Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association_aa Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
松村亜里
認定講師
()
24949_mt2r25x0q5cvujfx6bopww_thumb_58
子どもと大人のいい関係をつくること
NYライフバランス研究所 認定ファシリテーター
ウェルビーイング心理教育アカデミー 認定ナビゲーター
2級建築士 いま私は、地元から遠く離れた千葉にて夫と2人働きながらの子育てをしています。
2人の子ども達は生後6ヶ月で保育園に入れました。助けをすぐに頼めない子育ては、どんどん私を追い込んでいきました。
 さらに次男が大きくなるにつれ、兄弟双方が違う主張をするようになり、一層イライラを抱え込み、途方にくれる毎日。。そのうちに私が怒る前に、夫が怒るようになり、、、楽しい家庭が遠くなっていくのがわかりました。
 もう怒鳴るしか方法がない自分は嫌だ!穏やかだったはずの自分を取り戻すべく、子育てを学びにでかけました。そこで出会ったのが松村亜里さんでした!!
 そこで子育てを初めて学び、親から聞く子育てとは全く違う世界を知りました。
子育てはアップデートしていくべき!という信念が生まれ、学んでは実践することを続け、並行してコーチングも学ぶ機会を得て、自分のマインドが変わり、関わり方が変わりました。今では「忙しくなるから今のうちにしっかり学んできて」と夫が言うほどです。ヒステリックに怒鳴ることも劇的に減り、おだやかな自分を取り戻しました。
 この経験を、同じようにキレたくないのに他の方法がわからない方へ伝えたい気持ちがあふれてきて、子育てを学んで、つながることが変化をもたらすことを伝えていこうと決意。2019年4月より子育て講座を始めます。
27659_awe_prof2019
自分で自分の幸せを創り出すことのできる子どもと親が増えること
ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター
ウェルビーイング心理教育アカデミー認定ナビゲーター WEBデザイナーとして10年間WEBサイトの新規作成、修正業務に携わる。

長女のイヤイヤ期に子育てに悩むようになり、それをきっかけに子育てだけでなく、より良い人間関係の構築について多角的に学ぶ。
特に子どもとの関係性については、子どもと親が一緒にいて笑顔でいられる時間を増やすために、今すぐにでもできることがたくさんあると知り、試行錯誤しながら実践していくことで、知識が自分を助けてくれることを子どもと過ごす日々の生活で実感。

我が子との関わり方に悩んでいる人に向けて、子育てに役立つ知識を例え話を用いながら、わかりやすい内容にして伝えられるよう、伝え方などの工夫を意識している。

目標は、自分で自分の幸せを創り出すことのできる子どもと親が増えていくこと。

夫。娘、息子は共に小学生。4人暮らし。

VIA-IS(強み診断ツール)トップ5は、審美眼、愛情、感謝、スピリチュアリティ、好奇心。
認定講師
()
26171_img_9038
異文化で暮らす親と子に、自分らしく楽しく生きていけるお手伝いができたらと思っています。
NYライフバランス研究所ファシリテーター
NPO法人マザーズコーチ・ジャパン認定コーチ

2000年に渡米し、8歳と4歳の男児の母。
NYの郊外・ハリソンで安心安全な場所で好きなことを通して繋がれる場所 Salon de Magnolia を開催し、子育てをするお母さん達が充実した時間を送れる空間の提供。
ポジティブ心理学を知るとこで、子育てが楽しくなる!
NYライフバランス研究所のファシリテーターとして、世界に通用する子供の育て方のペーシック講座などをお伝えしています。
異文化で暮らす親と子が自分らしく楽しく生きていけるお手伝いをしていきたいと思っています。

■VIA-ISのTop5
*愛情*好奇心*審美眼*感謝*親切心
28371_img_7999
ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター
ニューヨーク在住20年以上。16歳の息子と主人の3人暮らし。


私がずーっと子供が小さい頃から考えてきた事が『子供の幸せ』でした。それほど裕福でなくても、家族楽しく笑って生きている人たちは沢山いる反面、学歴がありいい会社に就職し裕福なのに幸せと感じられない人も。幸せな人生って何だろう?と。

そして出会ったのが、ニューヨークライフバランス研究所代表、松村亜里さんのポジティブ・ペアレンティング講座でした。『息子はもう15歳なのに今更子育て講座受けてもなーっ』て思いつつ、思春期の脳の発達などに興味があったので、思い切って受講したのが2018年の1月からのペアレンティング講座でした。相手の年齢にかかわらず、全ての対人関係に使える内容。そして何よりも彼女がコミットしているのが人の幸せ。幾つからでも遅くはないと勇気付けられ、その後も学び続け、5月にはファシリテーター養成講座も終了し、講座やサークルを開催できるようになりました。

自分の強みの好奇心をフル活用して親子関係だけに留まらず、ポジティブ心理学xで世界を広げて幸せを伝染させて行きたいと思っています。

27886_img_9527
強みに注目してフロー体験を促し、創り出す喜びを分かち合いたい。
NYライフバランス研究所ファシリテーター  /   二級建築士 企業のデザイン部門で、公共空間をデザインするプレゼンテーション業務をした後、出産1年目で退社。デザインの世界から完全に離れる時期が長く続く。

家族の赴任で思春期の息子と共に渡米、異文化の中で奮闘する息子を理解する術を探すうち、2013年に松村亜里先生の異文化子育て心理学講座に出会う。継続的な学びから、口も手も出しすぎる統制的な子育てを手放し、子供の発達段階を理解し、見守り支える子育てスタイルに変えることができた。同時に、家族や周囲の人間関係が、格段に楽になると実感した。
この時期にNeedle felting & Fiber Artに出会う。上質で美しい色の羊毛と、ユーモア溢れる人びとに囲まれて、創る楽しさを再認識した。片道3時間半のハイウェイを飛ばして工房に通い、技術を習得、帰国後も制作を続けている。

ウェルビーイングを実践することと、創作活動は両輪。
自分の幸せに責任を持ってどう行動するか決めていい事。創る喜びを取り戻し、変化し続けられる可能性を感じている事。これまでの気づきを多くの人たちと共有したい気持ちが膨らみ、NYライフバランス研究所のファシリテーターとして始動する。
VIA-IS(強み診断ツール)トップ5は、審美眼・愛情・好奇心・親切心・誠実さ。
27841_photographykのコピー
ウェルビーイングやポジティブ心理学の視点を育児に生かしたい!
ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター(認定講師)
一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミー心理教育ナビゲーター(認定講師)
幼児教育アドバイザー
子ども向け7つの習慣体感ゲーム『7つの秘宝』公認ゲームエデュケーター
アンガーマネジメントキッズインストラクター
ママライター
某市子ども・子育て会議委員
すみだ女性センター運営委員会委員
元公務員 夫はカナダ人、一児の母。
子どもの頃はスポーツが得意で、特に好きだった対戦系のスポーツは、声かけや心持ちが結果に影響すると気づく。
大学時代は国際関係学と教職課程を専攻。
多様性や適応の重要性を学び、親業(ペアレンティング)と出合う。
独身の頃から育児などの人を育てることに興味があり、絵本や育児本を買い集める。
18年間の公務員生活では、述べ2万4千人に対応。
その間に共感、自律性、相手への畏敬の念の大切さを実感する。
結婚10年にして念願の出産。
在職中は週末婚でワンオペ育児を経験する。
赤子を一人で育てるのは大変と実感し、さらに学びを続ける。
保育園での懇談会では今までの学びが他の保護者の役に立ち相談会状態となり園長に感謝された経験も。
夫の海外赴任でイギリスに在住。
イギリス最大の子育て支援団体でボランティア活動。
また、ママライターとしてイギリスの子育て事情を伝える。
夫の仕事と子どもの進学の関係で退職。
住み慣れない土地での育児に戸惑う最中に松村亜里や著書『世界に通用する子どもの育て方』と出会う。
最新のエビデンスに基づいた内容に感銘を受ける。
現在は、ママライター、幼児教育アドバイザー、バイリンガル育児実践家など、何足ものわらじを履きながら、ウェルビーイング育児の普及活動をする。
オンラインだけでなく、墨田区や東東京を中心に、ポジティブ心理学やウェルビーイングの視点を育児に生かす学びの場を主宰している。
VIA-IS(強み診断ツール)トップ5は、創造性、好奇心、感謝、ユーモア、審美眼
認定講師
28383_13040919_125829931153747_1476320244625989764_o
自分も楽しく人の役に立つこと
ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター/ 認定講師

今年でNYに住んで25年目、NYで生まれ育った息子達も22歳と18歳となりました。2016年1月に初めてとった亜里先生の講座は”なりたい自分になる7つの科学的なステップ”。それ以来数々の講座を学んできました。子供達の14歳から22歳の思春期反抗期、それを経ての成長を心理学を通して見守られたことは貴重な体験だと思っています。今の心境は”思春期どんとこい!” その多くの学びと今までの子育てを結びつけて検証できた事。そして人生半ば過ぎて社会貢献したいという気持ちがシンクロして今の活動に至っています。

ルーズベルトアイランドで始まったPPC(ポジテイブペアレンテイングサークル)もこの9月から3年目です。PPCでは心理学の理論をベースに、その科学的なリサーチ、それを活かした親の関わり方という3つの要素で構成されています。どう日常で実践していくか、ママたちが自ら具体的に日々行動ができるようにお伝えしてきました。今ではフォレストヒルズの2箇所で開催して30回を超えました。ここでいろんなママ達に会い小さな行動や捉え方で人がこんなに変われるんだということを実感しています。

知り合いもいない中での乳幼児と向き合い夫との想定外のすれ違いを感じてる新環境での新米ママ、あるいは長い間の海外生活、子供達の日本語と英語問題や思春期を迎えての我が子とコミュニケーションがうまくいかないなど、異文化の中で子育中の母親ならではの悩みや試行錯誤があります。母達が世界のどこにいても自分らしく過ごせることをサポートできればと思っています。
25350_プロフィール写真
難しい子育てをしている女性のレジリエンスを高めること
NYライフバランス研究所認定ファシリテーター・ウェルビーイング心理教育アカデミー認定ナビゲーター・ライフオーガナイザー®️・メンタルオーガナイザー®️・アンガーマネジメントファシリテーター
自閉症スペクトラム一家の母。1995年長男が知的障害のある自閉症だと診断された当時、何もわからず、できることが見つからず、どこへ行っても具体的に実行可能で効果的な方法を知ることができず途方に暮れる。その数年後次男も知的に遅れはないがアスペルガー症候群であると診断される。
試行錯誤を繰り返しながら「発達障害のある子供は何に困っているのか」「私には何ができるのか」「どうすれば自分が元気になれるのか」を探し学び続け、自閉症スペクトラムの家族という視点からの穏やかに暮らすためのポイントを知る。
その後学んだライフオーガナイズの考えが2人の発達障害の子どもを育てるために学んだ「環境を整える(物理的構造化)」という考え方とリンクすることから、学びを深め今までの経験をもとに、昔の自分と同じ状況の母親への「思考と空間のお片づけ」のサポートとセミナー等の活動を始める。その中で発達障害ではない家族でも同じような悩みを持ち、自身が伝えている内容が役立つとたくさんの感想をいただく事になる。多数依頼を受け地元以外の日本各地でも講演活動を行う。
活動を続ける中で環境を整えるだけでは改善されない人が多くいること、自分の心の状態を整え、それを維持していくことがとても大切であることを知りメンタルオーガナイザー®️を取得。
2017年からはウェルビーイング心理教育アカデミー、NYライフバランス研究所でポジティブ心理学の学びを始める。2018年からはファシリテーターとして自宅で定期的にポジティブ心理学のスキルとエビデンスをおすそ分けする"Happy with"サークルを始め、年間のべ200数十名が参加。2019年10月よりNYライフバランス研究所認定講師として活動。
VIA-IS(強み診断ツール)トップ5は希望、好奇心、誠実さ、忍耐力、勇敢さ
27850_dsc_42792
命を輝かせて生きる喜びを感じる人がひとりでも増えるように
国家資格キャリアコンサルタント
JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザー
22998_image_original-13
コントロールを手放し、親子の良好な関係性つくる
◇ニューヨークライフバランス研究所 
 ファシリテーター 
◇一般社団法人 ウェルビーイング心理教育アカデミー
 ウェルビーイング心理教育ナビゲーター
◇一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会 
 アンガーマネジメントコンサルタント
 

☆結婚を機に専業主婦になり、2児の母となる。
(現在は、22歳と17歳)

 子供を思い通りに育てたい!!
専業主婦で子供といつも向き合うことが幸せなこと!!
子供の評価が、母親である私の評価!!
そんな子育てを頑張ってました。。

しかし、理想とは違う、うまくいかない子育て。

低い自己肯定感と高いプライド。

穏やかな子育てとは、程遠い日常生活でした。
うまくいかない子育てに自分を責め、悩んでいました。

この苦しさから逃れたい一心で子供との関わり方について、
たくさんの本を読み、セミナーに行ったり、全力で学んでいました。

そんな中、ウェルビーイング、ポジティブ心理学に出会う。

ポジティブペアレンティングを学び
私の子育てや子供との関わりにも大きく変化がおこったのです。

私自身、精神的、身体的、社会的に健やかに過ごせるようになり、
自分の幸せを創造できるようになったのです。

それまでずっと外に幸せを求め、探していた私が、
外にでなく、自分自身の中にあることに気づきました。

現在、理論とエビデンスを元に子供との関わり方を学び、
自分の子育てに実践してみるポジティブペアレンティングサークル(子育てサークル ままわっか) を開催。

ママ自身がポジティブもネガティブをまるっと受け入れることによって自分自身の自己肯定感が上がります。

ウェルビーングな子育て。
精神的、身体的、社会的に健やかな子供になって欲しいと思ってます。

親が子供に「そのままでいいんだよ」と言ってあげられる子育て。
自律性を育み、多様性を大切にする子育て。

そんな家庭で育って子供たちは、繋がりを大切にし、未来に希望を感じれます。
25187_img_9175
自ら幸福を創造し、その幸福感が周りに伝わる繋がりを大切に。
NYライフバランス研究所ファシリテーター 夫の仕事の関係でNYに滞在したおり、松村亜里先生の講座に出会う。在米中の4年間、開催される講座を欠かさず受講。より多くの方に松村亜里先生のエビデンスに基づいたスキルや理論をご紹介しようと、NYライフバランス研究所ファシリテーターの資格を取得。ニューヨーク郊外のウエストチェスター・ハリソンでポジティブペアレンティングサークルのファシリテーターとして活動。日本に帰国後は、NYライフバランス研究所のプログラムコーディネーターとして従事。現在は、東京在住。子どもは、19歳(息子)14歳(娘)10歳(息子)の3人。家族の強みに注目して、自分の幸せを創造し、ウェルビーイングな生活を目指しています。
コミュニティオーガナイザー
26517_img_1991
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
■NYライフバランス研究所
オンラインサロンAri's Academia
コミュニティオーガナイザー

■NPO法人マザーズコーチジャパン
認定マザーズコーチ・体験講座講師

■ハワイライフを楽しむローカルコミュニティ
「Hale Aloha(ハレアロハ)」主宰
⠀ ■プロフィール■
大学卒業後、総合商社に勤務。投資管理、政府事業入札などに従事。プライベートでは独身寮の寮長として寮生のお世話を楽しんだ。人が好きで、人と話をすること、交わることに喜びを感じるタイプ。好きなお笑い芸人はサンドウィッチマン。

今に至るまではコチラ⬇︎

【転機1】
商社で携わる案件は規模が大きく、意思決定のプロセスも複雑。そんな環境でイマイチ自分の活路を見出せずに数年を過ごすが、入社4年目、投資先である出版社への出向となる。出向先では、経営企画、営業企画の仕事に従事。
商品開発や販促など、自分の考えを求められ、アイデアを練ること、それを周りとシェアすることの喜びを知る。商社時代、出版社時代ともに、熱い人、あたたかい人、優しい人...など出会いに恵まれ楽しい20代を謳歌し、結婚。

【転機2】
2012年、二度目の育休中にNYに転居(夫の転勤)。乳飲み子二人を連れて異文化での子育てを開始。初めての海外育児に孤独と不安を感じ始めていたころ、最初の「コーチ」と出会いマザーズコーチへの道を歩み始める。コーチングを親子関係に取り入れ「強みを活かす子育て」「楽しい子育て」を推進するマザーズコーチジャパンにて、マスターコース修了。2016年より認定コーチとなる。

【転機3】
2016年、ハワイに転居。留学を含め3回目のアメリカ生活にして、まさかの自分が適応に大苦戦する事態に。日本への帰国、療養を経て、翌年ハワイに戻る。結婚後10年間に7か所での子育てを経験したことからも、新しい土地での適応や育児の大変さを実感、「自分をいい状態に保つ」ことの重要性に気づく。この流れで「ポジティブ心理学」に興味をもち、2017年からはニューヨークライフバランス研究所で「ポジティブ心理学」「ウェルビーイング」の学びを継続。ハワイではローカルコミュニティ「ハレアロハ」を運営。
カウンセラー
27451_img_73391
エンパワメント
・臨床心理士
・NLPマスタープラクティショナー 日本の大学を卒業後、渡米。大学院2年目には、NY市立病院の精神科や、大学院付属のカウンセリングセンターなどで、臨床経験を積む。コロンビア大学ティーチャーズカレッジにて、カウンセリング心理学・修士課程を修了。

帰国後、外資系コンサルティング会社に約5年間勤務。コンサルタントとして、システム構築のプロジェクトや、人材育成や組織・風土改革などのプロジェクトに関わる。

その後、カウンセラーに転職。EAPの会社にて、電話相談や対面カウンセリングを実施、メンタルヘルス研修も行う。また、EAPコンサルタントとして、EAP導入や実施の際には、企業の人事・労務担当者をサポート。この時期に、NLPプラクティショナー、NLPマスタープラクティショナーコースで学ぶ。

臨床心理士資格を取得し、結婚により渡仏。以後、フランス在住。2人の娘を出産し、子育て中心の生活を送っていたが、約2年前より臨床活動を再開、オンラインにてカウンセリング及び、コーチングを提供。この間に、約300名の方に700セッションを実施。
 
 
 
 
Profile
Expert

松村亜里

Mission
幸せを自分で作り出せる人が増える
Senmon
ポジティブ心理学、ウェルビーイング、ニューヨーク、支援的な子育て、ストレングスベースド

臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー 1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びた..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock