Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_nwjkowywywnkmdzin

やまとこころを育む読書会

このような方にオススメ
日本を愛する人たちとのコミュニティーができます
期待できる効果
茶道や能楽などの芸道と武道に親しむ機会があります
4194_n2zhztjkmmzko_1?1612987440
4194_66220786_2359750620949148_8561265058233974784_o
  •  

やまと言葉を楽しむ 日本の心を知るってすごく楽しい! 

やまとこころを感じ、日本文化を語り、体験しながらやまとこころ溢れる日本を共に創っていきましょう。

やまとこころの現れは、少なくとも8つあります。

・包みこむ心

・想いやる心

・すべては尊いと思う心

・感謝する心

・形のない美を感じる心

・有限と無限を感じる心

・自分の軸を感じる心   

・良心を意識する心

シーズン1はこの8つのこころを感じながら日常を生きる読書会です

<読書会の目的> 五感を通してやまとこころを感じ合い、日本文化を語り合い、実践する人たちを育み合うことで、やまとこころあふれる日本を再興することを目的としています。 読書会では、参加者が輪読をし、それぞれの想いを語り合うことで、異なる世界観や美意識が感じられます。

シーズン2では日本には1300年前から伝えられている知恵(一霊四魂)

この知恵を現代の心理学を通して私達にわかりやすくテクノロジーとして伝えてくれる

ライフキャリア学®の手法をもとに読書会を通して多様性のある世界にふれていきます

☆どんなに努力しても話がうまくならない

☆言いたい事が伝わらない

☆本当に伝えたいことを知りたい

☆自分の感情、理性の取り扱い方を知りたい

☆言葉にパワーを与える言霊とは

☆人生を開花させる本当の思いとは

シーズン3では22の質問を通して人生の羅針盤「魂」の本音に気付くことを目的にしています

質問に反応していくことで、ご自身の中にすでにある天命を取り出し

新鮮な人生の歩みを始めることができます

☆何のために生きるのか

☆そもそもあなたはいったい何者なのか

こんな事を本の輪読を通して探求します

(シーズン1)
2月 13日(土)7時30分~9時30分    
2月 20日(土)7時30分~9時30分
3月 13日(土)7時30分~9時30分
3月 27日(土)  7時30分~9時30分
4月 10日(土)7時30分~9時30分
4月 24日(土)7時30分~9時30分
(シーズン1)
2月 24日(水)7時30分~9時30分    
3月 10日(水)7時30分~9時30分
 3月 24日(水)7時30分~9時30分
 3月 31日(水)  7時30分~9時30分
 4月 14日(水)7時30分~9時30分
 4月 28日(水)7時30分~9時30分

 

参加費 各級6000円 単発参加も可能

本の購入が必要です
【初級 やまとことば(全6回)】
「幸せになる言葉 幸せにする言葉」著者 出口 光 水王舎 1,400円(税別)
【中級 やまとこころ(全6回)】
「人の心を動かす伝え方」著者 出口 光 あさ出版 1,300円(税別)
【上級 やまとたましい(全6回)】
新版「天命の暗号」著者 出口 光 あさ出版 2.037円(税別)
場所 ZOOMにて

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
264574_nzawzgu4mzdjm?1613867206
たかお 様
楽しく学べました
初めて読書会に参加させて頂きました。
やまとことばの深みを味あわせて頂き感謝します!
大人になってから輪読するという事もほとんどなく心穏やかな時間を過ごせました。
思った事をその場でシェアする機会が多々あるのですが、私の稚拙な発言でも貴子さんの亭主ぶりで優しく受けとめてくれますので臆することなく楽しめました。ありがとうございました!
Icon_f
大倉 志保美 様
感動しました
読書会、すごいです。スタートした時点から感動でした。以前にも読んだことがある「幸せになる言葉、幸せにする言葉」。
一人で読んでいる時は、うんうん、と、流していたいたことが、みんなと読んでいくと、内容が具体的になるんです!
とてもリアルになる、と言うか、心からスピリットから共振共鳴が起きてくる!。
だから、はじめに、のスタートから胸の高鳴り。そして、いろいろ、一杯、自分の過去や夫の事、一緒に参加..
254009_otfinjbhzmi5n?1612584687
清水 まゆみ 様
気づきが得られました
参加させていただき、たくさんの気づき、、振り返り、そして、これから行く道を示していただけたと思います。
1人で読むのとは違い、音読を輪読することで耳から入り、それが心に響いていき、理解が深まりました。自分1人では感じられなくても、他者の意見を聞くことで学ぶことがたくさんありました。読書会に継続して参加し、和の心を学んでいきたいと思います。
Icon_f
垣本 悠吏 様
もう最高!(笑
一人でする読者とはちがい、
本を読んで感じた想いを言葉にしてみなさんから聴くことで

自分の中だけで思っていた理解を遥かに超える気づきがあります。

想いの出会い、言葉の出会い

やはり脳みその中でどれだけ思っているのと、言葉として外の世界へ現すことは全く異なり
何万倍もの可能性が広がると、深く感じました。

こんな機会をつくってくださった小管さん、メキキの会の皆さんに感謝です。..
Icon_f
ひとぴ 様
気づきが得られました
ほっと和める幸せな時間でした。
ありがとうございます。
Icon_m
酒井 秀憲 様
楽しく学べました
とても濃密な時間をみなさんとご一緒させていただき、大変心地の良い学びの場でした。
日本の心「やまとこころ」を知り、再発見する手掛かりとなる本を、参加者一人ひとりが、各々のペースで音読し、「輪読」のバトンを引き継いで行く……
そして、素直な気持ちを、心の奥底から出て来る思いをシェアし合い、お互いに貢献し合う。
みんなで読み進み、お互いの思い、気付きを交換するうちに、じわーっと充実感が満ちてきて、..
Icon_f
木股 吉香 様
良い出会いがありました
自分が、美しい言葉を意識して
お話しする事も、神の息吹となり、小さい単位だが、世界を愛と光で輝かすことが出来る。

こるは、貴子さんのお話しのお言葉で、ニュアンスとして受け取りました。

言葉の音は、結界にもなること。
場を浄化させることにもなること。
場を活性化、発酵させることもできること。

そして、大和言葉の全てに、おもてなしの心が詰まってること。

何よりも、貴子さんが..
Icon_f
宮下 治子 様
良い出会いがありました
皆さま、ありがとうございます。
会は参加型で、気づきや感想などをシェアし、皆がいるから膨らませられる、時間+参加者でほんとうに素敵な一期一会の場です。一人一人が集まり一時を共有するとこんなにも創造で切ることに湧喜がわきました。zoomに不慣れなので、緊張してしまいますが、感動しています。
やまとこころを「なんかいいな~」で終わらせるのは勿体ないと思います。一人の人間として又、日本人として、自分が..
今後の開催予定一覧
過去の開催状況
お問い合わせ先小管 貴子
お問い合わせ先電話番号09036167686
お問い合わせ先メールアドレスgmail.com@reservestock.jp
和の美へ導く
Professional_s
 
 
美の國 和文化アドバイザー
小管 貴子
和の美へ導く
 
◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アドバイザー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、「やまとこころを育む読書会」「ほっと一服茶」「娘に伝える日本の暮らし」を伝えています
 
 
 
 
 
Profile
Professional_s
和文化アドバイザー

小管 貴子

Mission
和の美へ導く
Senmon
きもの 着付け 和 運気

◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アドバイザー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、「やまとこころを育む読書会」「ほっと一服茶」「娘に伝える日本の暮らし」を伝えています

  kosuga.takako
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock