Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Efficacy
Okada04
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_ogy0ymniyjq4zgrin

発達凸凹っこママのおしゃべり会

このような方にオススメ
子育ての悩み、愚痴などおしゃべりしたい人向け
期待できる効果
同じように悩んでいるママとおしゃべりしてスッキリしたい方、発達凸凹っこを育てているママと交流したい方
なかなかわかってもらえない発達凸凹子育ての悩み

 

うちの子、他の子と何だかちょっと違うかも。

何度言っても言うこと聞かないな。

でも、誰かに話しても「気にしすぎだよ~」「普通じゃない?」と言われてしまう。

 

こんなモヤモヤ、感じたことはありませんか?

私はいつも感じていました。

そして、ママたちの会話に入れなくなりました。

誰かに話したいのに、わかってもらえない。

そんな私みたいなママに、たくさんおしゃべりしてほしいのがこのおしゃべり会です。

 
こんな悩みはありませんか?

✓お子さんの発達が遅れていると感じている

✓ お子さんのことをなんだか育てにくいと思っている

✓ 子育ての悩みを話せるママ友がいない、わかってもらえない

✓ まわりの子と我が子を比べてしまう

✓ 発達障害、発達グレーゾーンのお子さんを育てている

✓ 子育てにイライラしてしまう

✓ 同じようなお子さんを育てているママたちと交流したい


そんな方に、このおしゃべり会はぴったりです!

毎日そばにいるママならではの疑問、不安が、

「そうそう、それある!」と分かり合える、気軽に参加できる場です。

子育てにはママの気持ちも大切なこと。

悩みを話ししてスッキリしませんか。



今後の開催予定一覧
過去の開催状況
発達凸凹っこのママの味方
 
 
 保育士、子どもの発達インストラクター、発達障害児支援士、絵本セラピスト
大橋りょうこ
発達凸凹っこのママの味方
 
1997年 保育士資格取得(22年間保育園に勤務)
2020年 発達凸凹アカデミー認定子どもの発達インストラクター
2020年 絵本セラピスト協会認定絵本セラピスト
2021年 日本発達障害支援協議会認定発達障害児支援士

現在小学5年生の発達凸凹男子を育てています。
はじめまして。大橋りょうこです。
2年前まで22年間保育士をしていましたが、子育てと仕事の両立に限界を感じ、退職しました。

保育士を辞めてしばらく家庭で専業主婦してました。
辞めたあと、心にぽっかり穴があくだろうと思い、小学校の読み聞かせボランティア活動に積極的に参加、そこで勉強会と称して絵本セラピーを受けました。
「これやりたい!」
その一心で学び、2020年12月絵本セラピストになりました。

それと並行して、発達凸凹息子の子育てに生かせるものを学びたい!とネットを検索する日々。
そこで、発達凸凹アカデミーと出会い、2020年12月「子どもの発達インストラクター」になました。
「無理しない支援」を知り、心が軽くなりました。

他にもアドラー心理学勇気づけ講座や、プラチナ子育て講座、コーチングなどを受けて少しづつ前向きになってきました。

子どもが幸せを感じるには、まずママが自分自身の幸せを感じることが大切だと感じています。
ママの笑顔が見たいから、私はママの味方になっていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします!
 
 
 
 
 
Profile
保育士、子どもの発達インストラクター、発達障害児支..

大橋りょうこ

Mission
発達凸凹っこのママの味方
Senmon
発達凸凹っこ育児 ASD ADHD 絵本

1997年 保育士資格取得(22年間保育園に勤務)
2020年 発達凸凹アカデミー認定子どもの発達インストラクター
2020年 絵本セラピスト協会認定絵本セラピスト
2021年 日本発達障害支援協議会認定発達障害児支援士

現在小学5年生の発達凸凹男子を育てています。 はじめまして。大橋りょうこです。
2年前まで22年間保育士をしていましたが、子育てと仕事の両立に限界を感じ、退職しました。

保育士を辞めてしばらく家庭で専業主婦してました。
辞めたあと、心にぽっかり穴があくだろうと思い、小学校の読み聞かせボランティア活動に積極的に参加、そこで勉強会と称して絵本セラピーを受けました。
「これやりたい!」
その一心で学び、2020年12月絵本セラピストになりました。

それと並行して、発達凸凹息子の子育てに生かせるものを学びたい!とネットを検索する日々。
そこで、発達凸凹アカデミーと出会い、2020年12月「子どもの発達インストラクター」になました。
「無理しない支援」を知り、心が軽くなりました。

他にもアドラー心理学勇気づけ講座や、プラチナ子育て講座、コーチングなどを受けて少しづつ前向きになってきました。

子どもが幸せを感じるには、まずママが自分自身の幸せを感じることが大切だと感じています。
ママの笑顔が見たいから、私はママの味方になっていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

B_facebook
B_ameba
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock