Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
15321_ogy5mjnmogmymwy3m
このような方にオススメ
非常時に備えた食材備蓄は万全ですか? 賞味期限切れを減らし、食費を減らし、不安を減らす! 備蓄食料品を考えるセミナーです。
期待できる効果
ご自分の暮らしに合った備蓄食材や備蓄量がわかります。実践セミナーなので終了後はワークの内容をもとに、 ご自宅の食材を分類し収納するだけで 管理しやすい食材備蓄が出来上がります。 実生活で使え、役立つ知識を身に付けられる内容になっています。
3155_yjc5zdi1mgmym_1?1590909911
3155_yjc5zdi1mgmym_2?1590909911
緊急事態時、災害時に備えた家庭内での食材備蓄は必須!

非常時に備えた食材備蓄は万全ですか?
賞味期限切れを減らし、食費を減らし、不安を減らす!
備蓄食料品を考えるセミナーです。

自然災害が多い昨今、危機意識の高まりで非常食を
備えている方も多いかと思いますが日常の中で
備蓄食料品はしっかり管理できていますか?
必要量はどれくらいか知って備えていますか?

東日本大震災が発生した後、電気・ガス・水道の
ライフラインは止まり、さらに物流が止まるという
想像もしなかった状況を経験しました。

スーパーもコンビニも営業をストップし、店はいつ開くかも
わからない状態。そんな中でも食事をまかなえるよう、
日常から何をどれだけ揃えたらよいか?

またどう管理したらよいか?をワークを通じて
食材整理を学びます。

実践セミナーなので終了後はワークの内容をもとに、
ご自宅の食材を分類し収納するだけで
管理しやすい食材備蓄が出来上がります。

実生活で使え、役立つ知識を身に付けられる内容になっています。

講師はマガジンハウスのクロワッサン「防災BOOK」にも掲載された澁川真希です。

※各日程とも資料郵送の関係上
お申込締切は開催日の5日前とさせていただきます。




 
こんな方にご参加をおすすめします
  1. 1 食材備蓄といっても何を揃えていいのかわからない
  2. 2 不安になるので、取り合えず買ってしまうけれど管理できていない
  3. 3 何かあっても、できれば家で家族と食事できるようにしたい
  4. 4 ローリングストックのイメージがわかない、うまくいかない
  5. 5 自分に合った備蓄を知って、備えたい
講座について

【講座名】日常から備える!食材備蓄・管理実践セミナー

【講師】整理収納アドバイザー 澁川 真希 
    (2002~2012年 仙台に暮らし、東日本大震災に遭う)

【会場】オンライン
【受講方法】「Zoom」という無料のオンライン会議システムを利用して行います。
インターネットにつながる環境であれば、ご自宅やオフィスから受講可能です(スマートフォンで受講いただく場合は事前にアプリのダウンロードが必要となります)。

【主な内容】
〇災害(震災)時の食事と買い物事情
〇日常も非常時も使える食材とは?
〇我が家に合わせた食材備蓄 何をどれだけ揃える?
〇食材の収納場所と管理法
〇お役立ちレシピ

【持ち物】】筆記用具・自宅の食材備蓄収納の写真を
撮っておいてください(デジカメ・写メでもOK)

新型コロナウイルスの影響もあり、心配なことが多い人も多いでしょう。
コロナ禍で災害が起き、避難所へ行くことになれば三密が避けられません。自宅を安心安全にし、自宅で在宅避難が続けられるように日常の食材と非常食など上手に使って食材備蓄をしていきます。

自分の家に合った食材と必要な備蓄量を知って、備え、不安を減らしましょう。
非常時の温かい食事は心の栄養です。

高い非常食を買うのではなく、普段、買えるもので備えていきます。
食材備蓄が出来るようになると日常の食事作りも楽に出来るようになりますよ!

 

 

3155_2016-04-16 14
3155_yjc5zdi1mgmym_4?1590909911
Icon_f
fyuko 様
とても勉強になりました
食材の備蓄について、実体験に基づいて色々教えていただきとても勉強になりました。
被災後スーパーがどのように再開するのか、なども参考になりました。
やはりちゃんとストックしておかなければと思いました。
適切な備蓄量、収納方法だけでなく、調理法も紹介していただき良かったです。早速やってみようと思います。
ありがとうございました。
今後の開催予定一覧

現在開催予定はありません

過去の開催状況
お問い合わせ先澁川真希
お問い合わせ先メールアドレスinfo@comfort-s.jp
片づけを通じて家庭からジェンダーギャップをなくし、社会を変えていく。モノとコトを「整える」暮らしを楽に快適に! 人生をしなやかに生きる女性を支援する。
Professional
 
 
COMFORT STYLE COMFORT STYLE 代表
澁川真希
片づけを通じて家庭からジェンダーギャップをなくし、社会を変えていく。モノとコトを「整える」暮らしを楽に快適に! 人生をしなやかに生きる女性を支援する。
 
整理収納アドバイザー1級 2006年5月取得
整理収納アドバイザー2級認定講師 2007年4月取得
整理収納コンサルタント 2008年6月取得
インテリアコーディネータ 1999年4月取得
福祉住環境コーディネーター2級 2001年11月取得
ルームスタイリスト2級 2012年4月取得
クリンネスト2級認定講師 2017年7月取得
収納環境プランナー 2017年12月取得
オフィス環境診断士 2019年8月取得
.................................

●澁川真希プロフィール

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事
COMFORT STYLE 代表
家事con仙台店 店長

1970年
福岡県生まれ

住まいに関わる仕事(損保会社、インテリアショップ、工務店)経験を活かし
整理収納コンサルタントとして2005年から活動開始。
整理収納の力で自分にちょうどいい仕事・家事の快適なスタイルを手に入れるためのコンサルティングやお片づけサービスを行っています。

実家が自営業で共働き夫婦だったこと、弟2人の3人姉弟の長女だった影響もあり 家庭では2歳違いの男子二人を家事男児に育成中。 片づけを通じて働く母の毎日をスムーズにするためのサポート中です。

2006年から整理収納を行うCOMFORT STYLEをたちあげ
2010年にクリンネス(お掃除)と整理収納の家事支援を行う家事con仙台店オープン
2014年、子どもとのお片づけに悩む親や大人に向けに「親・子の片づけ」に特化した「仕組みづくり」と「関わり方」をわかりやすく伝えるため一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立。

他にも仙台在住時に2011年の東日本大震災で被災。生活者の視点と片づけのプロとしての視点で家庭で取り入れやすい防災・減災の備えを伝えています。

・働く女性を家庭と職場環境の両面から整理収納でサポート
・お片づけを通じて子どもと家族の自立を目指し「生きる力を育む」
・東日本大震災の被災経験から日常から備える防災・減災整理を提唱


一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事

片づけられる子を育むためには、親が学び、適切な関わりが必要なことを伝えている。
子どもが自立するうえで必要な様々な力を育むこと、家族力を高..
 
 
 
 
 
Profile
Professional

澁川真希

Mission
片づけを通じて家庭からジェンダーギャップをなくし、社会を変えていく。モノとコトを「整える」暮らしを楽に快適に! 人生をしなやかに生きる女性を支援する。
Senmon
子どもの片づけ ワーママ 家事シェア 防災 澁川真希

整理収納アドバイザー1級 2006年5月取得
整理収納アドバイザー2級認定講師 2007年4月取得
整理収納コンサルタント 2008年6月取得
インテリアコーディネータ 1999年4月取得
福祉住環境コーディネーター2級 2001年11月取得
ルームスタイリスト2級 2012年4月取得
クリンネスト2級認定講師 2017年7月取得
収納環境プランナー 2017年12月取得
オフィス環境診断士 2019年8月取得 .................................

●澁川真希プロフィール

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事
COMFORT STYLE 代表
家事con仙台店 店長

1970年
福岡県生まれ

住まいに関わる仕事(損保会社、インテリアショップ、工務店)経験を活かし
整理収納コンサルタントとして2005年から活動開始。
整理収納の力で自分にちょうどいい仕事・家事の快適なスタイルを手に入れるためのコンサルティングやお片づけサービスを行っています。

実家が自営業で共働き夫婦だったこと、弟2人の3人姉弟の長女だった影響もあり 家庭では2歳違いの男子二人を家事男児に育成中。 片づけを通じて働く母の毎日をスムーズにするためのサポート中です。

2006年から整理収納を行うCOMFORT STYLEをたちあげ
2010年にクリンネス(お掃除)と整理収納の家事支援を行う家事con仙台店オープン
2014年、子どもとのお片づけに悩む親や大人に向けに「親・子の片づけ」に特化した「仕組みづくり」と「関わり方」をわかりやすく伝えるため一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立。

他にも仙台在住時に2011年の東日本大震災で被災。生活者の視点と片づけのプロとしての視点で家庭で取り入れやすい防災・減災の備えを伝えています。

・働く女性を家庭と職場環境の両面から整理収納でサポート
・お片づけを通じて子どもと家族の自立を目指し「生きる力を育む」
・東日本大震災の被災経験から日常から備える防災・減災整理を提唱


一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事

片づけられる子を育むためには、親が学び、適切な関わりが必要なことを伝えている。
子どもが自立するうえで必要な様々な力を育むこと、家族力を高めることを願い
「片づけを通じて人間力を磨く」を理念に、2014年一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立。

片づけのノウハウを超えて、子どもへの教え方と関わり方の知識を身に付けた
家庭単位の指導者としての資格、親・子の片づけインストラクター(R)を認定し支援を行っている。

親・子の片づけ教育研究所
HP:https://oyako-katazuke-edu.jp/

COMFORT STYLE
https://www.comfort-s.jp/

無理なく片づけられ、家事や仕事の効率がアップする家具、物の配置プランが得意。
物の整理から書類整理まで、減らすだけで終わりにしない、片づく仕組みづくりの専門家。
モノとコトを「整える」ことで、暮らしを楽に快適にし、人生をしなやかに生きる女性が増えることを願っている。
私生活では17才と19才男子2人の母です。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock