Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
0件が該当しました。
 
 
 
 
Profile
Professional
エッセイスト・講演家・カウンセラー、元新橋芸者

千代里

Mission
ホンネと魅力に気づくお手伝い
Senmon
気楽 カウンセリング ホンネ  

・同志社女子大学卒業後、新橋芸者としてお披露目して翌年にお花代NO.1になる。
・講演業界大手の株式会社システムブレーンで「経営者向け人気講師ランキング」
2018年、2019年、連続1位
著書に『捨てれば入る福ふくそうじ』『福ふく恋の兵法』など。
東京メトロ設置のフリーペーパー、メトロポリターナで『お多福美人講座』連載


元新橋芸者。
芸者時代に、
「地位や名誉や財産があるのに幸せでない人がいるのはどうしてだろう」
「家族や周りの人を大切に思って一生懸命なのに、それが報われないのはなぜだろう」
という疑問を抱く。

お披露目の翌年には、お花代一番の芸者になるが、多忙な生活の中で体調を崩し、
「笑う門には福きたる」
「人を呪わば穴二つ」
などのことわざにも、深い真理が込められていることに改めて気づき、
伝統として伝えられてきた
「心の持ち方」
「衣食住の知恵」
などの先人からの贈り物を改めて学び直す。

病気を克服したあと芸者を引退し、
花柳界で学んだ福を呼ぶ方法やコミュニケーションについて、
著書やエッセイ、講演で発信していたが、
弱みを見せられない全国の経営者の方からの相談を受ける中で、
一時的に成果や結果を出すハウツーだけではなく、
根本にある悩みの原因を取り除く必要を感じ、心理学を学び始める。

自分自身も、両親の遅い時の一人っ子だったため、
「私が二人を幸せにしないと」
という気持ちがあったが、
「いなくなりたい」
「私がやってきたことは全部ムダだったんじゃないか」
と思うことが何度もあった。

「〇〇を手に入れたら幸せになれる」
と懸命に努力をして、結果を出しても報われない理由が、
「無自覚の間違った思い込み」であることを知り、
芸者時代に肌感覚で理解していたことが、
「理論」として気持ちいいほど腑に落ちる。

現在は、
福を呼びこんだり、自らの中にある福に気づく方法をエッセイなどで発信するほか、
「まわりからはうまくいっていると思われている」
「自分の力で結果を出してこられたのに、今さらアドバイスなんてされたくない」
「でも本当は、苦しい胸の内を安心して吐き出せる場所が欲しい」
という経営者の方や、
周りに気を使いすぎたり、がんばりすぎたりする女性向けのセミナーやカウンセリングも行っている。

基本的には
「誰にも弱みを見せられない方の気持ちにそっと寄り添い、背中をなでる」
という気持ちでお話を聴き、
求められた場合にはアドバイスをするというカウンセリングをしているが、
希望する方には、もう少し深い部分を一緒に見つめ、根本の解決にも取り組んでいる。

滋賀県大津市生まれ。
中学生男子の母。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock