行いません。

 また、模範解答の提示も行いませんので、ご了承の上お申し込みください。

 

 

 書き出すことがたくさんあり、はじめはその量に圧倒されるかもしれませんが、

 商品や成分を理解するには、アウトプットすること(書くこと)が非常に効果的です。

 

 ワークシートでは、成分の分類、基礎疾患のある人や授乳中の人への対応、

 症状別の接客フローなどを書き出していきますので、明日からの接客にすぐに役立ちます。

 

オンライン講座では、成分の作用や症状別の使い分けなど、店頭での事例を交えながら、講座資料に沿って、実践的な内容を講義していきます。

 

インプットとアウトプットの両方を平行してやっていきますので、情報を「知っている」という状態から「理解」を深めていきます。






 

ご利用規約

こちらのページにベーシックコース・利用規約を掲載しています。お申込み前に必ずお読みください。

 

受講費 

 

 全7回講座(約7ヶ月)通常の受講費 324,000円(税込み)

 

                     ↓

 

 オンラインコース初回開催特別価格 298,800円  (税込)

 

 

 ※お支払方法は、銀行振込またはカード決済(ペイパル)。12回払いをご用意しています。

分割払いについては、お申込み時に自動返信メールに詳細を記載しております。

 

※カード分割払いの場合

 

・新規受講の方(月々24,900円×12回)

 

※銀行振込ご一括払いの場合:280,000円

(お振込手数料は、受講者さまのご負担となりますので、御了承ください)

 

 

【ベーシックコース修了者】

 

①2018年度以前のベーシックコースを受講し、修了した受講者様
再受講価格 19,000円×12回=228,000円(税込)

 

②2019年度スタートのベーシックコースを受講し、修了した受講者様
(東京第6期、博多第1期、Webベーシック第4期の修了者様)

再受講価格 13,500円×12回=162,000円(税込)

 

 

 

推奨テキスト

 

学習を進める際のサポートや補助として、お勧めしているテキストです。

 

最後にひとこと

自分で身につけた知識やスキルは、すべて財産になります。


プロの登録販売者として、お客様の不調や健康相談にお答えする知識とスキルを、
一緒に身につけていきましょう!

 

新型コロナ感染拡大によって、

市販薬の現場で最前線に立つ登録販売者の存在意義が問われているように感じています。

 

個々の登録販売者が資格者としてのクオリティを磨き、

消費者の方々に貢献していくことが、

資格の地位の確立や認知度のアップに繋がります。

 

資格をより良いものにしていくにも、

まずは一人一人の「自力」を養っていくことが大切ではないでしょうか。

 

接客する機会が少なかったり、勉強会の場がないなど、

アウトプットすることが少ない新人登録販売者さんや、

後輩を指導する機会が増えた、中堅・ベテランの登録販売者さんも、

一緒に、知識・スキル・マインドを学んでいけたらと思っております。

 

どうぞ、宜しくお願いします!


 

開催日時
2021年2月19日(金)
開始 10:00
終了 17:00
場所 ご自宅などWi-Fi環境があるところならどこでも。

参加費

12回、15回分割払もあります。

定員
 10  名
満員御礼
申込受付期間2020/12/20(日) 12:16 ~ 2021/2/19(金) 10:00まで
主催者仲宗根 恵
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon
医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 第二版(2020年)

平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock