Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
29758_ywmwmzriyze2mmuxy

人権cafe第1回
山元加津子さんお話会

このような方にオススメ
子どもに関わる職業
子どもがいない人
保護者
未来に残す支援をしたい人
期待できる効果
子どもの本音がわかる
コミュニケーションのピンポイントがわかる
支援者に必要な情熱がわかる

人権cafe第1回

「4分の一の奇跡」山元加津子さんのお話会


子ども…と一口に言っても子どもはさまざまで、みんなとても個性的です。
病や障がいがあっても、感覚や感性は大人と変わらず、
むしろ、曇りなく現実を直視するまなざしに、どきりとさせられることもたくさんあります。
「人権」というと難しいけれど、みんなが持っていて幸福に生きていくための考え方。
獲得しなければ自分を守れない状態の子どももいます。

 

安藤由紀のoraciónサークルは、子どもの今と未来を考える暴力防止活動をしています。
スタートしたばかりの人権シリーズの1回目は、長年特別支援学校の教員として、
子どもとのふれあい
体験の中から「魂が訴えること」や「子どもから教えられる」
数々の体験をされている山元加津子
さんのお話です。



各地で講演されているのは、聴いている人の中に、不自由をかかえながらもめげない
強さ、寄り添うやさしさと
…「感動体験」を味わえるから。
ぜひあなたも共有して
ください。

 

✅ 子どもの本音が理解できる

✅ 支援者になくてはならない要素がわかる

✅ 絶対的な信念への感動を味わえる




7月2日午後8時から10時 場所:ZOOMにて 参加費:1100円
司会:安藤由紀  お話:山元加津子さん  後援:いきがいカフェ協会
申込:P
aypal もしくはゆうちょ:店番 018 記号10170 普通預金 69914561 アンドウ ユキ
★今後の開催予定一覧をクリックしてお申し込みください★

 

 

■山元加津子さんプロフィール
元石川県立明和養護学校教師  作家・講演者



1957年金沢市生まれ。富山大学理学部卒業後、小学校の講師を経て養護学校の教員に。
障害を持った子ども達を一人のかけがえのない友達として、同じ目線に立った活動を続け、
分け隔てなく、ありのままに受け入れる姿勢が、子どもたちの様々な個性や長所を
引き出している。

子どもたちの素敵さを多くの人に知ってもらうため、また私たちすべての人間は、
それぞれ価値ある命を生きているということを伝えるために、国内外での講演・著作活動など
多方面に活躍中。

ドキュメンタリー映画 「1/4の奇跡~本当のことだから~」にも主演

 

 かっこちゃんの愛称で呼ばれている山元さんは、平成21年、脳幹出血で突然倒れた
宮田俊也先生の通院をしながら回復を祈り続ける毎日を過ごします。
やがて意思伝達装置(レッツチャット)を装着しながら少しづつ回復をした宮田先生の
様子は「宮プ―心のプロジェクト」としてメルマガ配信されるようになりました。
医師からは、「体のどこも動かないでしょう。」と告げられたにも関わらず、周囲の人々の
励ましや多くの人の祈りが集まる中の奇跡でした。以下おはなし大好きのHPでは、植物状態でも
意思の疎通の可能性や、さまざまな疎通のツールをご紹介されています。

 

 

☆☆☆☆☆☆「おはなし大好き」のホームページでは、以下の情報が載っています☆☆☆☆☆☆

・イラストを使って会話できる、おはなしノートの無料ダウンロード

・あいうえおの透明表(視線などを使って会話できる)の無料ダウンロード

・意思伝達装置 

 HP:おはなしだいすき〜 (ohanashi-daisuki.com)

 

 

 

【かっこちゃんが活動しているプロジェクト】

◆白雪姫プロジェクト:「植物状態」と言われる人たちの回復の方法や、
それにつながる介護の方法などの情報を集め広めるプロジェクト。
ひとりひとりがみんな素敵で大切な存在であり、お互いに尊重して誠実に向き合って、
みんなで幸せに生きていくことも考えていくプロジェクトです。

フェイスブック http://www.facebook.com/shirayukihime.project

 

 

 

【各地でのお話会】

◆雪絵ちゃんのこと

 中学二年の時に、手足が突然動かなくなる神経性の難病、「MS(多発性硬化症)」となり、
闘病の傍らエッセイや詩を多く書きました。雪絵ちゃんが残したエッセイや詩は今も多くの人達に
愛や希望を与えています。この話を知った入江富美子監督によって、2007年映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」となり、日本全国外国において約850回上映され、6万人以上の動員があります。

 



◆雪絵ちゃんに話した「鎌状赤血球」のこと

アフリカのある村は、マラリアの伝染によって
絶滅しそうになったのですが、絶滅しなかった原因を調べるうちに
マラリアにかかりにくい「鎌状赤血球」をもっている人がいることが分かったのです。


その遺伝子を持つ人たちを徹底的に調査した結果、
Aグループ~鎌状赤血球の遺伝子がなくて、障害も持っていない人たちが四分の一
Bグループ~鎌状赤血球の遺伝子を持て居て、障害がない人たちが四分の二
Cグループ~鎌状赤血球が原因の遺伝子を持っていて、それが原因で障害がある人が四分の一


マラリアが発生した時、Aグループの人は亡くなり、BとCが生き残りました。
生き残ったのはBとCで、マラリアに強く障害のない遺伝子を持ったBグループが存在するとき、
必ずある一定の割合で重度の障害を持ったCグループも
存在するという事実が挙げられました。


つまり障害を引き受けたCグループがいなければ、Bグループは存在せず
村は絶滅していました。
マラリアに強く、障害のない遺伝子を持った人は決して生まれてこない。
それが進化なのだということでした。


わたしたちがこうして元気で生きているのは、
過去や現在、病気で苦しんで、生きてくれた人たちのおかげではないだろうか…


遠く離れたアフリカだけの話ではありません。
こうして私たちが元気でいられるのは、今一生懸命頑張って生きている
病気や障害がある人たちがいてくれるからこそ。
かけがえのない存在なのです。

 

  

 

【著作】

『さびしいときは心のかぜです』原田大助共著 樹心社『たんぽぽの仲間たち』三五館/『好き好き大好きの魔法』三五館/ 『土の中には見えないけれどいつもいっぱい種がある』原田大助共著 /『あなたといつもつながっていられたらいいのに』青心社 /『違うってことはもっと仲良くなれること』樹心社/ 『本当のことだから』三五館/『魔女・モナの物語』青心社/『宇宙は、今日も私を愛してくれる』三五館/『満月をきれいと僕は言えるぞ』宮田俊也共著 三五館/『手をつなげば、あたたかい。』サンマーク出版/『リト』モナ森出版 2020年

 




最後に――

安藤由紀主宰の「人権ファシリテーター」は人権の仕事です。

人権意識を高くとらえることで、攻撃・いじめ・暴力を予防・解決にむけるサークル活動をしています。

被害を受けた人のお話を受け止めるご相談やボランティアをしたい方、支援職を目指す方のためのセミナーを行っています。

7月10日・17日・24日(土)午前9:30より12:00まで
特別価格でセミナーを行います、ぜひご参加ください。
https://resast.jp/page/consecutive_events/10133

夏休み前に子どもと一緒に「性教育はじめの一歩」受けませんか?
https://resast.jp/page/consecutive_events/11125

★oraciónサークルからお知らせ★

oraciónとはスペイン語で「祈り」という意味です。
人知れず悩む人の存在に気がつき、話を受け止め、アドボケイトする人材養成講座を初めます。
研修担当や子どもの人権を考えている方、ぜひご参加ください。



  

 

安藤由紀プロフイール
  「世界で平和活動をつむぐ1000人の女性活動家」2005年
   ノーべル平和賞にノミネートされた絵本作家、人権ファシリテーター



〇現在心療内科を受診中の方は主治医の了解を求めてください。
★興味のある方は、「人権ファシリテーター」のセミナーにお申し込みください 
https://resast.jp/page/consecutive_events/10133

安藤由紀の絵本

 私の唯一のベストセラー絵本、「とにかくさけんでにげるんだ」岩崎書店刊、
30年以上も前からアメリカ、カナダの予防教育に使われてきましたが、日本でも

31刷以上を更新しています。

 カナダに研修に行き、学校付きの警官スティーブからコピーをいただき、

その後翻訳する運びとなりました。ある日ある人から、

「読み聞かせしていたら、子どもが怖がるようになりました」と言われ、驚いて

「何回くらい読んでいますか?」と尋ねると、「毎日です」という答え。

性が怖いものなんだよ、とか、

子どもは狙われやすいんだよ、と大人が不安を持っていると、

緊張感や態度から「自分は狙われている」と伝わってしまうのです。

子どもの疑問に答えることは大人との信頼関係をはぐくみます。

暴力から身を守るスキルは、人生を平和に導きます。
いいたっちわるいたっち」は、小児科や児童相談所でよく使われていて、
子どもを恐がらせることなく、安心してプライベートゾーンを伝えています。

どうぞ、自信をもって、タイミングよく子どもに伝えてください。

そして、DV家庭の育った子どもが治療に乗るための最新作
ぼくのいのち」復刊ドットコム社より令和3年1月に新刊で発売中。

日本ではDVを説明する絵本がとても少ないのです。
それだけに問題意識をもって、公共機関での介入向けに作成しました。

 

今後の開催予定一覧
<b>犯罪から子どもを守り、人権意識を高めて非暴力社会へ</b>
Trainer
Expert
 
 
 oración
★予防と治療★ 人権ファシリテーター
絵本作家 
安藤 由紀
犯罪から子どもを守り、人権意識を高めて非暴力社会へ
 
目白大学現代心理学研究室修士課程修了
日本カウンセリング学会認定カウンセラー
一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会ガイダンスカウンセラー
☆経歴☆
「世界で人権活動をする1000人の女性たち」として ノーベル平和賞にノミネート

・16年間のCAPプログラム
・14年間神奈川県教育局の教職員の参加型人権ワークショップ
・東京都児童相談センター、ウィメンズプラザ主任専門員、子ども家庭支援センター

一人一人に丁寧にむきあう相談で人権講演や性教育など、わかりやすい講演が好評
母親のための性教育、絵本の読み聞かせなど多数
次の世代へ暴力を手渡さないファシリテータ養成を計画中
☆来談者中心、解決志向、ゲシュタルトなど混合技法の相談、強運のために数々の引き寄せ現象を体験

1996年~01年ブリティッシュ・コロンビア大学、JIにおける性的虐待・被害者支援の研修を企画
1999年メグ・ヒックリングの性教育ファシリテーター養成講座カナダで企画
2000年メグ・ヒックリングの性教育ファシリテーター養成講座日本で企画
2003年バーバラ・ベイン知的障碍者のための性教育講座日本で企画
2004年アニタ・ロバーツ「safe teen」日本で企画、他研修多数

>☆理念☆
暴力防止の知識と子育てスキルを高め、暴力の回復によりそいます。子どもが被害者にも加害者にもならない人権教育を広め、生きているものの尊厳を守れる社会がLIFE MISSON

めざすのは、すべての人がトラウマから解放される世界。結果的にだれしも完ぺきな人間にはなれませんが、いびつでも傷ついていても、あなたが幸福を実感するお手伝いをします。「自信がない」のは単純に「知識と経験がない」だけのこと、まずあなたのレジリエンスを..
 
 
 
 
 
Profile
Expert

 oración
★予防と治療★

人権ファシリテーター
絵本作家 

安藤 由紀

Trainer
リザーブストック公式認定トレーナー
Mission
犯罪から子どもを守り、人権意識を高めて非暴力社会へ
Senmon
カウンセリング わかりやすい性教育 子どもの人権 虐待 安藤由紀

目白大学現代心理学研究室修士課程修了
日本カウンセリング学会認定カウンセラー
一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会ガイダンスカウンセラー
☆経歴☆
「世界で人権活動をする1000人の女性たち」として ノーベル平和賞にノミネート

・16年間のCAPプログラム
・14年間神奈川県教育局の教職員の参加型人権ワークショップ
・東京都児童相談センター、ウィメンズプラザ主任専門員、子ども家庭支援センター

一人一人に丁寧にむきあう相談で人権講演や性教育など、わかりやすい講演が好評
母親のための性教育、絵本の読み聞かせなど多数
次の世代へ暴力を手渡さないファシリテータ養成を計画中
☆来談者中心、解決志向、ゲシュタルトなど混合技法の相談、強運のために数々の引き寄せ現象を体験

1996年~01年ブリティッシュ・コロンビア大学、JIにおける性的虐待・被害者支援の研修を企画
1999年メグ・ヒックリングの性教育ファシリテーター養成講座カナダで企画
2000年メグ・ヒックリングの性教育ファシリテーター養成講座日本で企画
2003年バーバラ・ベイン知的障碍者のための性教育講座日本で企画
2004年アニタ・ロバーツ「safe teen」日本で企画、他研修多数

>☆理念☆
暴力防止の知識と子育てスキルを高め、暴力の回復によりそいます。子どもが被害者にも加害者にもならない人権教育を広め、生きているものの尊厳を守れる社会がLIFE MISSON

めざすのは、すべての人がトラウマから解放される世界。結果的にだれしも完ぺきな人間にはなれませんが、いびつでも傷ついていても、あなたが幸福を実感するお手伝いをします。「自信がない」のは単純に「知識と経験がない」だけのこと、まずあなたのレジリエンスを自覚して、一緒に前に進みましょう


☆著書☆
新刊に「ぼくのいのち」(復刊ドットコム)、訳書「とにかくさけんでにげるんだ」(岩崎書店)はロングベストセラー、「いいたっちわるいたっち」(復刊ドットコム)は一般家庭の親子をはじめ小児臨床でも利用。『女の子のセイフティブック』(童心社)『暴力や虐待から身を守る』(ポプラ社)、『あなたはちっともわるくない』『わたしがすき』(復刊ドットコム)、『かおるちゃんの冒険 だれかたすけて』(世界文化社)『もうこわくない』(金の星社)、紙芝居『みんなでまもろう!たいせつないのち』の監修、創作(童心社)他多数。『子ども虐待・教師のための手引き』(共著/時事通信社)、『子どもたちと性』(共著/明石書店)『みんなの幸せをもとめて』(寄稿/東京都教育庁)他

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock