Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
「自在力」読書会 ファイナル
やましたひでこが読み解く
断捨離「自在力」最終章
このような方にオススメ
断捨離で「自在力」を身につけ、人生に革命を起こそうと密かに目論んでいる方、また、そう願いながらも踏み出せず、うずうずしてる方
期待できる効果
「断捨離」の実践を重ねたその先に、どんな人生があるか見えてくる
475684_dsc_0194
475684_ひでこ (002)
すべての人が命を輝かせるお手伝い
Expert
 
 
 断捨離®トレーナー
福士エリカ
すべての人が命を輝かせるお手伝い
 
♦やましたひでこ公認 断捨離®トレーナー

私の人生は、50歳で「断捨離®」に出会うまで、ずっと「仕事第一」の人生でした。20代では、さまざまな職を体験し、26歳で結婚(18年後に離婚も体験!)。30歳で念願の国際協力の仕事に出会います。

以来、20年以上、アジアやアフリカの「開発途上国」と呼ばれる国々で、国際協力コンサルタントとして、現地の人々と一緒になって各国の保健行政のマネジメント能力を高めるプロジェクトに従事しました。開発途上国での仕事はハードでしたがやりがいがありました。「仕事での達成感が自分の原動力」だと思っていました。

ところが、7年近く滞在した東アフリカのタンザニアでの3回目のプロジェクトで挫折。2013年の秋に帰国後、体調を崩し、仕事への意欲も喪失してしまいました。「私が人生に求めていたのはなんだったのか?」「これからの人生、どうやって生きていくのか?」仕事一筋に生きてきた私は、50歳で、あらためて自分に向き合いました。

断捨離®に出会ったのは、その時です。人生に行き詰まりを感じていた私は、どうにかして、自分の人生から「詰まり」を取り除きたいと思いました。その一心で、家の断捨離に打ち込むうちに、徐々にパワーを取り戻していきました。手放した物はたくさんありますが、特に手放し難かったものは、仕事の書類や本。私はそれらに、「仕事への執着」や「未来への不安」をべったり貼りつけていました。

断捨離®を実践して家の空間をケアするうちに、「これまで自分をケアすることをないがしろにしていた。家がくつろぎの空間になっていなかった」ことにも気づきました。そして、「もっと人生を楽しんでもいい」と初めて自分に許可を出せたのです。物と同時に手放していったのは、「いまの私」にとって不要な観念、価値観、思い込みです。「人生には、いろいろなステージがあっていい」..
 
9月25日(金)
「自在力」読書会 スペシャル最終回 

やましたひでこが読み説く 最終章

後日動画配信(2週間)を予定しています。
断捨離 ファイナルステージ 「自在力」
断捨離「自在力」で人生に革命を!


2020年9月25日(金)

20時00分~21時15分

ZOOM開催

当日ご参加できなくても、後日動画配信でご覧いただけます。

 

 

断捨離とは

モノ・コト・ヒトとの

「関係性」の問い直し


断捨離とは

モノという「見える世界」を媒介にして

思考や心という「見えない世界」を動かすこと

 

そうして

断捨離が目指すのは

自立・自由・自在の境地

 

ブレない自分という軸を持ち

「運」という見えない流れに乗り

出会うべきベストなタイミングで

 知識・人間関係が得られる

 

まさに

人生に革命を起こせる力

「自在力」


 

著者やましたひでこが、

特にエネルギーを注いで書き上げるという

最終章「あとがき」

 

断捨離「自在力」ファイナルに

ご参加くださった皆様へ

やましたひでこ自ら読み解きます!

 

 

お知らせ
  • この度の講演会の参加費は、断捨離財団を通して【沖縄 こども食堂弁当サンタプロジェクト支援】に寄付させていただきます。
  • 47都道府県でも最も経済格差のある沖縄県。
    実際に沖縄には、1日の食事が学校の給食だけという子供たちがたくさんいます。
    国から食事が出ればいいのですが、沖縄県にはそういう制度がありません。

    またコロナ禍など学校が休校すると、その一食すら食べることができません。
    このプロジェクトは、その子たちに昼食と夕飯を提供するプロジェクトです。
開催日時
2020年9月25日(金) ~ 9月25日(金)
開場 19:50
開始 20:00
場所 ZOOMオンライン会議室

ホームページ
参加費
「自在力」読書会 ファイナル やましたひでこが読み解く 断捨離「自在力」最終章 参加費
1,000円

1000円

定員 300  名
申込受付期間2020/9/ 9(水) 19:00 ~ 2020/9/25(金) 01:00まで
主催者古澤貴子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤貴子

Mission
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Senmon
断捨離 チーフトレーナー 自閉症 発達障害 分子栄養学 古澤貴子

人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が掴めませんでした。
やっと理解し、断捨離トレーナーになることを決心した2013年、いきなり人生が大きく変わりました。なんとまぁ、夫が私の友人と恋仲になり家出。つまり断捨離されました(笑)子供と犬と患者さんとスタッフ、おまけに彼の多額の借金まで背負う羽目に。

ところが、悲劇にも思えたこの強制大断捨離が、私の人生を大きく変えました。
今、自分軸を生き始めた私が伝えたいことは「からだの断捨離」。生きる希望を見出す力になりたいと思います。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright(c)2020-2021Kanalabo,inc.All Rights Reserved.
Powered by reservestock