Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event_aa Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
2件が該当しました。
 
 
 
 
 
Profile
Professional
スクールスポーツメンタルコーチ

白水和敬

Mission
スポーツメンタルコーチングを通して、自ら自立・自走できる選手を育成し、すてきなスポーツ界を創造する
Senmon
部活 指導者専門 メンタルコーチ チーム強化 メンタル強化

・フィールド・フロー認定
 スポーツメンタルコーチ
・チームフロー認定メンタルコーチ

スクールスポーツメンタルコーチ白水和敬です。

私は、大学生まで野球をさせていただきました。高校の時はキャプテンとして、チームをまとめ、公立進学校ながら甲子園出場校を撃破して県大会に出場し、大学では、4割4分7厘の打率でベストナインを受賞させていただきました。

その後、中学校の教師となり、35年間の教師生活で、約2万人以上の子どもたちや保護者に接してきました。部活動、野球部の監督としても選手たちに関わらせていただきました。

試合の場面でよく「最後はメンタルが大事」という言葉を聞きました。心技体それぞれ大切であるが、最後の最後はメンタル、つまり心の部分が勝負を決めるという意味です。

しかし、選手たちは、試合になったら緊張し、本来、自分のもっている実力を十分に発揮できないまま終わってしまう。そんなもったいない場面を私は、たくさん見てきました。だからこそ、選手たちのメンタルを強くしたり、整えたりすることがとても大切であると感じていました。

答えは選手の中にある。その答えを引き出していくのがスポーツメンタルコーチングであると聞いた時に、私はこれだ!と感じました。自分の中から出てきた答えこそ、選手の自立の大きな原動力になる。それを引き出すことができるスポーツメンタルコーチングに無限の可能性を感じました。

私は、今までに、スクールスポーツメンタルコーチとして、中学生からプロスポーツ選手まで、たくさんの選手たちやその指導者たちにスポーツメンタルコーチングを伝えさせていただきました。

心が整えば最高のパフォーマンスの発揮ができます。実は、「最後はメンタル」ではなく、大切なのは「最初にメンタル」なのです。ぜひ、スポーツメンタルコーチングを使って最高のパフォーマンスを発揮してください!
 

B_facebook
B_ameba
B_twitter
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock