Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
2020年
『パワースポット』宣言!!
三島理恵×エリカ×とりうみゆきこ
2020年、自宅をパワースポットにしよう!
このような方にオススメ
断捨離をこれから始めたい方。断捨離は知っているが実践できていない方。
期待できる効果
三島理恵・エリカ・とりうみゆきこの体験から、自分にもできるという手応えをつかめます。
すべての人が命を輝かせるお手伝い
Expert
 
 
 断捨離®トレーナー
福士エリカ
すべての人が命を輝かせるお手伝い
 
♦やましたひでこ公認 断捨離®トレーナー

私の人生は、50歳で「断捨離®」に出会うまで、ずっと「仕事第一」の人生でした。20代では、さまざまな職を体験し、26歳で結婚(18年後に離婚も体験!)。30歳で念願の国際協力の仕事に出会います。

以来、20年以上、アジアやアフリカの「開発途上国」と呼ばれる国々で、国際協力コンサルタントとして、現地の人々と一緒になって各国の保健行政のマネジメント能力を高めるプロジェクトに従事しました。開発途上国での仕事はハードでしたがやりがいがありました。「仕事での達成感が自分の原動力」だと思っていました。

ところが、7年近く滞在した東アフリカのタンザニアでの3回目のプロジェクトで挫折。2013年の秋に帰国後、体調を崩し、仕事への意欲も喪失してしまいました。「私が人生に求めていたのはなんだったのか?」「これからの人生、どうやって生きていくのか?」仕事一筋に生きてきた私は、50歳で、あらためて自分に向き合いました。

断捨離®に出会ったのは、その時です。人生に行き詰まりを感じていた私は、どうにかして、自分の人生から「詰まり」を取り除きたいと思いました。その一心で、家の断捨離に打ち込むうちに、徐々にパワーを取り戻していきました。手放した物はたくさんありますが、特に手放し難かったものは、仕事の書類や本。私はそれらに、「仕事への執着」や「未来への不安」をべったり貼りつけていました。

断捨離®を実践して家の空間をケアするうちに、「これまで自分をケアすることをないがしろにしていた。家がくつろぎの空間になっていなかった」ことにも気づきました。そして、「もっと人生を楽しんでもいい」と初めて自分に許可を出せたのです。物と同時に手放していったのは、「いまの私」にとって不要な観念、価値観、思い込みです。「人生には、いろいろなステージがあっていい」..
 
断捨離を学び実践することで、誰もが主体的に生きられるようサポートしたい。
Professional
 
 
東京板橋断捨離会 鳥海有希子 東京板橋断捨離会 代表
とりうみゆきこ
断捨離を学び実践することで、誰もが主体的に生きられるようサポートしたい。
 
やましたひでこ公認 断捨離🄬トレーナー
断捨離に出会った頃の私は、こんな状況でした。

大家族
夫の親と同居
子だくさん
在宅ワーカー(かれこれ20年)
汚部屋
自己肯定感低い
本音を言えない
他人軸


断捨離を始めたきっかけは、
家の中に嫌いな場所がたくさんあって、そこを好きな場所にしたかったから。

今から思うと、モノに埋もれて、生き埋め寸前でもがいていたんですね。
そして、藁にも縋る思いで掴んだのが、断捨離でした。

でも、当時混乱のさなかでは、
私はけっこう頑張ってるし、そこそこ幸せに生きている。
などと思っておりました。


正しい現状認識をするのは、思っているよりも、とても難しいものです。

こんな自分自身の経験を通して、あなたが正しく現状認識できるよう
サポートさせていただきます。


目指すのは、「つい、ほんとうの気持ちを話したくなる」
そんな断捨離®トレーナー。

モノも気持ちも溜め込んではいけません。どんどん出していきましょう。
 
ホンネで生き切るためのバランス取りは『断捨離』で可能になる!真の笑顔で生きよう!
Professional
 
 
横浜元町断捨離会代表 三島理恵 やましたひでこ公認 断捨離®︎トレーナー
三島理恵
ホンネで生き切るためのバランス取りは『断捨離』で可能になる!真の笑顔で生きよう!
 
神奈川県横浜市在住。


【小さな頃から好きなこと】
空・海・山をしずかーーに眺める時間。


【音楽といえば】
80年代ベストヒットUSA世代。来日ラッシュで多くのアーティストのコンサートに足を運んだが、結局Daryl Hall & John Oatesだけ40年来のファン。


【幸せになるキーワード】
ドライブ、フィンランドとシアトル、絵本。


【縁のあるスポーツ】
ソフトボール、スイミング、ゴルフ、ウォータースキー


【仕事】
客室乗務員在籍15年、語学講師歴16年、50代からやましたひでこ公認断捨離®︎トレーナー。他に発酵を取り入れた「発酵ジュース」作り指導。英語発音のみのレッスン。


【職歴と断捨離経緯】
米国シアトルに留学後、外資系航空会社で機内通訳。外側から日本を見て初めて自分が「日本人」であることを痛感。外資系から日本航空に転職し国際線客室乗務員に。「機内アナウンスインストラクター」指導経験中、喉の酷使で声帯ポリープが複数個に。初全身麻酔にて切除術。退職後16年半の間、赤ちゃんから大人までの英語指導。ポリープ再発を抱えながら、高校時代のバイトを含め職種は変われど「接客一筋35年」。まわりはすべてお客様、の感覚のまま結婚・子育て中も「他者優先で自分は最後」。「高々と天井から床までビッシリ積み上がったモノの山と壁」は、「他人軸」「モノ軸」の象徴だったと断捨離®︎で教えてもらい、衝撃だった。"主役"はつねに自分以外の「誰か」や「何か」。「生きづらさ」「息苦しさ」の重さが取れない。催眠療法(ヒプノセラピー)に出合い2年かけて学びながら、同時に断捨離を学んで徹底実践。全体の9割のモノが家から外へ出た。窒息空間から呼吸空間へ、を体感し爽快感と解放・開放感は、言葉に仕切れない。しかしなんと、一度やったら終わりではなかっ..
 
断捨離で思考・感覚・感性を取り戻し、自分で選択決断する人生を!
Professional
 
 
想造デザイン 東京恵比寿断捨離会 やましたひでこ公認 断捨離®︎トレーナー
ながゐめぐみ
断捨離で思考・感覚・感性を取り戻し、自分で選択決断する人生を!
 
やましたひでこ公認 断捨離®︎トレーナー
インテリアコーディネーター
整理収納アドバイザー1級
DIYアドバイザー
自称「おうちオタク」
【東京恵比寿*断捨離®トレーナー ながゐめぐみ】

阪神淡路大震災で購入後2週間のマンションが半壊し、所有は、リスクも同時に持つことであると悟る。同年4月には小火を起こし、泣く泣く自分でペンキ塗装をしたことからDIYにハマる。その後リストラ、転職失敗からの鬱、マンション駐車場内での事故で車は廃車と災難続きの1年。

それを機に陰陽五行を中心とした住宅風水、気学、姓名判断などに興味を持つ。「見えない世界」と「見える世界」との接点は、直感的に住空間であると感じていたのか、「DIY・風水インテリア・片付け」というベースができ、個人レベルで徐々に自宅サポートやセミナーなどの仕事を依頼されるようになる。
(なんと断捨離との出会いは、セミナー受講者から逆に教えられる。)

その後、東京へ引越しとともに完全専業主婦&不本意にも中学受験ママ道へ。受験したい息子とさせたくない母という変わり種。なぜにここまで腹が立つのか、その根本をさぐるべく自己探訪・・・。自分のインナーチャイルドが大暴れして、息子とインナーチャイルドがバトルを繰り広げていた様相です。当然、家族関係も相当ギスギスしていました。
現在の人生における自分のミッションは、断捨離を通じて「人生クリエイトのサポート」をすること。子育て・親子問題を抱える人に、断捨離を絶対に必要という信念とともに、住空間への想い入れも人一倍強く、リフォームや住み替えプラン相談にも対応できるよう準備中。自分が思い描く人生を住空間に反映させていきましょう。

断捨離はカタチサキ。
空間に見合った自分になれるはずです!!

*屋号の「想造デザイン」は「想いをカタチに」という願いが込められています。
 
2020年、自宅をパワースポットに!

 

断捨離をして実感したのは、空間の力はすごいということ。

ただひたすら目の前のモノと向き合って、断捨離を続けた結果、

気がつくと、自分の家がパワーみなぎる空間になっていました。

 

そうなると、自分がどんどん元気になっていくのがわかります。

 

お休みの日に、どこかのパワースポットに出かけていっても、

家に帰ったらもとに戻ってしまうという経験をされたことはありませんか?

 

もし、ご自分の家がパワースポットになったら、

わざわざ特別な場所に出かけていかなくても、

家にいながらにして、パワーを充電することができます。

 

もしそうなったら、すごいと思いませんか?

私たち3人の体験を通して、あなたにもできると実感していただけたらうれしいです。

 

 

横浜元町断捨離会 やましたひでこ公認 断捨離🄬トレーナー 三島理恵

 

東京かつしか断捨離会 やましたひでこ公認 断捨離🄬トレーナー エリカ

 

東京板橋断捨離会 やましたひでこ公認 断捨離🄬トレーナー とりうみゆきこ

 

 


司会進行:

東京恵比寿断捨離会 やましたひでこ公認 断捨離🄬トレーナー ながゐめぐみ

開催日時
2020年1月26日(日)
開場 10:15
開始 10:30
終了 12:00
場所 日比谷図書文化館スタジオプラス
千代田区日比谷公園1-4
ホームページ
参加費

無料

定員
 50  名
満員御礼
申込受付期間2020/1/ 7(火) 12:00 ~ 2020/1/26(日) 00:00まで
主催者とりうみゆきこ
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert

断捨離®トレーナー

福士エリカ

Mission
すべての人が命を輝かせるお手伝い
Senmon
断捨離トレーナー   断捨離実践サポート   断捨離講座・講演   成長・進化  ライフスタイル   福士エリカ

♦やましたひでこ公認 断捨離®トレーナー

私の人生は、50歳で「断捨離®」に出会うまで、ずっと「仕事第一」の人生でした。20代では、さまざまな職を体験し、26歳で結婚(18年後に離婚も体験!)。30歳で念願の国際協力の仕事に出会います。

以来、20年以上、アジアやアフリカの「開発途上国」と呼ばれる国々で、国際協力コンサルタントとして、現地の人々と一緒になって各国の保健行政のマネジメント能力を高めるプロジェクトに従事しました。開発途上国での仕事はハードでしたがやりがいがありました。「仕事での達成感が自分の原動力」だと思っていました。

ところが、7年近く滞在した東アフリカのタンザニアでの3回目のプロジェクトで挫折。2013年の秋に帰国後、体調を崩し、仕事への意欲も喪失してしまいました。「私が人生に求めていたのはなんだったのか?」「これからの人生、どうやって生きていくのか?」仕事一筋に生きてきた私は、50歳で、あらためて自分に向き合いました。

断捨離®に出会ったのは、その時です。人生に行き詰まりを感じていた私は、どうにかして、自分の人生から「詰まり」を取り除きたいと思いました。その一心で、家の断捨離に打ち込むうちに、徐々にパワーを取り戻していきました。手放した物はたくさんありますが、特に手放し難かったものは、仕事の書類や本。私はそれらに、「仕事への執着」や「未来への不安」をべったり貼りつけていました。

断捨離®を実践して家の空間をケアするうちに、「これまで自分をケアすることをないがしろにしていた。家がくつろぎの空間になっていなかった」ことにも気づきました。そして、「もっと人生を楽しんでもいい」と初めて自分に許可を出せたのです。物と同時に手放していったのは、「いまの私」にとって不要な観念、価値観、思い込みです。「人生には、いろいろなステージがあっていい」そう、自分に許可を出し前職を断捨離。断捨離®メソッドの開発者であるやましたひでこに直接指導を受け、2019年より、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーとして活動を展開しています。

「断捨離®はただ捨てるにあらず。」断捨離®には、不要な物を手放すことによって空間を調え、心を調え、人生をも調えていく力があります。「いま、人生に行き詰まりを感じている人が再びパワーを取り戻し、人生を蘇らせるためのお手伝いをする。目の前の人とともに成長し、より愉快な人生を生きる!」ことを使命として、断捨離実践サポート(ご自宅訪問、Zoomオンライン)、断捨離講座などを提供しています。

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock