39176_ogrhnzi2yjiyzjlhm

「子ども防災教室」

21586__1?1655884709
21586__2?1655884709
21586__1?1655884709
21586__2?1655884709

「子ども防災教室」

このような方におすすめ

防災について関心をもって、正しい身の守り方やハザードマップを知る

期待できる効果

夏休みの自由研究に使える!「災害について知る」

地震が起きたらどうしますか?
防災について家族で話し合っていますか?

  

日本各地で起こる地震や大型化する台風など、自然災害をよく耳にするようになりました。

首都直下型地震や南海トラフ地震は30年以内に起こる可能性が70%ともいわれています。

いざという時の事、家族で話し合っていますか?

災害は、家族みんなが家で揃っているときに起こるとは限りません。

特に地震はいつ起こるかわかりません。

子どもが一人で家で留守番しているときに起こるかもしれません。

交通機関が不通になって、親がすぐに家に帰れる状況ではなくなるかもしれません。

そんな時、子どもがどうすればいいか?

どこに避難すればいいか?

家族で話し合うことが大切です。

小学生にもわかりやすく、「これだけは!」というぜひ知っておいていただきたいことを、親子でご受講していただき、この講座をきっかけにご家族で話し合ってください。



夏休み 子ども防災教室
対象者 小学生と保護者
小学生のための防災教室です

こんなことにお困りではありませんか?

  • 1 子どもの夏休みの自由研究の題材に悩む
  • 2 防災がいろいろ言われているが、実際何からすればいいかわからない
  • 3 防災グッズを簡単に揃えたい
  • 4 夏休み、子どもとの時間がなかなか取れない


この講座でできること

  • 1 地震が起きた時にとっさの身の守り方がわかります
  • 2 ハザードマップを使って、避難場所への道順を確認します
  • 3 防災ポーチに入っているものの使い方を確認します(事前にお送りします)
  • 4 夏休みの自由研究に使えます
  • 5 子どもと楽しく防災について学べます


講座について

講座は60分、オンラインZoomを使用して、開催します。


講座でお伝えする内容


1、地震が起きた時の自分の身の守り方を知る

2、ハザードマップを知って、避難の方法を確認する

3、持ち歩き用防災ポーチの中身の使い方を知る
  

受講料


一般価格 3,300円(税込) ※保護者1名、お子様1名の場合 防災ポーチ付き(送料込み)

 兄弟割引 保護者1名、子ども2名 5,000円 

      保護者1名、子ども3名 6,500円

  防災ポーチはお子様1名に1個、事前にお送りいたします。

  子ども4名以上の場合は事前にお問い合わせください。

  防災ポーチをお送りしますので、1週間前までにお申し込みください。


お支払方法


事前銀行振込


※振込手数料のご負担をお願いいたします。
※お申込み後3日以内または、開催日7日前までのご入金をお願いいたします。
※ご入金の確認が出来次第、正式にお席の確保とし防災ポーチを発送いたします。



キャンセルポリシー


・参加都合がつかなくなった場合、速やかにメール umachankatazuke@gmail.com までご連絡ください。

 日程の振り替えの調整ができる場合もございますので、ご相談ください。

・尚、期日がせまってのキャンセルの場合は、以下のキャンセル料をお受けいたしますのでご了承ください。(振込手数料差引き)
■申込み~開催7日前まで:10% 

■7日以内の場合:100% (ご受講に関わらず、ポーチを送らせていただきます)


同意の上、お申込みください。







お客様の声

Icon_f

タッピー 様

「子ども防災教室」

今聞けてよかった

夏休み中に親子で受講できてよかったです!
引越してきて土地勘がない娘と一緒に、
避難所の確認や決めごとを改めて話し合うことができました。
日頃から持ち歩いてた防災ポーチの中身もバージョンアップできて、
定期的に見直しが必要だなぁと感じました。
ありがとうございました!

今後の開催予定

現在開催予定はありません

過去の開催状況

夏休みの自由研究に使える「地震が起こったらどうする?」

開催日
2022/8/11(木) 13:00 ~ 14:00 受付終了
場所
オンライン

防災について関心をもって、正しい身の守り方やハザードマップを知る

夏休みの自由研究に使える「地震が起こったらどうする?」

開催日
2022/7/30(土) 14:00 ~ 15:00 受付終了
場所
オンライン

防災について関心をもって、正しい身の守り方やハザードマップを知る

PR
smtp06