Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
1件が該当しました。
 
 
 
 
 
Profile
Professional
代表

野崎 美香

Mission
人が生まれてから死ぬまでその人らしく生きられるように
Senmon
インナーゲーム、コーチング、カードコーチング、研修、セミナー

インナーコーチング3級(診断解説士)、SCANコーチ、一般社団法人エフェクティブコーチング協会認定エフェクティブコーチ、言語聴覚士、クラウンアンバサダー、福祉車いす着付け師
私は20年以上病院やデイサービスで言語聴覚士として働いてきました。この仕事で患者さんとのコミュニケーションが出来るようになり、自信もつきましたが、自分の家族やスタッフとのコミュニケーションには難を抱えたままでした。

そんな自分を肯定できなかったし、医療業界での働き方は自分をすり減らしていくばかりでとても疲れました。

さらに子育てしながらの仕事は葛藤だらけでした。「何のために働いているの?」と自問自答したときに答えが出なかったんです。そのうち、「家族を大事にしたい」という気持ちが出てきました。

独身時代が長く、ようやく「自分の居場所が欲しい!」という自分の心の声を聞くことができて、結婚できて、流産を経て授かった子どもとの生活。

その生活が仕事のために回っていることに気付き、疑問に思ったんです。

「何のために働いているの?」「何のために生きているの?」と。

病院での仕事はとてもやりがいがありました。患者さんにも「ありがとう」と言っていただける素晴らしいお仕事でした。一方、私は一つの歯車でしかないと感じていました。

なんとなく、「私にしかできないことがやりたい」と思っていました。

その思いと、コミュニケーションを変えたいという思いが重なったときにコーチングに出会いました。東京でしか受けられないスクールでしたが、なんと生後6か月の息子を置いて通うことができたのです。

そこで分かったのは、自分を止めていたのは自分。
私の捉え方がいろんなことを難しくしていた。と。

なぜなら見え方や捉え方が変わると
楽に生きられるようになったから。

それからは、クラウンアンバサダーとの出会いもあり、今の私の活動に繋がっています。

私は世の中のコミュニケーションを変えていきたいと思っています。まず、自分とのコミュニケーションから。


自分を赦せたら、他人を赦せる。それから自分が好きになれる、すこしずつ。
そう思います。

コミュニケーションを変えるのにクラウンはとても良い手段だと思っていて
「1億総クラウン化計画」ということを目論んでいます。

と同時並行で、セミナーでコミュニケーションについて
お話したり、コーチングでサポートしたりしています。

責めるコミュニケーションではなく、違いを認め合えるコミュニケーションを
広めたいです。

そして、「最幸の生き方ってなんだろう?」という問いが私の中に生まれたので、
それを解明すべく学んでいます。

今は、大切な人生の時間を何に使うか、大事なものはすでにそこにあると気づけるか、自分が本当に望むことを実現してあげられるか、それが自分らしく生きるために重要なことだと思っています。

どうぞ、よろしくお願い致します。

  horiemika1
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock