Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
2047_m2y0yjrlotmxymnlz

コラボ企画★人生STORY小冊子計画&夢叶体質になる夢実践講座初級オンライン動画講座

このような方にオススメ
これから起業したい人・起業3年目以内自分を整えて飛躍の年にしたい人・自分の半生を出版したい人
期待できる効果
選ばれる起業家になる・エンゲージできる自分だけのお客様が見つかる・ぶれない自分に出会える
あなたの物語を冊子に!!
私のこと知ってほしい・・・・そんなあなたにお届けします
 
マルシェに出てみておもわず売上が上がった
趣味で始めたけど結構売れるもんなのね・・・・
ご時世でパートに行くにも・・・・


そんなこんなで
プチ起業的にビジネスを始めることを考えているあなた・・・

そんなあなたにお届けしたい


ビジネス講座にいくまでも・・・・
だけどどうやって自分のことをお知らせしていけばいいんだろう?
ブログを書くといっても・・・・


この講座は
ビジネスの基礎の基礎をオンライン動画講座でお届け
好きは時間・好きなときに学びを進めていただけます
やりっぱなしではなく振り返り会もあるので
ひとりビジネスの方も仲間が増えて横の繋がりができて安心

ビジネスの基礎ができたら
作家のつばめさんのインタビューで出来上がる
”あなただけの物語”マイストーリーを作ってもらえます
 
あなたの商品と一緒に
この”あなただけの物語”がついていく

なぜ?あなたがこの商品を作ったのか?
あなたがやりたいこと
届けたいこと

あなたの思いを
"あなただけの物語”が伝えてくれるようになります
 
自分だけのビジネスの思いっきり波に乗せていきたい方への
特別企画!!

この機会に!!
 
 


人気企画リターンズ 
アンディ×中野谷つばめコラボ企画



対象者 このイベントに参加してほしい方
  •  

    ・これから起業するけど、何をしていいかわからない方

    ・起業したもののうまく波に乗れない方

    ・高額起業塾へ行ったけれど、うまくいかなかった方

    ・自分を文章で表現するのが苦手な方

    ・自己紹介文やプロフィール文を書きたいけれど、書くのが面倒な方

    ・自分のことを話すことはできる方

    ・本当の自分を見つけたい方

    ・自分のあきらめた夢をもう一度見つけたい方

    ・情熱の想いを取り戻したい方

    ・応援しあえる仲間が欲しい方

     

  •  
  •  
    わたしはわたしを探し出す・あなたはあなたを見つけ出す

     

  • わたしはわたしを思い出す・あなたはあなたを見つけ出す


 

1)届いた箱は小冊子100

宅配便で届いた箱の差出人は、中野谷つばめ。

箱を開けると、小冊子が100冊。

 

中野谷つばめからのメッセージカードが入っていた。

「岳谷鈴女さま

 ご注文ありがとうございます。

 先日の原稿を小冊子にして100冊お届けします。

 表紙のサブタイトルが岳谷鈴女さんのキャッチフレーズです。

 内容は、あなたの人生ストーリーです。

 最後のページが、1000文字プロフィール文です。

 この小冊子が、あなたのこれからのお仕事のお役に立てるよう、心から願っています。

 中野谷つばめより」

 

箱から、小冊子を一冊とりだしてみる。

表紙には「岳谷鈴女(がくやすずめ)物語~もがいてもがいてただ書きたくて書きたくて~」という2行。

 

「もがいてもがいてただ書きたくて書きたくて」が、わたしのキャッチフレーズかあ。

 確かに、岳谷鈴女という作家は、10年近くもがいて書いてきた。
 そんな想いを、中野谷つばめに語って、この小冊子を作ってもらった。

 

 岳谷鈴女物語~もがいてもがいてただ書きたくて書きたくて~
 目次

第1章「岳谷鈴女(がくやすずめ)という名前の由来」
第2章 「400字劇場」というブランディング

第3章 書きたいものを書きたいように書く

第4章 自分を見直す「老いらくの恋」というキッカケ

第5章 メディアにでるということ

 

 彼女は、小冊子を眺めて、胸にぎゅっと抱きしめた。

 

 

2)小冊子100冊を配る

 

*作家A子へ小冊子を渡す

 彼女は、友人の作家A子とたまに会って話をする。

 今日もカフェで、向かい合っていた。

「そうそう。これ、読んでみて」

 小冊子を、彼女はA子に渡した。

「なあに、これ」

「わたしの活動と想いをまとめてもらったの」

 A子は、ぱらぱらとページをめくった。

「自分で書かなかったの?」

「客観的に書いてもらった方がいいかな、って。2時間弱くらいインタビューを受けて、書いてもらったの」

 そうなんだ、と、A子はずっと小冊子を見ている。

「わたしのいいたいことは、全部書いてもらった」

「うん。いい出来だと思う」

「プロの作家にいってもらえるとうれしいわ」

「だって、インタビューして書いてくれた人だって、文章のプロでしょ」

「そうね。こうして形になって、わたしの9年間の活動も報われたわ、やっと」

 A子は、ずっと小冊子をながめていた。

「いいな、これ」

 

 

*セミナー講師B子へ小冊子を渡す

 FACEBOOKで知り合ったセミナー講師B子にも、彼女は小冊子を渡した。

「これ、読んでみて。わたしのこと、まとめてもらったの」

 B子は小冊子を受け取ると、すぐに夢中になって読み始めた。

 15分ほどして、B子は顔をあげた。

「これ、まとめてもらった、っていったけど誰かに書いてもらったの?」

「そう。最後のページにある中野谷つばめっていう人」

「あなたが話をして、その人が聞いて、書いてくれたの?」

「そうよ」

 黙り込んだB子は、小冊子に視線を落とし、また彼女の顔を見た。

「セミナーの内容とか、セミナーをやる意味について、書いてもらえないかな」

「きいてみたら? 小冊子の最後に、メルアド書いてあるから」

 あ、と気がついて、B子はスマホを取り出すと、メールを書いた。

 

「セミナー講師をしてるのですが、セミナー内容についての小冊子を作ってもらえませんか?」

 

 

3)小冊子を渡す+夢叶実践講座って何?

 

 小冊子を見たC子は、すぐにテーブルにぽんと置いた。

「あんたはいいわよ。こうやって話ができるんだから」

 頭の中に「?」が浮かんだ彼女は、C子の話を聞く。

「あたしね、自分で起業しようと思って起業塾にはいったの。分割で82万も払うのよ。まだ支払いが半年残ってる」

 うんうん、と、彼女はただうなずいた。

「起業して、集客の方法とか教えてもらったんだけど、ぜんぜんできない。友達にどうやって話したらいいか、気持ちが向かなかった。じゃあ、塾長に聞けばよかったんだけど、どうしてもできないっていえなかった」

「仕事は、今、どうしてるの」

「事務職なんだけど、会社のやり方が合わなくてずっとしんどい。けど、高額塾の支払いがあるから、やめられないよ」

 ふたりの間に、重い沈黙。

「あのね、小冊子を作る前に、夢を叶える実践講座を受けることができるの。講座と冊子のコラボ企画だからね」

「なに、その講座」

 

 彼女は、夢を叶える実践講座について説明した。

 アンディさんという方の動画講座で、

 起業塾というところではなかなか教えてくれない内容であること。

 起業前には、自分を掘り下げることが必要であること。

 自分の本音を自分自身にきくこと。

 自分のことを書くワークが、とても楽しいこと。

 

「小冊子を作る中野谷つばめも受けて、すごい楽しかったって。ワークシートはたくさん用意して、何度も書いたって言ってた。わたしも、1回目の動画講座のワークは、5回くらいやってみた」

「で、どうなったの?」

 彼女は、すう、と息を吸って吐いた。

「わたしは、執筆活動メインをやめる決意がついたの」

「そうなの?!」

「編集をやろうと思って、編集プロダクションと外注の契約したのよ」

「へえ」

「いずれ、中野谷つばめの本もプロデュースするわ」

 自信をもって彼女は、C子に宣言した。
「ねえ、その講座、わたしも受けられる?」

「もちろん」
 彼女は、C子に、申込のサイトを教えた。

 

 



プロフィール詳細 http://u0u1.net/UylV
note:note.com/tsubamen1025

 

  • 自分表現したい・・・・そんなあなたに贈りたい
    ~出会いは必然 これを見ているあなたとの出会いもそうです~

     

    つばめさんとの出会い

     

    つばめさんとの出会いは、バズラせ屋のカズ社長のご紹介
    そのカズ社長も同じビジネスを学んだ塾仲間の紹介
    有り難いことに、私は毎日紹介という原始的で最も信頼度の高い方法で
    いろんなご縁を頂いています

    「アンディさんには人を紹介したくなるんだよね」
    そう言っていただけることがとても嬉しいですね

    ある日、
    「本書いてる人紹介しますわ」そう言ってつないでいただいたのが
    中野谷つばめさんでした

    以前、他のライターさんに本を書いていただいたことがありますが
    私がイメージシていたものとはちょっと違っていました

    つばめさんのインタビューは話しやすく普通に話している感覚で
    取材っていう感じではありませんでした

     

    出来上がってきた本は
    私以外の方々の話も、つばめさんの目線で俯瞰して書いてあって
    客観的で有りながら間違いなく自分の体験でした

    その本がアマゾンでKindle出版されて1位を獲得された時は
    自分のことのように嬉しかったです

    つばめさんの才能

     

    つばめさんの才能を見せていただく中で
    私の中でアイディアが浮かびました

    つばめさんのライティングで
    会社のミッション&ポリシーをミニ小説にするというもの

    これまで企業研修などお手伝いに行った会社さんの悩みは
    理念の浸透がありました

    つばめさんの才能ならば会社さんのお悩み解消できるのでは・・・・
    早速つばめさんに話しました

    「どうやって社長さんに合えばいいのかな~」
    この頃から、つばめさんの中で”起業”って言葉が心にフツフツして来たのではないでしょうか?

    「行政が開催する【起業相談】にいってきました」って報告を頂いたりしだしたので

    そんなこんなの中
    令和偉人伝の第2版出版のために、私が開催する大人が夢を語る会
    WOMMANドリームプランプレゼンテーションに出場した
    プレゼンターを数名紹介しました

    プレセンターさんのインタビューが進む中 つばめさんから
    「アンディさんが紹介してくださった皆さん
    インタビューしやすいです」と報告がありました

    それもそのはず・・・・
    プレゼンターさんたちは私の起業のための講座をプレゼン勉強会で受けて
    自分の人生を未来まで10分間で語るプレゼン大会に出たツワモノばかり

    自分軸も自分の未来もブレることなく語ることができるメンバーです

    つばめさんは彼女たちのインタビューをしながら
    なんでこんなにシッカリ話せるのか?
    自分軸のしっかりしてる内容に驚いていたんじゃないでしょうか?

    ・行政に応援されて町おこしをしている
    ・企画書出して大手企業から後援もらう
    ・イベント企画で声かけたら400人あつまった
    ・コミュニティづくりにイキナリ100人応募があった

    紹介したメンバーの実績です
    普通の主婦やOLが出してる結果です

    つばめさんの今後のビジネスを応援した話から
    リリースしたばかりりのオンライン動画講座を受講していただく運びになりました

     

    コラボ講座をする理由

     

    その時に
    「私、高額講座にいって失敗したんです」と告白を受けました

    じつは、プレゼンターさんにも同じ経験の方が結構います
    つばめさんだけではなくそう云う経験をお持ちの方は多いのです

    ものには順番があります
    講座も受ける順番が有ると思います

    商品作り、ブランディング、マーケティング、顧客イメージ・・・その前に
    やることが有る・・・まさに自分表現です

    あなたがいいって言われる自分になること!!

    きっと私が普通に”起業塾”を開催していても参加されなかったであろう方々が
    私の周りにはいます
    ドリームプランプレゼンテーションというプレゼン大会に参加して
    自分を売り出したい・・・・そのおもいで集まってる人たち
    ”起業塾”といった価値ではなく”自分を一歩前に””自分表現”そこが価値なのかもしれません

    つばめさんもその一人だったのかもしれません

    動画視聴の受講が始まって
    「アンディさん、動画講座メッチャ面白いです」
    「今までの高額講座で学んだことの線と点が結ばってきました」
    そうなんです、やはり順番なんです
    ”自分表現”に気づけば自分を基準につながっていきます

    つばめさんの豊かな才能と私のやっている自分表現かけ合わせることで
    すごい化学反応が起きるのでは・・・・・

    自分を売り出したい
    私はココにいるんだ!!自分表現をしたい

    そう願うあなたに贈る企画です

     
    この講座では、 自分道を極めたい方を探しています

     

    • すでにビジネスは始めているけど、もう少し売上を上げていきたい
      そう思いつつ我流で今までのやり方しかわからない
      ビジネスを学ぶなんて・・・・そこまででもない・・・・
    • そんな風に考えている方いらっしゃるんではないでしょうか?

    • 売上が出来たら学びに行こう
      できることからやろう

      それは何時の話でなにからするんですか?

    • ちょっと、マルシェにでてみて
      お小遣い程度の収入があった

      それが嬉しかった人はどれくらいいらっしゃいますか?

      子供の教育のために
      塾に行かせたりお稽古ごとに行かせたり
      それはあなた自身も同じこと

      子供の成績が変わらなかったら塾も変えるだろうし
      やりたいことがあればどうしたらできるか考えるでしょう

      それはご自身のことも同じなんですよ

      お花のお稽古をして生花を習う
      これも終わりがないですよね
      お茶のお稽古もそう

      「道」は道だから終わりがない

      私は自分が自分を生きていくのも「道」だと思います
      自分磨きの「道」はおわりがなく
      自分表現も「道」だと思っています

      自分道を極めたい そんなたかにお会いしたい!
      そのための企画です
    •  
企画内容
  • *アンディ(中橋佐知子)による
    夢叶実践会ホップ初級(4か月間のオンライン講座)

    *中野谷つばめが書く
    ・キャッチフレーズ
    ・自己PR文1000文字
    ・あなたのマイストーリーを小冊子にして100冊
    (90分のインタビューつき)

  • 合計220000円



    *6月スタート受講生募集*
    *キャンセルポリシーを必ずご確認ください*

 

今後の開催予定一覧
過去の開催状況
お問い合わせ先中橋佐知子
お問い合わせ先メールアドレスinfo.kireijyuku@gmail.com
女性が女性らしく輝く社会へ
Expert_s
 
 
一般社団法人 輝麗塾 夢を持つ女性の起業を支援するプロ 
中橋佐知子
女性が女性らしく輝く社会へ
 
▼セルフダイヤログ®発案者
▼メンタリングセッション
▼コーチング
▼心理カウンセラー
▼起業コンサル


起業しようと思うとき1番大切なことをあなたはご存知ですか?あなたが始めようとすることで幸せになる人はどんな人でしょう?
あなたの人生のミッションを一緒に探すあなたの夢の伴走者として寄り添います
夢の叶うのはどんな人でしょう?
早くうまくいく方法は即効性があっても持続性はありません
自分の喜ぶ気持ちを知って感情をミカタにしながら自らが感動して
自分のやりたいことやサービスを提供していく・・・・
感動と共感を提供する
気持ちよりやってみること・・・・そんな方法が苦痛だった方は
是非ご相談ください。2016年に誕生したばかりの「スパイラル・ドリーマー®」であなたを救います
2010年より女性が夢を語るビジネスコンテストを開催してきた私だからできるノウハウがあります
 
 
 
 
 
Profile
Expert_s
夢を持つ女性の起業を支援するプロ 

中橋佐知子

Mission
女性が女性らしく輝く社会へ
Senmon
一人起業(創業・第二創業)専門  ビジネス土台作り  スキルの前にあり方

▼セルフダイヤログ®発案者
▼メンタリングセッション
▼コーチング
▼心理カウンセラー
▼起業コンサル


起業しようと思うとき1番大切なことをあなたはご存知ですか?あなたが始めようとすることで幸せになる人はどんな人でしょう?
あなたの人生のミッションを一緒に探すあなたの夢の伴走者として寄り添います
夢の叶うのはどんな人でしょう?
早くうまくいく方法は即効性があっても持続性はありません
自分の喜ぶ気持ちを知って感情をミカタにしながら自らが感動して
自分のやりたいことやサービスを提供していく・・・・
感動と共感を提供する
気持ちよりやってみること・・・・そんな方法が苦痛だった方は
是非ご相談ください。2016年に誕生したばかりの「スパイラル・ドリーマー®」であなたを救います
2010年より女性が夢を語るビジネスコンテストを開催してきた私だからできるノウハウがあります

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock