Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association_aa Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
とにかく明るい性教育【パンツの教室】
代表理事
()
14787_23472086_344739305936466_8152711511912405044_n
日本中に命を語り合える親子を増やすため
マスターインストラクター
18329_628de3db-5dd1-4663-ac2d-fe11f1b60d62
日本でも当たり前に家庭内で性教育を伝えていく文化をつくることを目指しています
「パンツの教室」マスターインストラクター
親勉・親勉チビーズシニアインストラクター
「出会い」「交流」「学び」を通してお母さんを応援するYamama meeting主宰
介護福祉士

マスターインストラクター
23221_s6wk4usg
子供とお母さんの笑顔を増やす
鹿児島県在住。料理教室”Smile Kitchen”主宰。
スーパーで買える身近な食材で、簡単・時短で見栄えのする、そしてもちろん美味しい料理レシピに定評があります。

また、とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターとしても活動中。
タブー視されがちな「性」の話。
ですが、それを親から子へ当たり前に伝えることは、

・自分自身を大切にできる子
・他者を大事に思える子
・自分の身を自分で守れる子

を育てることに繋がります。
性は、人生を輝かせることも、逆に狂わせることもある「諸刃の剣」。
だからこそ、親子で楽しく明るく「性」について語れる関係を築いてほしいという思いから、講座や講演会で、我が子に伝える性教育の方法をお伝えしています。

プライベートでは8歳・5歳男児、2歳女児の母です。
シニアインストラクター
22674_プロフ
『パンツの教室』を通じて家族の笑顔を増やしたい
看護師・保健師・健康管理士
三重県初!とにかく明るい性教育パンツの教室インストラクター 2人の男の子の母親です。
看護師としてNICU勤務経験あり。保健師として長年健康相談業務・保健指導・育児相談に携わり、出会った親子は1000組以上。

でも相談にのるのは得意でも自分の子育てには自信がありませんでした。
職業柄、知識はある。けれど、特に性にオープンな家庭だったわけでもなく、いざ自分が子供たちに『性』を伝える方法がわかりませんでした。
そこに出会ったのが「とにかく明るい性教育パンツの教室」。

パンツの教室で学べば学ぶほど、性=命であることを痛感しました。

これは子育て・孫育てされている方全てに伝えたい!!そんな思いでインストラクターになりました。
『パンツの教室』は子どもの笑顔を、未来を守る講座です。
こんなに楽しい講座、他にはない!という思いをお伝えしていきます。












シニアインストラクター
23027_88500ea1-b022-4f23-b6db-659985471eec
子ども達の将来が明るくあるように!!
2017年
 ゲートキーパー研修修了
2018年
 パンツの教室 3か月アカデミー卒業
 パンツの教室 インストラクター養成講座第一期修了
シニアインストラクター
22955_顔写真4
お母さんだから我が子に伝えられる命のお話、それが明るく楽しい性教育「パンツの教室」です。1人でも多くの子供達が自分のことを自分で守れるような知識を持てるように活動しています。
看護師免許・保健師免許所有。 愛知県出身、愛知県岡崎市在住。4歳息子と2歳娘、夫
の4人家族。看護師・保健師資格所有。
県立病院看護師として17年間在籍。内科、外科、緩和ケ
ア(ホスピス)科を経験。患者様はご家族にとって、た
だそこにいるだけで大切な存在。そんな、温かいご家族
をたくさん看てきました。
35歳で息子を産んだ時、産休直前まで大きなお腹で勤務
していた私は、「産むことも、生まれることも凄いこと。
だから、あなたはそこにいるだけで尊い存在よ。」と、
命の大切さを我が子に伝えたいと、心から思いました。
しかし、医療職であり知識はあるにも関わらず、息子が
3歳半をを過ぎた頃、自己流の性教育に限界がきました。
「おかあさん、せいしとらんしがなかよくすると、あか
ちゃんなんだよねー!」買い物中に出たその発言に、思
わず「しーっ!」と言ってしまったのです!
そこから、「子どもにどこまで詳しく伝えていいの?」
「性教育のゴールは?」「他の人に会話を聞かれたら恥
ずかしいと思う気持ちはどうしたらいいの?」と疑問が
湧いてきました。
そんな中で出会った「パンツの教室」。
今では、子どもからの質問や発言をワクワクしながら待
てるように。我が子がさらに愛おしくなる、そして、子
どもだけでなく母親である私自身の自己肯定感も高まっ
ていく性教育。我が子に自分の力を信じて、人生を楽しく切り開いていって
欲しいお母さんにお伝えしたいと思います。
シニアインストラクター
22299_b2d42c05-6f4d-4395-a1b1-e2f481d5aec5
性=命を語り合える親子を増やし、性犯罪を減らす
看護師として国立大学病院、県立病院で15年間勤務。様々な部署を経験し、担当した患者は1500人以上。患者だけでなく家族との関りを大切にしてきた。現在は企業の医務室に勤務。
ダブルワークでパンツの教室インストラクターとして2018年4月から活動開始。 1980年広島県三原市生まれ。
現在は広島県広島市在住。
4歳女子と2歳男子の母。
親は遠方&高齢、夫の帰りは遅い、ダブルワークと
負担重めなワンオペ育児真っ最中。

子どもが二人産まれてから、
「どうやってこの子たちを守ればいいの?」と
不安になっていたところに、家の前の道で
うちの子とよく遊んでくれる近所の子が襲われそうになる。

悩んだ末
「子どもたちが自分で自分の身を守れるようにするしかない!」
と思い立ち、パンツの教室を受講。

「パンツの教室を広めることで性犯罪を減らすことができる!」
と確信してインストラクター活動を決意し、今日に至る。

好きなことは読書、スノーボード(結婚してから行ってないので
もう滑れないかも!)。
大好物は子どもたちのほっぺた♡
目下の夢は、秋の韓国グルメツアー!
シニアインストラクター
22929_s__36929542
子ども達の笑顔と未来を守る!思春期になっても何でも話し合える親子の笑顔を増やす!
埼玉県生まれ、埼玉県育ち。8歳の娘、6歳の息子、4歳の娘の母。

母とは比較的仲が良く、昔から恋愛相談もしていた私ですが、
一番聞きたかった性に関する相談はできませんでした。

それは、家族でテレビでを見ている時の
Hなシーンが流れてくると気まずくなる雰囲気に
「性の事は母に聞いてはいけないんだ」と
子どもながらに感じ取っていたからです。

自分が結婚して子どもを授かってから知った
妊娠・出産に関するトラブルや
身近に感じるようになった
ニュースで流れる性犯罪や性被害の話。

いつ我が子が性被害にあったり、加害者になるか分からない
だからこそ

我が子には正しい知識を持って幸せな妊娠・出産を迎えて欲しい
絶対に性の被害者にも加害者にもなって欲しくない!
そう、強く思うようになりました。

しかし、
親からも学校でも教わっていない。
どうやって伝えていく?
どこまで伝えたらいいの?

性教育に対して分からないことだらけだった私。

しかし、とにかく明るい性教育「パンツの教室」に出会い

性や命、防犯の話を子ども達に明るく楽しく伝えられたことで、
子ども達との会話も笑顔も増えました!
夫婦間の会話も。

性教育で子ども達の笑顔と明るい未来を守りたい!
子どもが思春期を迎えても何でも笑顔で話し合える親子を増やしたい!

そう思いインストラクターとして活動しています。
シニアインストラクター
24260_b4eef267-a95c-408a-bcba-c848e1d11d66
『あなたの存在そのものが大切』お母さんから我が子に性教育を通じて伝えてもらって、笑顔の親子を増やしたいです。
千葉県船橋市在住の
とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクター
 
出身は『お笑いの町大阪』
 
独身時代は、
生みの母と育ての母2人の
3人のお母さんに育ててもらっていた。 
3歳で生き別れした母のことは、今でも鮮明に覚えている。

兄弟は4人。兄以外の弟と妹は生みの母が違うが、
ビックリされるくらいの仲良し。
 
小さい時から子供好きで、
自身も結婚後すぐに望むが、願いは叶わず不妊治療10年の末、待望の子供を授かれた。
 
待望の子供を2人授かったものの、独身時代に3人のお母さんの顔色をうかがって育ってきた私は、我が子への『愛情表現』に悩む。
 
フェイスブックで【パンツの教室】を知り、
これだ!!と感じて体験会を受講後に我が子に性を通して『愛』を伝える。
 

毎日伝えていると、子供の笑顔が増えたことに気づく。
私が求めていたもの『あなたの存在そのものが大切』
伝わっていることを実感。
我が子への愛情表現に悩んでいるお母さんに伝えたいと強く思い、
とにかく明るい性教育『パンツの教室』インストラクターとなる。
 
 
家族や周りの大切な人の笑顔をみたい!
我が子の笑顔を見てもらって、
お母さん自身にも笑顔を増やしてもらいたい!!
 
このような思いでインストラクター活動をしています。
シニアインストラクター
24327_くぼたまさこ(2)
家庭内で性教育を伝えることを当たり前の世の中にしたい
医療系や保育系といった特別な資格をもたない、どこにでもいる一主婦の私でもできる性教育、それが「パンツの教室」流性教育です。

大切なことだからこそ、きちんと子どもに伝えたい、
でも恥ずかしさが先に立ってなかなか伝えられない、
タイミングが分からない、

そんな風に悩むお母さんに、おうちで簡単にはじめられる性教育をお伝えする講座の講師をやっております。

100人いれば100通りある出産までの道のり。
私は2人の子どもを出産するまでに、
流産、2年間の不妊治療、5日間にも及ぶ本陣痛との戦いを経験しました。
いのちの誕生は簡単なことじゃない、と実感すると同時に
自分のカラダのしくみさえきちんと理解していなかった自分が情けなくもあり、恥ずかしくもあり、性教育の重要性を感じるようになりました。
だから我が子にはちゃんと伝えたい。
そう思っても、親からも学校からも十分に教わってきていない性教育を「どのタイミングでどんな風に始めたらいいの?」「そもそも医療系の知識がないのに伝えられるの?」
そんな疑問がふつふつと沸いてきた時に出会ったのが「パンツの教室」でした。

性教育ってカラダのこと、性行動のことを学ぶものだと思い込んでいた私に、「パンツの教室」は性教育がそれだけでなく、愛されて生まれてきたこと、自分のことを知ること、自分も他人も大切にすること、自分の身を守ることを教えてくれることを知りました。

子どもに伝えたい大切なこと。
それが性教育の中に詰まっていました。

性教育は愛と命の教育です。
自分は望まれて生まれてきたんだ、こんなに愛されているんだ、と
笑顔で過ごす子ども達を増やしたい。
そういう想いでインストラクターとして活動しています。 


熊本県熊本市出身 現在、青森県八戸市在住
夫、6歳の息子、3歳の娘の4人家族
シニアインストラクター
23014_51c3ba00-d28b-4ca3-9f78-14917a610ba1
子どもの明るい未来を守るため、お母さんの笑顔を守るため
愛知県 岐阜県 で活動中。
お母さんがわが子に伝える、
とにかく明るい性教育「パンツの教室」
インストラクター とかたまゆ です。

11才男子、9才女子、5才女子、
3兄妹の母です。

私は
性について
かなり
クローズな子育てをしていました。

そんな私に転機が訪れたのは
長男が9才の時の
ある出来事がきっかけです。

性について話す必要があると思ったけれど

なんて言ったらいいか分からない。。

ママ友に相談してみても
同じように答えがなく
一緒に悩んでしまう。。


そんな時に、
とにかく明るい性教育
「パンツの教室」に出会いました。

性教育が学べる場所がある!

これだっ!って思いました。

性に興味を持ちはじめた時、
性に悩みはじめた時、
向き合って話せる親子でありたい。

ネット上に溢れる性の情報
正しい?間違ってる?
判断できる子になってほしい。

自分の身を大切にして欲しい

そんな私の願いを叶えくれるものでした。

いえいえ。
願い以上のものを手に入れる事ができる場所でした。

それは、、

「親子の信頼関係」

「母としての自信」

です。

この明るい性教育、100利あって1害なし!

性について不安のあるお母さんの
悩みをとっぱらいたい

子育てに自信のないお母さんに
誇れるものを渡したい

お母さんと子ども達の笑顔を守りたい

そんな想いでインストラクターをしています。
シニアインストラクター
23035_18-12-11-08-55-57-370_deco
これから世に羽ばたく子供たちに生きてることがどれほど素晴らしい事なのか、お母さんにもどれほどお子さんにとってあなたは欠けがえのない貴重な存在の人なのか、認識して笑顔で楽しく成長出来る親子を増やしたい。
埼玉県在住。夫(3歳年下)7歳と10歳女子との4人暮らし。
生まれは鹿児島、育ちは東京名古屋大阪、と転勤族の父のもと引越の多い家庭でした。短大卒業後、渡米し、約1年語学留学を経験。帰国後、憧れていたツアーコンダクターの資格を取って添乗に明け暮れる生活を送る。月に20日前後は国内外問わずツアー同行。一度に1人で40人前後のお客様と旅行を共にする。30才を過ぎた頃、結婚と妊娠に憧れ、婚カツに勤しむ。3年かけてようやく今の夫との結婚を手に入れる。
妊娠するまでの道のりは簡単ではなかったものの、二人の子供に恵まれる。
2011年次女を出産直後、父をがんで亡くす。続いて5年後母も他界。
その昔、なかなか結婚をしない30歳を超えたころの私に父はこう言いました。「いつまでもうちにいてくれても構わない、だけど、お父さんたちが死んだらどうするんだ?」この言葉に当時は脅迫しか感じなかった私はやっとそれが人生で大事な命のバトンリレーの意味だったと知ることになります。たとえ、もし、その後子供が生まれなかったとしても父は私に独立のバトンを渡したかったのでしょう。
「とにかく明るい性教育パンツの教室」のじまなみ代表の講座を受けて両親への感謝、子供たちやパートナーとの関係、すべてが、性教育から始めればよりよいものに繋がることがわかりました。これは幼い子供への性の伝え方をお伝えする講座ですが、育児に憔悴してしまっているお母さんの救いにもなるメゾットです。性教育にはひとりひとりの存在は尊いものだと認識するメリットがいっぱい!お子さんへ性のお話を楽しくすることでどんな喜びがあるのか一緒に感じることができます!!子育て中のお母さん!お子さんが30歳まで親のすねをかじる子にしたくない方、子供がかわいすぎて子離れできるか心配な方にもお勧めです!
シニアインストラクター
()
24756_received_378760992867419
とにかく明るい性教育【パンツの教室】様々な悩みを抱えるすべての親子の関係が信頼と安心で満たされ、幸せな思春期を送るためのお手伝いをします!生まれてきてくれてありがとう!生きていてくれてありがとう!尊い命のメッセージをお届けします。
とにかく明るい性教育【パンツの教室】シニアインストラクター
保育士
社会福祉主事
精神保健福祉士過程修了
フードコーディネーター

メルマガの感想を一言でも頂けると
とってもとっても喜びます。
メルマガの返信に送ってくださいね♡

ご質問など頂けましたら、できる限り
メルマガ内でお答えさせていただきます(^^♪

♡1万人以上が読んでいるとにかく明るい性教育
「パンツの教室」代表理事のじまなみ先生のメルマガ
http://www.agentmail/jp/form/pg/6972/1/?takizawayoko

パンツの教室ホームページ
http://pantsu-kyoshitsu.com



発行者 たきざわようこ

Facebook http://www.facebook.com/profile.php?id=100029806911879


Ameblo http://ameblo.jp/pnt-at-shizuoka/message-board.html

フォロー、お友達大歓迎。メッセンジャーでメルマガ読者さんとお伝えくださいね! ==============================

*たきざわようこのプロフィール*

1981年 サッカーとちびまる子ちゃんでおなじみの
静岡県旧清水市 8人の大家族 みかん農家生まれ

兄、妹の3人兄弟の真ん中っ子。


大学で保育士資格と
精神保健福祉士の勉強をしながら
ボランティアや
様々なアルバイトを掛け持ち
興味のあることはとことん楽しむ。

海外旅行にもはまり、毎年何か国も旅をしたり、
活発な大学時代を過ごすも
大好きな祖母がリウマチで寝たきりになり、
介護をするために実家に戻る。

効かなくなってきた薬を絶つと決め、
痛みに耐えながらも、
前向きに治してマチュピチュに行きたいと
語る祖母の精神力の強さと、
有言実行で見事に回復し、
完治させる祖母の軌跡を目の当たりにし、
リハビリと祖父の死を経て、
祖母とペルーでマチュピチュ、
ナスカの地上絵をみる夢をかなえる。

6人兄妹の主人と結婚
3人年子で男の子を出産(現在4.3.2年生)
祖母と同じリウマチを発症。
途方もない不安といら立ち、絶望を感じるも
奇跡的に夢だった女児を授かる(現在4歳年少)
病状が悪化、赤ちゃんを抱えながら自問自答の日々。
リウマチの原因の探求にそれはそれは迷走。

同時に長男入学で小1の壁に直面。
年子の男の子だから大変だと思っていた育児が
発達障害が原因だとわかり猛反省する。
何度もトライ&エラーを繰り返しつつも
人の温かい心や福祉サービス、当たり前だと思っていた
生活すべてにありがたみを実感。

動けない体で人の世話になりながら
生きる意味を深く深く考えていたとき、
とにかく明るい性教育パンツの教室と出会う。

命の根源をゆさぶる出会いに、
家庭での性教育をすべての人に広めたい。
子どもが3歳から10歳の今、やらなくては!
とインストラクターになることを決意。

病気で苦しむお母さん、子どもの障害や、
育てにくさに悩むお母さん、思春期が不安な子どもたち、
自己肯定感が低く一歩が踏み出せない方
、たくさんの悩める方に、私だから伝えられることがある。

社会生活が苦手でも仕事が続かなくても
雇用じゃない働き方もある、
そんな姿を子どもに見せたい。

こんな体でも話すことができる、
明るく楽しく、愛情を伝えていくことで、
子どもたちもみるみる変わること。

私のように自己肯定感が低く
一歩を踏み出せなかった方にも、

大丈夫、変われるよ、

そんな実体験をお伝えしていきたいと思ってます。

旅した地域
グアム(初海外旅行と長男次男子連れ結婚式)、
サイパン、オーストラリア、イタリア、フランス、
ケニア、ベトナム、韓国、台湾、
アメリカ(フロリダディズニーワールド、西海岸の町にホームステイ)、
ハワイ(ホノルルマラソン完走、兄の結婚式)
ペルー、シンガポール

好きなこと こども、読書、珈琲(カフェ、喫茶店めぐり)、接客
映画鑑賞、お菓子作り、細かい作業、美術館、博物館、ぶらり旅行 お抹茶

苦手 断捨離、段取り、熱しやすくさめやすい わすれもの


=============================

このメルマガは、全文が著作権で
保護されていますが、
ご家族友人に限り
お役にたてれば
全文の転送を前提として
共有していただいて構いません。

但し、メディアなどの
公に公開することは
禁止しています。



◇責任者著作権◇

たきざわようこ
インストラクター
()
21777_1015b660-23e5-4312-9683-b571c49a5246
子どもと性の話ができるお母さんを増やす活動を【パンツの教室】を通して行っていきます
インストラクター
23417_img_0250
お母さんが話したい・お子さんが聞きたい『命』の話。お母さんとお子さんが笑って楽しく『性/生』を語り合える関係が築けるようサポートします!
保有資格
正看護師
とにかく明るい性教育【パンツの教室】シニアインストラクター



静岡県出身・在住。

1児の母。

看護師経験10年以上、様々な科の病棟にて、患者さんやご家族の方々の貴重な時間に携わらせていただく。

医療現場での経験や、自身の出産・育児を通して、
家族間での問題・性に関するトラブルは人生を揺るがすものだと知り、性教育の大切さを実感。

人との関わりが希薄になりがちな現代にこそ、親子の関係が重要となってくることを感じる。

性教育を通して、楽しく笑って愛を伝え合える親子が溢れるように「パンツの教室」のインストラクターとして活動中。
インストラクター
21746_img_0116
【東京・栃木】パンツの教室インストラクター
パンツの教室インストラクター 工藤 歩です。
お母さんが我が子に明るく性教育ができるようにパンツの教室ではお伝えしています。
・命の尊さ
・自分のみを守る防犯の話
・自己肯定感の高め方
・女の子は生理について・男の子はおちん〇んの話など

”性教育したいけど何を話せばいいか分からない”
”男の子だけど必要?”
”パンツの教室が気になる”
一度、体験会へいらしてみませんか?

インストラクター
21778_img_003
『パンツの教室』の性教育を通して子供たちの笑顔と未来を守りたい。
とにかく明るい性教育「パンツン教室」シニアインストラクター 茨城県土浦市出身
現在は茨城県つくば市在住、夫・娘ピーコ(5歳)の3人家族。

高校までは地元・土浦で過ごし、大学は静岡県三島市で4年間を過ごす。

大学卒業後、地元の銀行に就職し、3年勤務した後、退職。
その後、つくば市の某公的機関に派遣職員として11年勤務。
その間結婚し、妊娠を機に退職、専業主婦に。現在は、Wワーク。

自身の過去の性被害の経験から、娘の出産を機に娘には、自分と同じ辛い思いをさせたくはないと防犯を意識。

そして、とにかく明るい性教育「パンツの教室」代表理事 のじまなみ先生の
メルマガに出会い、
「性教育をすることで、子供は自分で自分を守れるようになる」
「知識はお守り」の言葉に衝撃を受ける。

それから、幻の3ヶ月アカデミー受講。

「子供たちを性犯罪の被害者にも加害者にもしたくない」

「子供たちがお母さんたちの手を離れて、どこにいようとも、
自分で自分を守れるように、お母さんが安心して送り出せるように、
全ての子供たちに「知識のお守り」を持たせてあげたい」

「性教育は子供たちの笑顔と未来を守る」

という信念のもと、さらに、インストラクター養成講座第1期受講&卒業し、
シニアインストラクターとして茨城県を中心に活動しています。
インストラクター
23016_1931bc39-910d-4aa5-962f-9bceb3eb0824
1日1分、幼児からの性教育で、思春期が来るのが楽しみになる
8年間、ウエディングプランナーとして、1300組の新郎新婦様とお会いし、
350組の結婚式を担当させていただきました。
実は婚礼の場は、親子関係、男女関係があらわになってしまう場!
あることをきっかけに、
「子どもができたら絶対に伝えておきたい!!」と強く感じてきた
大事なことがあります。
1日1分から始められる性教育を通じて、
子どもが自分を大切に、周りを大切にして、
愛を感じ、愛を伝えられる子に育つように。
我が子が性の「加害者」にも「被害者」にも
ならないように。
テレと恥ずかしさから愛情表現不器用なママへ
楽しんで続けられる声掛けと伝え方をお伝えします。
インストラクター
23015_1523453816336
人と人を繋ぐこと、情報を分かち合うこと、関わる人達もそうでない人達も心穏やかに暮らせる世の中になりますように。
?1569925055
世の中には良いも悪いもない!迷惑にならないようにではなく、役に立てるように楽しんで生きる!!
インストラクター
21733_37838908_2148662295406161_3896212310217195520_n
自分自身を大切に出来る親子、産まれてきて良かったと思える親子を増やしたい。その想いで明るい性教育をお伝えしています。
お母さんからわが子に楽しく伝える
とにかく明るい性教育『パンツの教室』
認定インストラクター
 
『パンツの教室』未就学児施設児童館担当講師
看護師資格・保健師資格
看護師・保健師資格を持ち、福岡県で初めての、とにかく明るい性教育『パンツの教室』インストラクターとして活動しています。
6歳小1・4歳年中の女の子と、1歳の男の子3児の母です!
 
性の話だけがタブーになっている家庭で育ち、自分が何度も性被害に遭った際も親に告げることが出来なかった。
いつも人のことばかりを優先させて、自分を犠牲にして、自分のことを大切に出来なかった。

そのことから、わが子達には【生きる力】を身に着けて欲しいという想いが芽生え、どうしたら生きる力が身につくのか長年模索する。
 
あなたが生まれた時、どんなに嬉しかったか。あなたはどんなに奇跡的な存在なのか。性(命)の話をすると、子ども達は目をキラキラとさせて聴いてくれました。どんどん質問をしてくれました。
 
そして、「お母さんも、お父さんも、生まれて来てくれてありがとう」こんなことを言ってくれたのです。
この瞬間初めて、(私は、この世に生まれて来て良かったんだ、この子達に出会うために生まれてきたんだ)と涙が止まりませんでした。
 
性教育は、お子さんにとっても、お母様、お父様にとっても、幸せな時間。
命のつながりや尊さを伝えるすべ。
そう確信を持ち、この日本で家庭での性教育が文化となるよう、尽力しています。

ブタさんが大好きで、モーニング娘。の大ファン。おっちょこちょいなところがたまにキズ。
夫とするボードゲームが趣味の1つです♡
インストラクター
22940_顔写真2
楽しく家庭で性の話をコミニュケーションの1つとして取り入れるコツをお伝えしてます。
親勉インストラクター
パンツの教室インストラクター
日本フラワー装飾技能3級 中学2年(14歳)男子を筆頭に、
中学1年(13歳)・小学5年(11歳)・小学3年(9歳)女子の子育て真っ最中。
1976年佐賀県神埼市生まれ 佐賀県神埼市在住


とにかく明るい性教育
☆パンツの教室☆に出会ったのは
2017年8月でした。

それまでは
子供が生まれてから性に
関する色んな事を
きちんと話してあげたいと
思いながら
ただ漠然と自分の考えや
知識の中だけで
話をしていた私。

正直
どんな話を
どこまで話していいのか
分からなったんです。

子供達の質問に
言葉が詰まることも
沢山ありました。

そんな時に
パンツの教室に出会い
正しい知識を持って
楽しく性の話をする事で
思春期に入った子供達と
性の話を
コミュニケーションの
1つとして話が出来るように
なる関係性の築き方を
教えて頂きました。
おかげで
思春期に入った子供達とも
迷うことなく話が
出来るようになりました。

そんな
お年頃の子供を育てている
私だからこそ言えることは、
子供を守るため
そして
自分を守れるようになる為にも
年齢に関わらず性教育は
必要なんです。

私はパンツの教室に
出会ったおかげで
堂々と楽しく子供達と
性の話が出来るようになりましたよ。















インストラクター
21821_るる2
多くのお母さんお父さん(その他子どもに関わる方)のお悩みを解決したい
はじめまして。三児の母で元塾講師。
教えていた生徒は偏差値30から70まで、年齢層は小学三年生から社会人まで。
成績が良くても、性によって道を外していく子も何人も見てきました。

そういうふうにならないよう予めどうやったら性教育を伝えていけるのかと
悩んだ結果、性教育のインストラクターをやることを決意。
多くの方の力になりたいと思います。
インストラクター
23077_1539065316503
どんとこい!思春期。お子さんの思春期が楽しみになる性教育
インストラクター
23437_48c528af-ff7a-406e-a8f0-ecfcbb329048
パンツの教室がひろがれば、子供の未来は明るくなると確信しております。
インストラクター
23393_15403859787950
たくさんの地元のお母さん達に3歳から10歳の間に始める 性教育の大切さを広めていく。
長崎県出身。

診療放射線技師として救急病院に勤務し、
一般撮影・CT・MRI・透視検査・血管造影、
さらにマンモグラフィ認定技師で、
乳がん検診に10年ほど関わる。

2人目が欲しいと思ってもなかなか授かれず、
年齢を考えて妊活に専念するために仕事を退職。

現在は、4歳(年少)男の子と10歳(小4)女の子の成長を
楽しく見守っているが、1年前に男の子の成長と共に
その身体の変化と対応をどうしたら良いのかとても不安になる。

その時出会ったのが、
とにかく明るい性教育【パンツの教室】
代表のじまなみ先生のメルマガ。

読めば読むほど面白くて止まらなくなり、
どうしても直接その講座を
受講したいと思うようになり、去年3月に
初級講座を受講するために
長崎県から大阪まで行く。

会場には、全国からのじま先生の講座を受けに、
性教育に対して意識の高いお母さん達が110人集結していて
、そこはもう笑いの絶えない面白さ

<<<のじまワールド>>>に包み込まれていた。

こんなに性教育って面白く話せるんだ!
こんなに奥が深かったんだ!
この知識を地元のたくさんのお母さん達にも
教えてあげたい!
近くで受講出来る環境を作りたい!!

これが、私がインストラクターになろうと思った
きっかけでした。

笑って命や愛について話し合える
親子を増やすために...

小さな子が巻き込まれる悲しい事件を
減らすために...

自分は愛されていると思える子が
増えるために...

思春期に突入する前にどう話したら良いか、
そのきっかけやポイント、
即実践できるコツを、たくさんのお母さん達に
お伝えしていきたいと思っています。
インストラクター
20882_スクリーンショット2018-02-0620
「愛を声で」「自分から」をモットーに、一瞬で心をつかむ話し方を身につけてもらい、喜びの循環を生み出す愛にあふれた人々を増やすことが私の使命です。とにかく明るい性教育「パンツの教室」で命の喜びを実感してもらいたい
元局アナ、現在はフリーで、アナウンサー歴25年。

ニュースキャスター、情報番組のMC、CM出演を始め、皇室関連の式典司会やめざましテレビの中継レポーター(4年半担当)、作家、俳優、女優やミスインターナショナルのトークショーのインタビュアー、行政関連のシンポジウムのコーディネーターなど、雰囲気の異なる場を率いて、視聴者や聴衆の心をつかむ話し方を磨いてきました。

お迎えしたゲストは1000人を超え、聴衆を魅了するトークスキルを間近で学んできました。お客様のキャラクター(お人柄)がより輝き、場と目的に合ったトークスキルをお伝えすることを専門にしています。

また存在感や発声の為にも、良い姿勢は欠かせないとの認識からピラティスインストラクターとパーソナルトレーナーの資格も取得。美しい立ち居振る舞いまでご指導させていただいています。

伝わる質が人生の質、伝わると人生はこんなにも豊かになる。

アナウンサーとして25年間お仕事をさせていただき心からそう思います。人は本当は分かり合いたいもの、分かち合いたいもの。人として生まれたからこそ味わえる「共感」「感動」その喜びを生み出し、場の空気感を創り出す一歩目が「伝える」ということ。

でも、人前で話すとなると、緊張や恥ずかしさでモジモジ、モゴモゴしてしまったり、良く見られたい気持ちに心とらわれ、一方通行で暗記したまま突っ走ってしまったり。。

そんなことってありませんか?「何を話す」かはとても大事。

そしてもう1つ「どう話すか」によって、同じ内容でも聴き手への伝わり方が変わってくるのです。
あなたの話し方は、あなたの印象はもちろん、あなたの会社や大事な商品のイメージまで左右しかねません。

もっと心に届けたい、そう思うなら「どう話すか」そのマインドとスキルを身につけると、人前で話すことはより楽しく、喜びに満ちたものになります。

あなたが伝えたいことを、もっと伝わるカタチへとお手伝いするのが「トーク119」です。

何の為に話し、本当はどうしたいのか。

せっかく手にした人前で話すという場を、より彩り豊かな時間とし、最高の結果を生み出しましょう。

「声で愛を」「自分から」がモットーです。人前で話す場はコミュニケーションの原則が詰まっている。人前で話し喜ばれる人となりましょう。

聴き手の喜びはあなたに還ってくる。そんな喜びの循環を自ら創り出し、ビジネスを押し進め、豊かな人生、豊かな人間関係をおくるお手伝いが出来れば幸いです。


インストラクター
23599_5664f15f-d319-4acb-ab25-7b1ab6ed7069
思春期も怖くない!親子の絆を強くいていくのが『性教育』です。お母さんの恥ずかしさを乗り越えたら、伝えることが楽しくなってきますよ!
大阪市ミナミで生まれ、
近畿の南、和歌山県は和歌山市で育つ。

大阪外国語大学(現・大阪大学)外国語学部卒業。
専攻語はアラビア語。専攻は言語情報学。
在学中に交換留学でチュニジアへ。

大阪で数年WEBプログラマーを経験した後
結婚して2007年に大分県へ。

現在、小3男子、年長女児、年少男子の3児の母。

大学在学中から結婚までは、
ほぼ毎年海外旅行。
これまでに20の国と地域を旅行。

ちなみに、主人との出会いも旅行中なんですよ(^^)

旅行中は、会話をするのが楽しみなので、
現地語を事前に学習するのが好き。

旅行中に民族衣装や布を集めるのも好きで、
色々持ってはいますが、
オーダーメイドのサリーを一度も着ていないうちに
着方を忘れてしまいました。
教えてくれる人がいれば喜びますので連絡ください。
インストラクター
23900__178847893067157_3912560720977330176_n
明るく楽しく性について語り合える親子を増やすこと。
インストラクター
24239_img_0047
お母さんが伝える性教育で子供の未来と笑顔を守る!
とにかく明るい性教育パンツの教室協会代表理事のじまなみ先生が開催していた幻の3か月アカデミーを直接受講。インストラクター講座第1期生。
1978年生まれ。
生まれも育ちも埼玉県所沢市。8歳の長女、6歳の長男、7歳年上の主人の4人家族。

短大卒業後、都内有名百貨店へ就職し、入社から20年ベビーと子供の売場に携わる。マタニティママと赤ちゃんに特化した社内資格を獲得し、500人以上のママたちの不安な気持ちや悩みに寄り添ってきました。

プライベートでは32歳の時に結婚。

私の両親は夫婦仲が悪く
私は、親子って?夫婦って?愛情って?そして私って何?と悩みつづけたまま親になりました。 

自分の子供たちは安全で平穏な家庭でたくさんの愛情を与えて育てたい。強い思いを持っていても、私は上手に愛情を伝えられませんでした。


ただでさえたくさんのことで悩む思春期は、親がうざったくなる時期。
友達のこと勉強のこと学校のことは親に話せても、
性にまつわる悩みは話せない。


一人で悩むときも多くなる。


思春期のそんな思いにも寄り添って子育てをしたいと思っていた時
【パンツの教室】に出会いました。


パンツの教室はわたしに本当の愛情の伝え方、そして大切な大切な子どもたちの命を守る真の方法を教えてくれました。 

子どもたちの悲しい思いを少しでも減らしたい。愛情あふれる親子関係のお手伝いをしたい。性教育で子供たちの未来を明るく変えられる、そんな思いでインストラクターとして活動をしています。
インストラクター
25331_54278373_598141350653613_8335415220881063936_n
親子間でもタブー視されがちな「性教育」。子どもの笑顔を守るため、愛と命の「性教育」をお伝えします!
とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクター/明るいLGBTs教育「レインボーかたつむり」インストラクター/ドリームマップ認定講師/社会福祉士/介護支援専門員 1980年広島県福山市生まれ、福山育ち。3人兄弟の長女、弟2人。
現在小学2・1年生(女・男)2人の子供のシングルマザー
        
関西へ出たい思いが強く、高校卒業後関西の大学へ入学。
英文科を卒業するも、福祉に興味をもち、福祉専門学校へ入学。
専門学校卒業後、妊娠するまで高齢者福祉に携わる。大阪在住。
29歳で結婚。その後子どもに恵まれるも、31歳で夫が事故により他界する。
葬儀翌日第2子妊娠発覚。実家のある広島へ戻る。
        
寿命を迎えていく高齢者や夫の死、そして子どもの誕生など、
生と死を身近に感じ、命や性に対しての感情が大きく揺さぶられる。
「悩みも本音も、打ち明け合える関係になれるだろうか?」
同性の親がいない息子の成長に不安を感じた。なんでも話してもらえる親にならなかったら、我が子は孤独になってしまう。
自分は子どものころ、同性の母親にすら身体の悩みが話せず、長い間一人で不安いっぱいで悩み続けた。

楽しく性の話しが出来る「パンツの教室」を知ったとき、「私の人生にこれは絶対必要だ」と感じ、インストラクターを決意する。

親子で普段から楽しく「性」について話せていれば、悩みだって相談できる関係になる。
間違った知識で悩む前に、
お母さんからお子さんへ正しい知識を教えてあげて欲しい。

自分の身体を大事にできる子は他人もいたわる事ができる。
子どもたちが命の素晴らしさを感じ、自分の人生を笑顔で生きて欲しい。

なんでも話し合える親子を増やし、
子どもたちの笑顔を守るため「性教育」を伝えていきます。

     
 
 
 
 
Profile
Expert

とにかく明るい性教育【パンツの教室】

Mission
パンツの教室の皆さんのサポートをします!
Senmon

とにかく明るい 性教育 パンツの教室 のじまなみ

【性】は、身近にあるけれど、誰もが触れたがらない。
でも、それは子供の人生を左右する、とても大きな問題。

しかし正しい情報、間違った情報の判別がきかないほどの、
たくさんの情報は、スマホで入手出来てしまう世の中。

だからこそ
『内に閉じこもりがちな性教育をもっと、明るく、開放的に
子供たちと向きあえるようになってほしい。』

『子供たちに、将来大切な相手ができたとき
お互いを尊重しあえるパートナーシップが築けるようになってほしい』

そんな思いから、
とにかく明るい性教育【パンツの教室協会】を設立致しました。

B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock