Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
からだの断捨離
アメリカで学んだ栄養学をベースに
ごきげんな心と体を創る
からだの断捨離 基礎編
このような方にオススメ
心理的なストレスや体の症状を薬だけで抑えるのではなく、自力で回復したいと思っている方
期待できる効果
情報に惑わされず、自分の心と体にとって何が要・適・快か選択ができるようになる
608_風邪pagu (1)
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Professional
 
 
古澤貴子 やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー
古澤貴子
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
 
人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が..
 

今から約30年前のこと。

私の父は50代で末期がんの宣告を受けた。

最年少の特攻隊員だった父は、

何事も根性で乗り切るような人でしたが、

「根性」でも乗り切れない痛みに襲われて、

病院に行った時には、すでに前立腺癌の末期。

「骨転移。余命2か月。

治療方法は放射線と抗がん剤、

但し改善の見込みはない。」

こんな宣告をされる日がくるとは、

私たち家族は想像すらしませんでした。

 

放射線・抗ガン剤の治療の副作用は

父に予想以上にひどいダメージを与えました。

癌より先に父が死ぬだろうと思いました。

誰もが、諦めていました。

「でも、抗ガン剤をやめる選択もある。

生きている限り回復の可能性もある。

何も今諦めることはない。

諦めなければいけないときまで、

諦める必要はないわ」

そんなことを一人考えながら、

他の方法を模索していた時に出会ったのが、

「癌の食事療法全書」という書籍。

著者は、ドイツ人の医師マックス・ゲルソン博士。

ノーベル平和賞のシュバイツアー博士が

「彼ほど天才的な医師はいない」と大絶賛していた。

 

その本には、このようなことが記載されていた。

「人間には本来、自己治癒力や免疫力が備わっている

(中略)それを強化すれば、癌を退化させることは可能。

(中略)治癒力を上げるのは、食事(栄養)に他ならない」

この食事療法は理にかなっている、副作用もない、

やってみる価値がある・・・そう思った私は、

車椅子でしか移動ができなくなった父を連れて、

すぐにゲルソン病院があるメキシコに向かいました。

 

そして約2か月後、

父はまるで奇跡が起きたかのように回復し、

生き方までも変わって無事に帰国しました。

 

これが、私の人生をも変えることになりました。

健康の問題は生命誕生と共に始まり、

死ぬまで続きます。

運が悪くて、病気になるのでなく、

病気や症状は「結果」であって、

「原因」ではありません。

原因は、主に環境にあります。

食生活環境、ストレス・・・

様々な環境要因が自己治癒力を低下させ、

これが引き金となって、様々な症状があらわれる。

 

 

ならば、どうやって自己治癒力を上げるか。

 

 

この約30年、米国で学んだ栄養学を専門に仕事をし

更に心理的なアプローチや遺伝子検査も取り入れ、

発達障害など多くの患者さんに携わってきました。

そして約10年前に断捨離を知り、

自分自身が実践し、更にやましたひでこ公認

断捨離®チーフトレーナーとして活動することで、

断捨離が心身の回復力に

効果的に作用することを実感してきました。

 

 

だから自信を持って言えることなんですが、

健康へのアプローチは

断捨離を学ぶことから始める

これが究極の健康法です

 

 

自分の本質とつながり、

今をよりよく生きるために

今日から実践できるからだの断捨離について

お伝えしたいと思います。

608_ヘルス(1)
開催日時
2020年2月24日(月)
開場 13:30
開始 14:00
終了 17:00
場所 東京都品川区五反田
東京都品川区五反田2-9-7ドル三五反田アンメゾン605
ホームページ
参加費
からだの断捨離 アメリカで学んだ栄養学をベースに ごきげんな心と体を創る 参加費
20,000円
からだの断捨離 アメリカで学んだ栄養学をベースに ごきげんな心と体を創る 参加費
20,000円

20,000円

今回、ご参加の皆様には、からだの中の有害重金属や必須ミネラルの状況を調べる 毛髪ミネラル検査(¥11000)を無料でご提供いたします。

【キャンセルポリシー】

・講座2日前までに連絡された場合:50%

・講座前日/当日:返金不可

定員 10  20名
申込受付期間2020/2/13(木) 22:00 ~ 2020/2/24(月) 00:00まで
主催者古澤 貴子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤貴子

Mission
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Senmon
断捨離 チーフトレーナー 自閉症 発達障害 分子栄養学 古澤貴子

人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が掴めませんでした。
やっと理解し、断捨離トレーナーになることを決心した2013年、いきなり人生が大きく変わりました。なんとまぁ、夫が私の友人と恋仲になり家出。つまり断捨離されました(笑)子供と犬と患者さんとスタッフ、おまけに彼の多額の借金まで背負う羽目に。

ところが、悲劇にも思えたこの強制大断捨離が、私の人生を大きく変えました。
今、自分軸を生き始めた私が伝えたいことは「からだの断捨離」。生きる希望を見出す力になりたいと思います。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright(c)2020-2021Kanalabo,inc.All Rights Reserved.
Powered by reservestock