Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

歌のことをうたっている。(メルマガで)

バックナンバー一覧

読みたい記事のタイトルを選択してください
♪ 583 夏休みがおわる。 2017/8/20 発行
♪ 582 ぼくも夏休みがほしい。
♪ 581 歌はどこからやってくる?
♪ 580 夜のコアラは、速いコアラ。
♪ 579 深夜放送の気持ち。
♪ 578「その日、いっしょにいた」という事実。
♪ 577 その美しさを見つける眼、形にする手。
♪ 576 夏の悲鳴。
♪ 575 二十一年前の 8月8日
♪ 574 作曲のふしぎ。
♪ 573「ウソ」の歌、「じか」の歌。
♪ 572 話したいんジャー。
♪ 571『魂うた』と円坐の先に。
♪ 570 いろんなところで、いろんな人に、いろんなことが。
♪ 569 だれのための勉強?
♪ 568 祭り!ボンバイエ!
♪ 567 あなたの中のシンデレラ。
♪ 566 君がいた夏は遠い夢の中。
♪ 565 おつかれさん、ギターガールズ。
♪ 564 あこがれ(そこに確かにあるもの)。
♪ 563 山の頂(とそこになかったもの)。
♪ 562 やっぱ、歌うのってめっちゃ楽しい!
♪ 561 必ず、最後に。
♪ 560 わからないまま終わる、そんなのはいやだ!
♪ 559 真夏の卒業式。
♪ 558 いい事ばかりはありゃしない。
♪ 557 眠りたい、もう眠りたーい。
♪ 556 夏休みの子どもたち。
♪ 555 好きな歌詞は、なんですか。
♪ 554 大事なのは「You、やっちゃいなよ」。
 
 
 
 
Profile
Professional

澤 祐典

Mission
” 歌と人とが出合う場所 ” 㐧二音楽室の活動を通して、歌う、書く、話すといった表現の中に現れる、歌と人のユニークさや可能性を追いかけています。
Senmon

歌 魂うた 魂と繋がる歌の唄い方 ボイトレ

父は楽器の営業マン、母は元歌手で、幼い頃から歌が身近にありました。
自作のカセットテープを作ったりランキングに胸をおどらせたり、小学生の時には風呂場で唄って苦情が来たし、高校の授業をさぼってカラオケに行き、何度も先生に怒られていました。

それでも唄ってしまいながら、自分にしか分からないような気持ちを歌に励まされて暮らしてきました。そのせいで、どんな宗教よりJ-POPの歌詞を信じてしまっているところがあります。

それらの歌は「生きていることには価値があるよ」と言っているように僕には聴こえました。

就職して退社して、社会起業、インタビュー、福祉と関心を追いかけて、結局、原点である歌の仕事をすることになりました。その場所が「㐧二音楽室」です。

いまは『魂うた®』『歌の稽古場』『歌と相談室』の三つを手がけています。

表現を通して、歌のこと、ご自身のこと、そして、欲を言えば、人間とか人生についても「いいなあ」あるいは「捨てたもんじゃないな」と感じてもらえる体験を提供できたらと思っています。

  fantasista.sound
B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock