ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュースレターバックナンバー

読みたい記事のタイトルを選択してください

send  変化や回復への「抵抗」とは、ワークやカウンセリングがすすむがゆえに表れます。
send  ACを対象とした個人カウンセリングと集団心理療法の併用を実践研究してます。
send  皆と同じでなくていいのです。私たちは他人になろうとする時に苦しむのです。
send  未解決、未達成の苦しみを生み出すしくみに気づくことはACカウンセリングにおいてひとつの着地点と言えます。
send  波と風が遠い海洋を思い起こさせる湘南ビーチです。
send  さて、ACの回復とは人間関係の変化と言えます。その人間関係には「自分自身との関係」が含まれます。
send  さて、この夏に、「ACを自覚しているおとなたち」むけのミニミニエクササイズなどをひとつ。
send   「不安」とは、良くない感情なのではありません。「自分のもの」として気づくことで、自分を守る力や他者と親密になる力となるのです。
send  ACの力とは:自分が誰なのか?知ろうとする力 
send  ACI:アダルト・チルドレン インテリジェンス(ACという生きる力、知恵、自覚)@ZOOMミーティング5/4
send  このいまの気持や心の動きとは、自分自身にとってどのような栄養になるだろうか?
send  アダルト・チルドレン(AC)の回復と変化「罪悪感」のワーク
send  コロナ禍を、家族、夫婦の相互理解を見直す機会にできる支援ができれば幸いに思います。
send  アダルト・チルドレン(AC)のカウンセリング、ワークの流れをまとめています。
send  コロナ禍において長年見ないでおいた「家族関係問題」があらわになっているのかもしれません。
send  2021年 できる限りの感染対策をしながら、いま、ここで起こっている、心の動きに気づきを向けて、。
send  どのような過程を経て、お酒は、依存症に進展するのだろうか?
send  アルコール依存とアルコール依存症、ACカウンセリング
send  ACの変容とは、他者になるのではなくて、ほんとうの「自分自身」になる道のりです
send  ACの力を肯定するセッション ac-alive-041 感情は心と体を結びつける。
send  家族内ストレスは、家族内で包摂しなければいけない?? 処理しなくてはいけない??
send  この夏の研究テーマ、共依存の再定義と自己愛パーソナリティ、その2
send  この夏は共依存の再定義と自己愛パーソナリティについて研究しています。
send  『ACという生きる力』ー自分の専門家になるー 連載エッセイはじめました。
send  ストレスや身体感覚、疲れや疲労感、抑うつなどもただたんに、排除したり、発散するだけのものではないと体験することは癒やしの体験となるでしょう。
send  ストレス下では、自分自身へ共感を寄せる時間をもつと良いプロセスとなります。
send  家庭を持つことへの強い抵抗感は過酷な生い立ちが影響?
send  ACに関連するネット記事には誤解や偏見を招くものが少なくなく、(例えば、大人になりきれない人格、病気、など) それらと一線を引く。
send  さまざまな理論基盤を、ACの回復、パーソナリティの変容、人世の再著述に持ち込もうというトライをしています。
send  ストレスを栄養にする〜「ACという生きる力」