Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
0件が該当しました。
 
 
 
 
Profile
Professional
Self Compassion

青山 さやか

Mission
自分に厳しいあなたが自分を抱きしめられるように。使命全うのベースとなる、自己受容のお手伝い。
Senmon
自己受容 愛 マインドフルネス ヨガ クリスタルボウル 生きる意味

留学→母の死→慶應SFC→世界周遊→伊藤忠→シンガーソングライター&ヨガインストラクター→アメリカで2児の子育て&情報発信スタート。

***
「1つでいいから誰よりも秀いでた能力を身につけなさい」
そんな母の教育方針の元、何者かになるための旅が始まる。

運動大好き!が、頑張っても常に上には上がいて、比較される日々。大好きな母に認められるため、「苦労と挑戦を重ね、結果を出さなくては生きている価値がない」と強く思う様になる。高校生で1年間の交換留学へ。アジア人という劣等感、カルチャーショックを受ける。

高校3年で母が他界。どん底の中、人生の意味、自分らしさを問う日々。大学で、心について学び、自己分析を重ね、世界22ヶ国の旅へ。世界の価値観の多様性に触れ、生きるを深めていく。

自分らしい新しい価値を提供したい、と大手商社の海外営業に就職するも、使命感を見いだせず、退社。何者かになるべく、心の近くで働く×自分だけの価値提供=シンガーソングライターへ転身。

運動で向き合ってきた身体と、母の死から学び続けてきた心に、シンガーとしてより深く向き合うことになる。その後、2児の出産、夫の仕事でアメリカへ。更に身体や心を探求し、メンタルケアスペシャリスト・ヨガ講師の資格(TTC200)を習得。

人生経験や資格習得を重ねるも、何者にもなれていない自責から、どこか満たされない毎日に苦しみ、心の仕組みやエネルギーマネジメント論を勉強。自分を愛せていないこと、他人軸(母の価値観)で生きてきたことに気づく。自分の外側(やり方)を増やしていくのではなく、幸せを自分の内側(あり方)に求めることで、人生の主導権を自分軸に戻していく。

そんな中、ヨガ哲学、マインドフルネス、瞑想と出会い、今までの”生きる”の捉え方が180度変わる。中でも”何者にもなるべきではない”というヨガ哲学の教えは、握りしめていた価値観を大きく塗り替えた。様々な雑音のリリースと陰陽のバランスの学びを繰り返すことで、人生の幸福感が高まっていく。

この人生が激変した経験から、これまでの経験の全てを掛け合わせ、情報発信・オンラインセッションをスタート。自分を愛することをベースに、魂で人生を生き抜く人生力を伝えていく。

B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock