Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event_aa Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
 
 
 
 
 
Professional
アドラー 介護コンサルタント

松原マユミ

Mission
アドラー心理学を通して自分自身を知り生き方を決めると、選択の連続の介護が楽になる!自らの経験した介護の知識や体験を活かし伝えていくことで、親の介護をしながらもイキイキと自分の人生を生きる人をふやすこと!
Senmon

介護 アドラー 親子

アドラー心理学勇気づけリーダー
アドラー心理学SMILEリーダー
支援助言士協会認定 コミュニティーカウンセラー
CAMESアドバイザー
食育アドバイザー
キャンドルクリエーター
幼稚園教諭 一種免許
小学校教諭 一種免許

CAMESアドバイザー カラーセラピストとして
個人セッションをするとともに
小学校の家庭教育学級や社員研修など
様々な場所で講師としても活動。
..
1964年 高知県生まれ。

父が転勤族だったため
宮城→千葉→東京と引っ越しを重ね、
中学生から結婚まで福岡で過ごす。
結婚を機に千葉へ。
企業戦士の父と
専業主婦の間にできた
待望のひとり娘!
いわゆる母子密着型親子となり、
箱に入れられて育つ。
「お金は残せなくても学問は残る!」
{自宅から国公立大にすすむこと!」
という両親の強い信念に応えるべく
2浪の末 福岡教育大学 
幼稚園課程に進学。
父が病気でリタイアしていたことと
幼稚園教諭の求人が
国公立大にはほとんど来ないことから
教師の道は諦め
バブル全盛の証券会社に入社。
5年間、窓口業務と営業活動。
お客様にお渡しする資料作りが得意で
営業活動に活用されていた。
在職中にバブルが弾けるのを
目の前で見て肌で感じ、
結婚のために転勤を申し出るも
時期が悪いことを悟りあえなく退職。
その後、一番なりたくなかった
「母と同じ専業主婦」となり
自分を探すかのように
ボランティア三昧の生活を送る。

長女、長男を出産後は
「母のような母になりたくないのに
母のような子育てになること」に
悩んだことに加え
ママ友の中での生き辛さも重なり
自分を探し続ける中で
自らの生い立ちまでさかのぼり
原因を探し続ける。
このままではダメだ、
という危機感から、社会復帰を決意。
学習教材の営業職に就き

B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock