Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
2件が該当しました。
 
 
 
 
 
Profile
Professional
音楽教育家・ライアー奏者

Sophia Noriko

Mission
乳幼児期の育ちのアンバランスに、療法楽器と歌と動きでアプローチします。
Senmon
音楽教育 音楽療法 幼児教育 ライアー 声楽

中学校・高等学校教諭第一種免許(音楽)
元ローランド・ミュージック・スクール
ピアノ科・幼児科講師
元リトミック研究センター講師
社会福祉士
保育士

アウディオペーデ(R.シュタイナーの音楽系教育機関)
パイオニアクラス2年修了・音楽教育講座2クール修了
2018年、アウディオペーデ音楽療法ドイツ研修参加。 武蔵野音楽大学声楽科卒。
乳幼児の心と体を整える音楽教育を伝える音楽教育家・ライアー奏者。

ウィーンに留学し、元ウィーン国立歌劇場のコロラテューラ・ソプラノ歌手、オルガ・ワルラ・コロ氏に声楽を師事。

長年、ピアノ・リトミック講師をする傍ら、放課後等デイサービスや高齢者施設にて音楽を提供。

近年は、保育士として療法的音楽教育を、3園、延べ260人に実践。
ライアー等の療法楽器と、アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱法による歌声により、多くの子どもたちの変化を目の当たりにしてきた。

4年前より八ヶ岳や首都圏にて、音楽教育や幼児教育の師をお呼びしての講座や、独自の「音楽ワークショップ」を開催。

また、2020年6月より、Zoomにて、乳幼児のママ向け講座、乳幼児の音楽教育に関わる方々に「療法的音楽教育」をお伝えする講座を開催している。

2020年12月より、ことばの杜オーケストラ主催の「絵本語り公演」にライアー演奏で出演。

「本質はジャンルを超える」という信念のもと、今年、映画化予定の「森のようちえんピッコロ」や、長野Tubeで独自の教育を配信している「自然保育のっぱら」との交流も大切にしている。

幼児教育家・池末みゆき氏が、幼児教育実践の中で子どもの心と体を育んできた輪舞「ライゲン」の理論と実践を綴った『和のライゲン』を編著。
ライアーを池末みゆき氏に師事。
趣味はアレンジ譜作り、手芸。

Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock