Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
0件が該当しました。
 
 
 
 
 
Profile
Professional
断捨離®︎トレーナー (やましたひでこ公認)

三島理恵

Mission
断捨離®︎で「深呼吸空間」をつくる、「人生まるごと」変わるナビゲート役
Senmon
断捨離 やましたひでこ公認断捨離®︎トレーナー 三島理恵

横浜市在住。
家族は夫、社会人になりたての長女、成人前の長男。

接客業15年(外資・日系航空会社)、英語講師業16年(子ども教室、企業内個人英語)で計30年。結婚・子育て中も、ずっと働いて来ました。スポーツ、ドライブ、空・海・山の景色を眺めることが好き。
東京生まれの東京育ち、「田舎」と呼べるふるさと?がなく育ちました。「コンクリート・ジャングル」という言葉が初めてリアルに迫り、押しつぶされそうになったのが慣れない「育児」初期でした。

空を眺めたり、木々の葉がそよぐのを見る時間はゼロになって、どんどん疲れて行っているのに、ぜんぜん気づけぬまま何年も過ごした結果…

人生リセットからのスタートを切ったのが50歳手前でした。


小さい頃のあだ名は、「ぼっくり」。
「松ぼっくり」が好きだったらしく?父がつけたあだ名です。
カランコロンと音のなる靴、「ポックリ」が好きだったかららしい・・・とも。
いつか一度、父に確認しようと思いつつ、永遠にわからぬままに。
父は5年前にフッと消えるように急逝し、私は50歳を前にほかにも多々、心身を壊す出来事に遭遇しボロボロになり、元々スピリチュアルなことにも興味があったことを思い出して行きました。

次々にスピリチュアルな学びを体験し、インプット過多・・・
ふわふわしそうになっても、もう自分ではどうにも出来ないという時に?降ってきたのが断捨離でした。

自分を取り巻く「家の中」」からまず「深呼吸空間」へ!

断捨離は「見えない世界」と「見える世界」を行ったり来たりするもので、私にとって「地に足をつけたスピリチュアル」とも言えるものでした。

50歳にして断捨離に出あい、

「捨てられない」
「手放せない」

の根深い苦悩に向かい、くりかえしくりかえし断捨離をした結果、

家の中の9割のモノが減りました。

下がりまくっていた自己肯定感が、戻って来ました。

モノを通して、自分がクリアに見えてくる。

どんなに根深い「苦悩」でも「希望」にいれかわるのが断捨離。

今度は、あなたのために。
タノシク、マジメに、カロヤカに真に本音でお手伝いするのが私の役です!

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock