Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
親から子への性共育講座
家庭で伝える性の話
このような方にオススメ
性の大切さを子どもに伝えてあげたい方・性に関するトラブルから子どもを守りたい方
期待できる効果
子どもに伝えるハードルが下がります・性に関するトラブルから子どもを守れます・子どもの疑問に答えてあげられるようになります
女性のライフワーク起業を応援します。
 
 
 
山本 真帆
女性のライフワーク起業を応援します。
 
ファイナンシャルプランナー
NLPマスタープラティクショナー
JAEI日本アマナ性共育協会5期修了 
長野県在住
 

あなたは、こんなことに困っていませんか? 

 

子どもとTVを観ていて、ラブシーンになると気まずい雰囲気になる。

チャンネルを変えてしまう。

 

そろそろ、生理や射精の話をした方がいいとは思いつつ、どう話せばいいか悩んでいる。

むしろ、自分が話せるほど理解していない。

恥ずかしくて言いにくい。と思ってしまっている・・・。

 

実際、性教育っていつから始めるの?

学校ではどこまで教えてくれるの?と漠然と不安を感じている。

 

 

 

そんなあなたに、

親から子へ

家庭の中で明るくサラリと、

大切な性の話を伝えられる方法が学べる

 

性共育講座です。

 

 

 

私(長岡はるみ)がこの講座を受講したのは、

息子が1歳の時。

 

 

 

まだまだ、性教育なんて早いかな?と思っていましたが、

受講して大正解!でした^^

 

 

性教育は、小学校3年、4年で学校から学ぶもの。

 

 

という漠然としたイメージが大きく覆りました。

 

 

 

私自身が受けてきた性教育といえば、

 

小学校の時に男女分かれて

生理の話をしてもらったことくらいしか

記憶になく・・・

 

 

 

家にさりげなく置いてあった

「男女の体の仕組み」的な性教育の本を読んだくらい。

 

 

 

青春時代、親とそんな話ができるわけもなく、

必要な情報は

先輩や友達から入手。

 

 

今から考えたらだいぶ危なっかしい・・・

 

 

 

自分自身の事を考えてみても、

親が思うよりもずっと

子ども達の興味関心は先を行く。

 

 

後追いでは遅い、と実感するからこそ、

性についての正しい知識や

ルールは子どもに早めに伝えてあげたい、と思うのです。

 

 

 

 

 

そして、もう一つ。

 

性教育を通じて

子どもにも大人にも

 

一人一人の存在を

もう一度、原点から肯定してほしい、と思っています。

 

 

公には、性的なことをタブーとする一方で

偏った性の情報は至る所に蔓延している今。

 

 

性って、いったい、どのように

子どもたちの目に映っているのでしょう。

 

 

 

性に無関係で生きる人はこの世に誰もいないのに、

 

男女の性が無くては

私たちはここに居られないのに、

 

 

そして、誰もが

性的な欲求を自覚し、それを通じて

人と繋がっていこうとするのが

自然なプロセスなのに・・・

 

 

 

 

その性を肯定的に自然と

受け入れられる環境が

整っているとは言えない状況です。

 

 

 

 

学校任せの性教育ではなく、

家庭で性教育をする意味、というのも

ここにあると考えています。

 

 

誰もが、自然と

自分という存在を肯定できるように。

 

 

そして、自分も他者も大切にできる

性の在り方を獲得できるように。

 

 

困ったときに、

不確かな情報に頼るのではなく、

信頼できる大人と一緒に学べるように。

 

 

 

そのために必要な具体的なことが

しっかりと学べる講座です。

 

対象は、生まれたばかりのお子さんを持つお母さん、お父さんから

思春期真っただ中のお子さんを持つお母さん、お父さんまで。

 

 

年齢に応じた声かけの仕方をお伝えしますので

受講するのに早すぎることも

遅すぎることもありません^^

 

 

講師 

JAEI認定性共育講師 長谷川 詩栞さん

はじめまして。

アマナティーチャー養成講座五期生。長谷川詩栞といいます。

現在、中3の息子と小4の娘がいます。

私が、初めて子どもに性に関する話をしたのは 私が下の娘を妊娠中。

息子は年中さんの時でした。

 

大きくなる私のお腹を見て、ある日。

『赤ちゃんはどこから来るの?』と聞かれたことがきっかけです。

その時、私は自分も幼い時に母に同じことを聞いたことを思い出しました。

母は、『コウノトリが運んでくる』と言っただけ。

その後、思春期になって事実を知った私はショックを受け、

それはだいぶ後々まで引きずることになりました。

そんな思い出から、私は子どもには性をファンタジーのオブラートにくるんだり、

抽象的な言葉で隠したりはぜずに伝えたい。

と思うようになりました。

 

でも、いざ話そうと思った時。

私は、私自身が女性のカラダの仕組み、

月経・妊娠の仕組みをきちんと教えてもらったことも、

学んだこともなかったことに気付いたんです。

そういった経験から、現在受講中のアマナティーチャー養成講座で学んだ

親から子へ伝える性共育をより多くのお母さんや

これから妊娠・出産を考えている女性の方に知って欲しいと思っています。

 

 

【講座内容】

現在の性教育について 〜実態と知っていて欲しい知識〜

男女別の体の変化、月経・射精について。

年齢別性教育について

こんなときあなたならどうする?ワーク 等

性教育におすすめの書籍の紹介

子どもが高校生になったら渡したい小冊子 (プレゼント)

私が息子にどのように『赤ちゃんはどこから来るの?』を話したのか。

また、息子・娘。それぞれの年齢ごとにどうやって性に関する話をしたか。

などもお伝えしたいと思っています。

 

『性を肯定することは、生を繋ぐこと。』

私たちの一生に『性』は切っても切れません。

そして、正しい知識は必要不可欠です。

自分を大事にすること。 異性との違いを知って、コミュニケーションをとること。

 

それにはまず、親から子へ性を当たり前のこととして伝えること。

親が当たり前に性の話をできれば、子どもたちが興味本位で間違った知識を得ることも防げます。

 

ご参加、お待ちしております。

 

 

 

参加者の感想】

 

・2歳の娘がおまたをよくのぞき込んでいるので、3つの穴の話をしてみようと思います。

・自分が今日のような共育を受けていないのでとても参考になりました。

・実際の生活の中でこんなふうに伝えてきた、という話がいろいろ聞けて、

こんな会話が普通に日常の中でできたらすごく素敵だなーと、思いました️

・最後の動画がとても感動しました。
こんなに素晴らしいことに繋がる性のことを、しっかりと自分の子どもにも伝えていきたいと改めて思いました。

・自分の体、ひとの体を大事にできるように、子ども達に、伝えてあげたいです。
具体的なことをいろいろ教えて頂きありがとうございます。
めっちゃおもしろかったです。

・親がブレなければ、伝えたいことは伝わるんだと思った。

・はずかしがらずに、はっきり、さらっと伝える、
日常会話の中で伝えるということが参考になった。

・ワークシートで具体的にこんな風にしたらいいというアイデアがもらえたことで心強い。

 ・重くてタブーなイメージが取れた気がします。
ありがとうございました。

・性のタブー感をなくすということが、どれだけ重要なことかということがわかりました。
きちんと性について子供に話すことが、信頼関係を築けるんだな思いました。

 

・上の子は今4歳女の子です。下の子は2歳男の子。
ハードルが低いうちに性の話を始めたいと思っています。
でも具体的にどうしたら?と思っていたのでとても勉強になりました。
極意4カ条を参考に今日体始められることを実践していけそうです。

 

・マスターベーションについて、が印象に残った。
男子2人女子1人の3人の子がいるので、どう伝えていいか悩むところでしたが、すごく頭がすっきりしました。

 

 

 

 

オンライン開催について

ネットに接続できる

PC・タブレット・スマホがあれば、

誰でも簡単に参加できます。

 

Zoomという無料ツールを利用します。

 

お申込みいただいた方に、

参加用URLをお送りします。

 

そちらをクリックしていただけたら、

すぐに自動でダウンロードが始まります。

 

詳しい使い方は、こちらを参考にしてください^^

 

https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/

 

 

開催日時
2020年5月30日(土)
開場 12:50
開始 13:00
終了 16:00
場所 ネット環境があれば、どこでも受講できます。

参加費
支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込もしくはクレジット決済

定員 10  名 【残 4 席】
申込受付期間2020/5/ 9(土) 00:00 ~ 2020/5/30(土) 00:00まで
主催者長岡 はるみ
 
 
 
 
Profile
Professional_s

長岡 はるみ

Mission
薬剤師だからこそ、伝えたい。薬に頼らずうつを治す方法。
Senmon
うつ病 カウンセリング 薬剤師 心理療法 性教育

薬剤師/NLPマスタープラクティショナー/PCMファシリテーター/性共育絵本屋 薬剤師として感じていた、うつ病の薬物治療の限界と弊害。
PCM(プロコミュニケーションモデル)を学んだ今、やっと、薬物治療以外の手段をお伝えできるようになりました。

薬剤師セラピストとして、心理学・心理療法をお届けしています。

♡オリジナル性共育絵本も描いてます♡
性を大切にすることは、自分も他者も大切にできること。
性教育の大切さ、奥深さ。
上から教える『性教育』ではなくて、共に性を育てあう、『性共育』を。
タイトルは、『きもちいいこと、ほっとすること。』
好評発売中♡

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock