Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_ywe4nwrlmduwytg3y

【ゼロから学ぶ】
オンラインで
オープンダイアローグに
ふれあう会

このような方にオススメ
対話による本質的な治療効果を体感し、あわよくばその良さを周りにも広めてもらえる方
期待できる効果
多様性に触れることで新たな気づきが得られる
10744__1?1617844433
10744__2?1617844433
【参加費無料!】
フィンランド発祥の集団精神治療法
「オープンダイアローグ」がすごい

人は自分の心のクセに一人ではなかなか気づけない 
 
私はオンライン診療を専門とする医師です。
”距離は離れていても、いつでもつながることができる”
このオンライン診療という新しい医療を通じて私は、
患者さんが病気を自力で克服できるようにアシストするように心がけています。
 
しかしオンライン診療の経験を積み重ねていくにつれて、
私はこの方法の構造的な問題点に直面するようになっていきます。
それは「1対1の関係は共依存の関係になりやすい」というものです。
「共依存」というのは治療する側と治療される側という上下関係に過剰にとらわれてしまうような関係を意味します。
 
私が行おうとしている医療は
「患者さんが病気の概念から離れて自分の人生を取り戻してもらうこと」を目標にしています。
それなのに、オンライン診療で1対1の関係である限り、
私が一番成し遂げたいと思っている「患者さんの自立」を行うことが難しいというジレンマに気づいたのです。
 
そんな折りに知ったのがフィンランド発祥の精神療法「オープンダイアローグ」です。
 
結論から言いましょう。この治療を行うのに専門的な知識は必要なく、必要なのは人数です。
医療関係者である必要さえありません。この治療に興味のある人であれば誰でも参加可能です。
 
発祥地のフィンランドでは統合失調症というこじれた精神状態の患者さんが急性期(急激に精神状態が乱れて何をしたとしても不思議ではない危険な状態)であっても落ち着くことができたという実績があります。
一方で「心と身体はつながっている」という観点からみると、
この方法はあらゆる症状や病気に効果があると考えることができます
 
実践するには上記で示したようなコツを理解しつつ、実践を通じて慣れていく必要があると思います。
ですが、オープンダイアローグを勉強する場は限られており、
勉強会などへ参加するための費用もかなり高額である場合が多かったりします。
 
そこで「オープンダイアローグ」にもっと気軽に挑戦する仲間を集めたいという目的でこの場を作りました。
 

対等な対話は新たな気づきを生み出す
この会に参加してほしい方
  • 1 「オープンダイアローグ」について興味がある方
  • 2 原因不明の体調不良に悩まされていて、解決の糸口がほしい方
  • 3 対人援助のスキルを向上させたい方
  • 4 様々な人の価値観(多様性)に触れたい方(それを理解しようという気持ちのある方)


「オープンダイアローグ」とは?

「オープンダイアローグ」について学ぶのに非常におすすめしたい本があります。
マンガで「オープンダイアローグ」の実際について大変わかりやすく紹介されています。
是非この会に参加したいと思われる方は、この本を事前に読まれておくことをおすすめします。
 
単行本ー2021/3/15
まんが やってみたくなるオープンダイアローグ表紙
 
こちらの本で紹介されている「オープンダイアローグ」の5つの柱があります。
①対話を続けるだけでいい
②計画は立てない
③個人でなくチームで行う
④リフレクティング(患者に治療者を観察してもらう)
⑤ハーモニーではなくポリフォニー(誰かの意見を評価したり、みんなの意見をまとめたりせず、ただ様々な意見をありのままに共存させる)
 
「オープンダイアローグ」は治療でありながら「治そうとはしません
あくまでも「対話を継続する」ということに主眼をおく時間です。
この点についてまず違和感を感じる人も多いと思いますが、それがゆえに医療者でなくても実践できる治療法と言えます。
 
また「チーム」という言葉を誤解しないようにする必要があります。
医療の世界には「チーム医療」という言葉がありますが、これは厳密には「チーム」ではないと私は思っています。
なぜならば「チーム医療」は「チーム」と言いながら、実際には医師が頂点に立ったピラミッド構造となっており、医師以外の医療職は医師の指示に従うのが原則で、医師の一存によって全てが決定される仕組みとなってしまっているからです。
そうではなく、「チーム」とは対等な関係で一定の課題に取り組み合う集団のことを指します。
なので少なくとも「オープンダイアローグ」の場では医師である私のことを「〇〇先生」と呼ぶ必要はありません。対等な関係であることが重要なので、互いに「〇〇さん」などと呼びあってほしいです。
 
リフレクティング」と「ポリフォニー」が一番わかりにくく、
わかったとしても違和感を大きく感じるところかもしれません。
ですがこの2つは「オープンダイアローグ」を行う上でとても大切な部分です。
 
リフレクティング」とは、進行者の促しに従って相談者とその関係者は一旦話すのをやめ、
相談に乗るために参加している人達の中での意見のやり取りを相談者の方に観察してもらう時間のことです。
相談内容についての第三者的な意見を、通常であれば密室で行われがちなやり取りを、文字通り「オープン」に開示して相談者に新たな視点で新たな気づきを与えるきっかけを提供するところにこの方法の大きな価値があります。
 
そしてもう一つの「ポリフォニー」という概念といっしょに理解するとよいのですが、
相談に乗る側の人達は「リフレクティング」で相談者にそのやりとりを見せる際に、相談者を特定の方向に誘導しようとしてはいけません。
あくまでも相談者との対話を通じて自分が感じたことをチームの間で意見交換をします。
あるチームメンバーの特定の意見に他のメンバーが引っ張られて、一つにまとまるようなやり取りは「ハーモニー」といいます。
「ハーモニー」と言えば「調和」という意味でよいイメージがあるかもしれませんが、ここでの「ハーモニー」は特定の価値観の押しつけにつながってしまう避けるべき行為です。
 
どんなに異なる内容であっても、相手の意見を否定するのではなく、相手の意見を尊重するというのが「オープンダイアローグ」の参加者に一貫して求められる態度です。
自分と他者とは決定的に違っていて、意見は違っていて当たり前、だからこそ様々な意見は安易に同一化せずにそのまま浮遊させてその存在を尊重するというのが「ポリフォニー」と呼ばれる状態です。
「オープンダイアローグ」はこの状態をフラットな対話を通じて作り出そうという試みです。
 
なので言ってみれば、「オープンダイアローグ」を行ったからといって治るかどうかはわかりません。
相談者の抱える症状や問題が治るかどうかをそもそも目的にせず、おまけ、副産物、もし治ったらめっけもん、くらいの感覚で取り組む必要があります。そうしないと知らず知らずのうちに価値観を押しつけてしまうことになってしまうからです。
「オンラインでオープンダイアローグにふれあう会」当日の流れ
※60分くらいの時間で行います。

1.オンライン会議アプリ「Zoom」を用いて、オンライン上のミーティングルームに参加者は集まります(基本的に参加者は皆、ビデオON、ミュート解除の状態で参加してもらいたいですが、事情で顔が出せないという方はビデオOFFでご参加頂いても構いません)。

2.参加者の中で軽い自己紹介を行い、今回「相談者(相談する側)」が誰かを確認します。
(※参加申し込み時のアンケート結果を踏まえて、事前にメールで指名させて頂きます。その時の参加人数や開催時間によって相談者を複数名となる場合もあります)。
「相談者」以外は基本的に全員「相談に乗る人」として、「チーム」に参加してもらいます。

3.主催のたがしゅうの軽い促しから「対話」を開始します(例:「今日はどういったお話をなさりたいですか?」「今日ここに来ることについてどんなことを考えましたか?」など)。

4.「相談に乗る人」はできるだけ「相談者」にいろいろな質問をし、対話を続けていきます。
(※聞くことと話すことをていねいに分けることを意識します。相手の話を必ず最後まで聞くようにします。)

5.主催のたがしゅうの号令で「リフレクティング」の時間がはじまります。
(※促しの例:「これから私たちだけで話し合いますから、少し聞いていていただけますか?」)
「リフレクティング」に入ったら「相談者」は一時的にビデオOFF、ミュートの状態になって頂きます。そしてこれから「相談に乗る人」達のチームで行われる意見交換を観察してもらいます。
「相談に乗る人」達のチームは意見やアイデアを出し合って、一通りやりとりしたら、再び「相談者」にも加わってもらい再び「対話」を再開します(1回のオープンダイアローグの中で「リフレクティング」が複数回行われる場合もあります)。

6.終わりの時間が近づいて来たら、「相談に乗る人」の代表者がしめくくりを始めます。
(※促し方の例:「そろそろ終わりの時間が近づいているようです」
   「ミーティングを終える前に、もう一度お話ししておきたいことはありますか?」)

7.最後に「相談に乗る人」の代表者が「今日決まったこと」を確認し、終了を宣言します。
それに従って全員ミーティングルームから退室します。




参加される方へのお願い

    • お申し込みの際のメールアドレスは
      docomo, ezweb, softbankなど携帯会社のメールアドレスや、
      mac.com/ icloud.com/ me.comなどのメールアドレスでは受信ができないことがあります。
      比較的届きやすいGmailやYahoo!メールでのご登録をおすすめします。
    • 参加者側での運営の妨げになるような写真撮影、録音・録画については、会の運営に支障をきたすおそれがあるため堅くお断りさせて頂きます。
    • Zoomミーティングルームに入る際のお名前が本名と異なる場合は、申し込み時にZoomでのお名前を必ずお知らせ下さい。入室時のお名前について事前にお伝えがない、もしくはお伝えした後に変更された場合などは、参加者と認識できず入室をお断りさせて頂く場合がございます。申し込み手続き後のお名前変更等に関しては事務局(tagashuu@gmail.com)までその旨必ずお知らせ下さい。
    • 申し込みしたのに当日朝9時になっても何の連絡メールも届かない、あるいはZoomのトラブルなどが発生した場合は、緊急連絡先として下記のメールアドレスへ必ず御連絡をお願いします。事後報告でも構いません。内容に応じて対応を検討させて頂きます。tagashuu@gmail.com
人とつながることは、人を強くする!


「コロナ禍」と呼ばれる今の時代にこそ
人と人とがつながる重要性が再認識させれたように思います。

「孤独」は人を不幸にします。
ここでの「孤独」は「ひとりぼっち」という意味だけではなく、
特定の価値観にしばられて
他の考え方があることを知らずに過ごしてしまう意味も含んでいます。

一方でコロナ禍はオンラインの活用に目を向ける機会にもなりました。
「オープンダイアローグ」は本来対面で向かい合って行う手法ですが、
このやり方の持つ本質的な価値はオンラインでも再現できるのではないかと思います。

つながりにくい世の中になったからこそ
新たなつながりを模索する

多様性を受け入れあい、
互いに意見を出し合うことで
集団ならではの力が発揮され
人の力は何十倍にも何百倍にも大きくなっていきます

この活動は私一人では行うことはできません。
この「オープンダイアローグ」の価値を
是非とも一緒に感じてもらいたいと思います。

あわよくばそれが参加者全員に
新たな気づきを与えて、
よい変化をもたらすことを
切に願っています

「オープンダイアローグ」はとても奥深い対話方法です。
一緒に経験してみませんか?





【主催者プロフィール】
田頭 秀悟(たがしら しゅうご:ドクターたがしゅう)

たがしゅうオンラインクリニック院長
脳神経内科医。糖質制限実践者。日本東洋医学会専門医、日本ホメオパシー医学会認定医。
西洋医学の枠組みに捉われず、様々な医療について学んでいく中で、最終的に全ての外から与える医療は根本原因にアプローチできない対症療法に過ぎず、病気を根治に導くには食事と心の在り方を患者自身が見直し整える「主体的医療」が必要との考えに至り、その理念を広めるべくオンラインを主たるフィールドとして活動している。

 

 





10744__3?1617844433
10744__4?1617844433
Icon_f
ともこ 様
また参加します
ほんとに相手を理解しようと出来たか疑問です。上滑りになったような気がして反省中です。また参加希望です!
Icon_f
あかり 様
また参加します
たがしゅうさんのブログでオープンダイアローグについて初めて知り、すぐに参加させていただきました。興味本位で参加を決めたものの、自分にできるのか?意図せずルールを破ってしまうのではないか…と不安でした。
しかし、実際は大変和やかな雰囲気で行われており、率直に参加してみて良かった!と思いました。
ただ、私自身が良い対話ができていたのか…はわかりません。録画されてますので、参加者自身も振り返りができる..
Icon_f
ケイ 様
これはおススメ★★★
立場、経験、職業、年代、性別等が違う、様々な方々の率直なご意見が貴重でした。既知の友人知人とは違って新鮮な言葉として受けとめる事が出来ました。大切なキ-ワ-ドを得ました。深刻にならず終始和やか、明るい雰囲気でリラックスできました。
Icon_f
A・K 様
これはおススメ★★★
先日初めてオープンダイアローグ体験に参加させていただきました。

今回は相談される側としての参加でした。
普段から色々な意味で考え過ぎと言われることが多く、通常(特に初対面では)お話をするときはなるべく周りから浮かないように、自分の色を出さないように気をつけることが多いのですが、この体験会では多様性のある発言を受け入れていただけるので、今までにないくらい心のガードを下ろしてお話しできたように思..
317925_yzi2mmyxmtdmm?1620033025
片山 恭一 様
とにかく楽しかったー
はじめてのオープンダイアローグ、いろいろと新しい発見がありました。ぼくは普段からものを考えたり書いたりするのが好きで、それが半分は職業になっています。注文の原稿は、もちろん先方の要望に応えて書くのですが、それ以外に自分で考えたいことを考え、書きたいことを書くというほぼ毎日作業をつづけています。自分にとっては大切な作業なのですが、どうしても言葉が独りよがりになるきらいがあるようです。今回のように、普段..
Icon_f
たかださん 様
また参加します
オープンダイアローグは初めてでした。その場での自分の感情に着目するや、シンフォニーではなくてポリフォニーの考え方、リフレクティングなど、楽しく参加でき、自分にも発見がありました。
Icon_f
すー 様
楽しく学べました
聞き役だったので、相談者の悩みとどう向き合うかが最初は難しかったですが、
対話をすすめていくうちに少しずつ会話がつながり始めた気がしました。
まだオープンダイアローグ自体をよく理解していないので、傾聴や通常のカウンセリングなどとの違いなどいろいろ学んでみたいです。

Icon_m
けい 様
もっと知りたい
文章作成が苦手で頭もまとまらないので箇条書きで書きます。オープンダイアローグという場だからこその効果だったと思います。
・「自分は人に受け入れられない」というコンプレックスが非常に大きいという、自分でも知らない部分を発見した。
・私の状況がきついと思うと言われた時には少し良い気はしないと思った。しかし今の感情はそれを受け入れ共感してもらえて嬉しい。
・一対一で共感してもらえる事はあっても複数の..
Icon_f
K 様
楽しく学べました
今日はありがとうございました。
お二方からアドバイスをいただき、
自分の中で消化しきれていない部分の面積が少なくなったと思います。
(Zoomのチャットにあった方のアンケート、うっかり開かないまま退席してしまいました。回答できなくて申し訳ありません。)
Icon_m
じゅん(西山深草) 様
これはおススメ★★★
落ち着いたファシリテートで、初めてのオープンダイアローグでしたが、戸惑うこともなく入り込めました。
参加者の方々も傾聴をベースにしつつ、自分の意見も率直に出される方達が集まっていたので、中身の濃い対話になった気がします。
そういう意味で、オープンダイアローグを体験できる場としておすすめしたいです。
Icon_m
林やすむ 様
また参加します
興味深い試みに参加できてよかったです。
貴重な体験になりました。

あくまでテストなので、検討されている方は、あまり効果みたいなものを期待せずに、雰囲気を味わうぐらいのつもりで参加されるといいかと思います。

今回のコマゴマした感想は、長~くなったので記事にさせて頂きました!

https://suzukiblog.com/odreport01
Icon_f
さきゆう 様
また参加します
2回目のオープンダイアローグでしたが、世代を超えていろいろな方々と話を出来て良かったです。自分の考え&思いも 話す事が出来て良い経験でした。

また参加したいと思います。
311476_zjq2ztkzzti1m?1619273361
まごラボ 様
また参加します
貴重なふれあう会に参加させていただきありがとうございました。
ポリフォニーに慣れて、心地よく自由にオープンダイアローグを満喫できるようになりたいなぁと思いました。
今後ともよろしくお願い致します。
Icon_f
mimi 様
また参加します
先程はありがとうございました。自己紹介を抜きにすると、実質30分くらいだったでしょうか?すごく短くて消化不良な感じを受けました。
参加者さん全てに、これまで歩んできた人生の歴史を感じ、もっと意見を聞いてみたいな、話してみたいなという感じです。
自分ばっかり話しても対話にならないので、これでも遠慮してしまい話したいことが話せませんでした。
あと、自己紹介は、ニックネームだけにして、情報を少なくし..
Icon_f
伊藤 かよこ 様
楽しく学べました
今日はありがとうございました。

自分の話に対するほかの方のお話を聞きながら、
「あっそうそう」
「そうだった」と自分の内面に変化がありました。
視野が狭くなっていたことに気がつきました。

その他、率直な感想です。

たがしゅう先生のお話がちょっと長いように感じました(笑)
お気持ちはよくわかります。
特に今日のように時間があまりない時は、進めよう、まとめようと話すぎてしまい..
Icon_f
なお 様
もっと知りたい
 私のイメージは、やはり、精神的にまいっている人。人との繋がりが取れにくい人を対象とした副産物としての変化を求めていくものかなぁと思っていました。精神科以外の手法としても、対象者がどう変わっていくか、感じていくかだろうけど、ちょっとイメージがつかみにくいです。

 今回は、ポリフォニーでなく、ハーモニーに感じました。ちょっと、窮屈な感じでした。内容は素晴らしいとは思いましたが。

 会話であ..
Icon_f
みと 様
もっと知りたい
今まで患者の立場でしか考えていなかったという気づきがありました。それでも、患者の知識や調査が十分でなかったら、正しい判断ができるのだろうか、とも考えつつ。
それでも、異なる意見を伺うと、ひとりよがりになってはいけないと思いました。いろいろなところの方と同時につながるのはすごい。でも、患者としてできることをもっと知りたいと思う1時間でした。(福岡市在住です。伝え忘れましたが。)
今後の開催予定一覧
過去の開催状況
お問い合わせ先田頭秀悟
お問い合わせ先電話番号09094157019
お問い合わせ先メールアドレスtagashuu@gmail.com
一人でも多くの患者さんを病気から卒業させたい
Professional
 
 
たがしゅうオンラインクリニック オンライン診療医
田頭秀悟
一人でも多くの患者さんを病気から卒業させたい
 
保有資格
日本東洋医学会専門医
日本医師会認定産業医
日本ホメオパシー医学会認定医
日本神経学会神経内科専門医
英検準1級
柔道初段

「たがしゅうオンラインクリニック」院長

オンライン診療特化型完全自由診療クリニックを運営しています。

西洋医学の枠に捉われず、東洋医学は勿論、ホメオパシー、アロマテラピー、サプリメントなどの代替医療も駆使して患者さんの健康管理を遠方からサポートする医師です。

理念は「『医者が患者を治す』から『患者が病気を治すの医者が手伝う』」
根本的治療を施すことができる唯一の存在である患者本人が病気を克服するのを支える「主体的医療」の普及を目指しています。

ブログ、ツイッター、YouTube、メルマガ、Noteなど様々な媒体で患者自らが病気を治すために役立つ知識について情報発信中!
 
 
 
 
 
Profile
Professional
オンライン診療医

田頭秀悟

Mission
一人でも多くの患者さんを病気から卒業させたい
Senmon
オンライン診療 糖質制限 漢方 ホメオパシー 減薬

保有資格
日本東洋医学会専門医
日本医師会認定産業医
日本ホメオパシー医学会認定医
日本神経学会神経内科専門医
英検準1級
柔道初段

「たがしゅうオンラインクリニック」院長

オンライン診療特化型完全自由診療クリニックを運営しています。

西洋医学の枠に捉われず、東洋医学は勿論、ホメオパシー、アロマテラピー、サプリメントなどの代替医療も駆使して患者さんの健康管理を遠方からサポートする医師です。

理念は「『医者が患者を治す』から『患者が病気を治すの医者が手伝う』」
根本的治療を施すことができる唯一の存在である患者本人が病気を克服するのを支える「主体的医療」の普及を目指しています。

ブログ、ツイッター、YouTube、メルマガ、Noteなど様々な媒体で患者自らが病気を治すために役立つ知識について情報発信中!

  tagashuu600
B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock