Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
23594_mgrimmriodq4mdcwn
〜「他人が望む人生」を生きない子になるために大切なこと
参加受付中
あと 2 名
このような方にオススメ
子どもに幸せな人生を送って欲しい方
期待できる効果
思春期に何が起こっている、どう関わったらいいのかわかるようになります
「思春期講座」書籍化決定!!
取材をリアル公開!!

※現在録画視聴のみ受け付けています。

思春期の問題行動が減る、

親子関係も、成績も好転。

大人気の「思春期講座」が2021年夏、書籍化決定!

その取材を4回に分けてリアル公開します。

 

 

質疑は、松村亜里の本を1冊目より手掛ける編集者であり、

まさに思春期の子育て真っ最中な大石さんが担当です。

(書籍化のプロセスも知りたい方注目!)

「すぐに使える・行動が変わる」ポイントはどこ?

そんな視点で、詳細にヒアリングします。

 

「人気の心理学者の講義」が「子育てママ目線のQ&A型」に変わり、

さらに分かりやすくバージョンアップ!

==============================

いよいよワケがわからない💦

\思春期の子どもの頭の中って、どうなっているの?/

 

お母さんも子どもも幸せになる思春期講座

思春期と強み

「他人が望む人生」を生きない子になるために、必要なこと

 

とうとう、うちの子、思春期になっちゃった。

イライラ、不満、強い態度、爆発…

それにはすべて理由と科学的な裏付けがあった。

 

知れば子どもへの理解がたちまち深まる。

知らないから不安と間違った対応で事態を悪化させる。

 

目の前の子どもの行動に心底、安心できて、未来に向かってホっとするために、

我が子の「強み」と、科学的に正しい「思春期の関わり方」を学びましょう!

 

自我が目覚めるこの時は、親の期待や願望をおしつけないこと。

ネットやSNS時代のいま、思春期の女の子・男の子を持つ親必見。

また、思春期の前に読んでおけば、より安心。

これからの”思春期の歩き方

講座詳細
  • 日時:2021年1月14日、21日、28日、2月4日(木)21:15~22:30 ※日本時間
  • 金額:19800円(全4回)
  • 方法:ZOOM(松村はNYからつながります)  リンクは2日までにお知らせします。
  • ※初回講座終了後3日以内に、動画視聴プラットフォームのリンクを全員にお送りします。

 

受講をおすすめしたい方

〇受講して欲しい人__思春期の子どもを持つ親、これから子どもが思春期になる親、書籍になるプロセスに興味のある方

〇受講したらこうなる__(メリット)イライラ不機嫌な子どもとの付き合い方がわかる。不登校や問題行動が減る。なんと成績もあがる! 思春期でもお母さんも子どもも毎日幸せになれる。子どもたちは自分の人生を歩めるようになる。

 

講座内容

思春期の子どもの頭の中って、どうなっているの?

 

子育て中の親から支持の厚い心理学者が、

思春期の子の感情とからだ、自我の目覚め、ライフサイクル(発達段階)などを、

豊富なエビデンスとともに解説します!

 

親はつい「社会や世間の目」で、画一的であることを求めてしまったり、

「こうあるべき」という呪いや、「男の子らしさ」「女の子らしさ」を、

知らずに押し付けていませんか?

 

「あなたはあなたのままで価値がある」

――思春期の子どもに対しては、特にそこ子の「強み」にフォーカスすると、

親子関係が良くなるだけでなく、成績も上がり、問題行動もなくなるといいます。

 

多様性を認め、どんな欠点があっても「あなたはあなたのままでいい」と認める関わり方が重要です。

では、具体的にどう声を掛けたらいいか? どんな態度や、距離の取り方をしたらいいのでしょうか?

 

また、インターネットやSNSによる情報の多さ、忙しさ、希薄な人間関係など、

子どもの過敏な脳にストレスを与えるものが増えている今、たいせつにしたいことは?

 

このセミナーが、子育てする親自身の行動手帖になります。

 

講座概要

第1回――思春期ってなんだ?まずはライフサイクルを知ろう

・「我が子が切れる本当のわけ」とは?

・思春期があったから人類は繁栄。親を嫌って爆発しているのではない

・過敏な脳にストレスを与えるものが増えている

・ママには私の気持ちはわからない!! のはなぜ?

 

第2回――思春期の子どもに「強み」を使うメリット

・初めて親や社会とは別の「自分はだれ?」という問いに答える時期

・「自分」の価値観、夢、職業などについての模索、混乱の時期

・自分が誰でどうなりたいかわからない、見つかってもそれに向かって進む自信がない

・「自分の中」に答えを見つけられる子どもとは?

 

第3回――世間や世の中や誰かの人生を生きない基礎づくり

・「自分の外」に答えを見つけてしまうのが危険

・自分が信じられず踏み出せない

・ひきこもり、アイドルの追いかけ、カルト入信などの背景にも

・自分が誰かわからないのはとても苦しい

・「アナと雪の女王」に学ぶ、アイデンティティと自己肯定

・今はアイデンティティを見つけるのが遅くなっている

・やりたいことがわからない、3つのタイプ

 

第4回――これからの思春期の歩き方(行動・声掛け・距離の取り方など)

・親や、まわりの大人ができること

・自己決定ができて幸せな子どもが育つ環境とは?

・「プロセス」と「強み」にフォーカス

・報酬も罰も使わず、自律性を尊重するには?

・思春期は、考える時期でなく活動する時期、の意味は?

・子どもの発達段階は、全てに意味がある!

 

キャンセルゼーションポリシー

<インタビューアー プロフィール>

大石聡子 書籍編集者 WAVE出版 編集部部長

大学卒業後、ビジネス誌の編集者を経て書籍編集者に。 もともと学生時代はバックパッカーとして世界各地を放浪。そのころから人とのご縁を大事にし、日々たくさんの人と出会って企画・書籍をつくっている。 得意分野は女性エッセー、生活実用、子育て本。 担当書籍に10万部のベストセラーとなった『若杉ばあちゃんの子宮を温める健康法』、『心屋先生のお母さんが幸せになる子育て』 『可愛いままで年収1000万円』など、インパクトあるタイトル、また初めての著者発掘に定評がある。 今回、講座をご一緒する松村亜里さんの本も、2018年のニューヨークでの出会いをきっかけに、第1作目から手掛けている。 書籍づくりのなかで、著者の新たな強みを発見して読者につないだり、読んだ人がしっかりと問題解決を図れる内容にすること、また「こんな風になりたい」と書籍を通して新しい価値提案を提案していくことが喜び。 年間12冊ほど担当しつつ、読書、芝居・ミュージカル鑑賞、年に2-3回の海外旅行を楽しんでいる。思春期がはじまったばかりの11歳の女児の母でもある。

 

 

開催日時
2021年7月31日(土)
開場 21:05
開始 21:15
終了 22:30
場所 ZOOM

参加費
支払方法
定員 55  名 【残 2 席】
申込受付期間2020/12/22(火) 12:00 ~ 2021/7/30(金) 11:00まで
主催者松村亜里
お問い合わせ先松村亜里
お問い合わせ先電話番号9175533843
お問い合わせ先メールアドレスari_ny@reservestock.jp
幸せを自分で作り出せる人が増える
Expert
 
 
ニューヨークライフバランス研究所 
松村亜里
幸せを自分で作り出せる人が増える
 
臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー
1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教..
 
 
 
 
 
Profile
Expert

松村亜里

Mission
幸せを自分で作り出せる人が増える
Senmon
ポジティブ心理学、ウェルビーイング、ニューヨーク、支援的な子育て、ストレングスベースド

臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー 1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミーを設立。ウェルビーイングとは、心理的にも、身体的にも、社会的にも健やかな状態を指し、自身の経験からこのバランスの大切さを実感している。幸せを自分で創造できる人たちを増やすことをミッションとし、エビデンスに基づいた理論とスキルを紹介し、実践まで落とし込める講座を数々開催中。それを伝えられる人も増えている。

2018年からは、ニューヨークの活動は、子育て中で家から出にくいが学びたいという人たちに多く届くように、世界中どこからでも受講できるオンライン講座にも力を入れている。子育ての合間に、リアルタイムでも録画でも受講できる「世界に通用する子供の育て方」オンライン講座は、世界中から最新の子育てを学びたい親が参加している。同時に、世界中の親が月に一度オンランで集まる「グローバルペアレンティングサークル」を開催中。

2019年8月、ウェルビーイング心理教育アカデミーを辞任し、NYからオンラインをベースに講座を開催している。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock