Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
14404_njvlyze1yziwn2yxm
教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」上映会
このような方にオススメ
10歳くらいまでのお子様がいるお母様・お父様
期待できる効果
これからの子供達に必要な能力は何か?学校で何を学んだら良いのか?家庭でやるべきは事は何か?のヒントが見つかります。
「Most Likely to Succeed」上映会

 

一般社団法人Global Kids' Momでは、ひとりでも多くの方にこの映画を観ていただきたい思いから、定期的に上映会を開催しています。

「Most Likely To Succeed」とは?

子どもたちが大人になる2040年代は、グローバル化やIoT化が進み、現在ある職業の80%が存在しないといわれています。
そんな時代を生きていく子供たちは、これからの教育で何を学ぶべきでしょうか。家庭ではどのようなことができるでしょうか。

映画「Most Likely to sucseed」は、米国のカリフォルニア州にある High Tech High という公立高校チャータースクールに通う二人の中学3年生の成長を追いかける教育ドキュメンタリー映画です。

この高校では教科書もチャイムもなく、担任が1年間かけてプロジェクトの課題を生徒に与える。その過程を一番重要とし、生徒自らが必要に応じて学び、成長していきます。

いったいどんな授業が行われているのでしょう。チームでテーマに取り組み、仲間同士助け合い、個々の持っている個性や能力を発揮し、協力しながら創り上げていく生徒たち。そこには失敗もありますが、成長の糧として必要なものへと変化していく様はとても見応えがあります。

国は違えど日本と似た状況も多く、教育を取り囲む様々な視点について考えさせられる作品です。是非一度ご鑑賞いただき、感じたことをシェアしていただくことにより、気づきや考えを深めていただければ幸いです。

 

実際この映画を見終わった後、お子様への教育の仕方が変わるご家庭も多いと感じます。

 

特にこれから幼稚園・保育園・小学校や中学校などを選ぶ必要のあるご家庭には大きな衝撃となるかもしれません。

 

できるだけ多くのご家庭に見て欲しいと思っています。

 

下記リンクから「Most Likely to sucseed」の予告編を見ることができます。

https://youtu.be/JE5XRrfetu4

 

また、「Most Likely to Succeed」エグゼクティブ・プロデューサーのテッド・ディンタースミス氏が2018年に来日した際に東京都千代田区立麹町中学校で開催された基調講演の動画が以下で見ることができます。

 

 

上映の様子
     

 

映画を見た方の感想

「衝撃的だった。テストの3ヶ月後には9割以上の知識を失っていることに驚いたので、自身に置きかえても納得した。思考力に特化した教育だけでいいのか、まだ自分なりの結論は出ていない。但し、少なくとも知識・記憶・偏差値の教育からは脱却し、家庭内でも意識して指導することが重要だと思った。」(お子様の年齢 7歳)

 

「良い意味で、とても衝撃的でした。見ないふりをしていうた現実をバーンと突きつけられたようです。自由な教育環境でのびのびと学習する生徒達に心打たれました。あっという間に90分視聴させて頂きました。機会があったらまた視聴したいです。子育てについて見つめ直すきっかけをありがとうございました。」(お子様の年齢 9歳)

 

「我々の大学、仕事の考え方は子供達の時代には通じないとなんとなく感じつつ、具体的に映像でつきつけられた感じでとても心にひびきました。点数評価主体の社会の中で親は何が与えられるのか、道をつくってあげられるのかを改めて考えさせられました。失敗が成長させる大切なこととわかりつつその余裕なく親自身も現代の社会的価値観にどう向き合っていこうかと色々考えさせられました。」(お子様の年齢 11歳 16歳)

 

「よくわからず妻についてきましたが、教育について自分もMBAで学んでいて子供含め興味があった。そうだよなあと思う内容でした。実際自分が会社員、社会人として体感している内容含め、「クリティカル」にとらえ子供に伝え、影響を与えたい」(お子様の年齢 4歳)

 

「自分の世代は親の反省から親の時代からの教えに反映され、それを正しいと思い生きてきましたが、自分たちが大人になり今まで何をしてきたのか、疑問に思うことがたくさん出て来たので子育ては試行錯誤の連続でした。自分の心の中に抱く疑問がすーと解決する映画でした。子供のの好奇心をつぶさないように適切な環境を与えてあげたいと思いました。」(お子様の年齢 14歳 11歳 女性)

 

今後の開催予定一覧
過去の開催状況
0-8歳のグローバル教育でグローバルキッズ100万人を目指す 
Professional
 
 
 一般社団法人Global Kids' Mom代表理事
ピグマリオン恵美子
0-8歳のグローバル教育でグローバルキッズ100万人を目指す 
 
一般社団法人Global Kids' Mom代表理事。オギクボカフェEnglish School校長。3児の母。趣味はピラティスと発酵食品。

『ピグマリオン』とは、ギリシャ神話がもとになっている『信じる力』を象徴化した言葉です。ピグマリオン効果などと教育業界では使われています。教育で一番大事なことは子供を、自分を、信じることだと考えています。

グローバル教育は英語じゃない!? 必要なのは、くらべない育児・自分の軸を持つ教育。育てたいのは、探求心と自立心。

世界で活躍する子供を育てるには、幼少期の家庭の在り方が大事だと考えています。家庭でできることは沢山ありますが、子供を横に比べるのではなく、一人一人の能力も成長も違いますから、その子独自のCAN DO LISTを作って、縦に能力を伸ばしていくことに是非取り組んでいって欲しいと考えています。
 
 
 
 
 
Profile
Professional

一般社団法人Global Kids' Mom代表理..

ピグマリオン恵美子

Mission
0-8歳のグローバル教育でグローバルキッズ100万人を目指す 
Senmon
グローバル教育 英語知育 バイリンガル育児 英語子育て おうち英語 子供英語 親子英語 世界標準 イマージョン CLIL

一般社団法人Global Kids' Mom代表理事。オギクボカフェEnglish School校長。3児の母。趣味はピラティスと発酵食品。

『ピグマリオン』とは、ギリシャ神話がもとになっている『信じる力』を象徴化した言葉です。ピグマリオン効果などと教育業界では使われています。教育で一番大事なことは子供を、自分を、信じることだと考えています。

グローバル教育は英語じゃない!? 必要なのは、くらべない育児・自分の軸を持つ教育。育てたいのは、探求心と自立心。

世界で活躍する子供を育てるには、幼少期の家庭の在り方が大事だと考えています。家庭でできることは沢山ありますが、子供を横に比べるのではなく、一人一人の能力も成長も違いますから、その子独自のCAN DO LISTを作って、縦に能力を伸ばしていくことに是非取り組んでいって欲しいと考えています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock