PR

PR

21986_mdfizwziyzgwzwu3y

こんにちは。高校時代どっぷり不登校した息子の母yukiです


こちらのページを開いてくださったということは…お子さまが学校と距離をとっていて、なんとかこの子のためにと一生懸命頑張っていらっしゃるのですね。私もその答え必死に探しました。一言で子どもの不登校といってもお悩みもそれぞれで子どものことパートナーとのこと自分の親とのこと…仕事のこと…悩みって一つじゃない様に考え方も一つではありません。


私ができるのは方法や手段、情報ではなくて子どもの不登校を経験した同じおかあさんとして仲間としてこんな考え方もあるよ私は…こう思うよ…の域でのお返事です。何だ・・その程度と思われると思います。だけど大事なのはその違和感。お悩みは口にして初めて、自分が何を求めているのか。自分が何を探しているのか。気付くことができます。インプットよりもアウトプットが大事です。


よかったらこちらにお寄せくださいね無料でお返事をいたします。



ご確認ください



※せっかくお書きくださってもお答えができない場合もございます

※お返事はご相談と一緒に当サイトにて掲載いたします。

※ご相談はいただいたままの文そのままでご紹介できればと思いますが、こちらの判断で一部抜粋とさせていただく場合もございます。

※またご掲載、ご掲載後のトラブル、クレームは一切しないことを約束し「プライバシーポリシー」を必ずご確認の上お送りください。ご相談において生じた、いかなる損害についても責任は一切負いません。


Facebookアカウントをお持ちの方
過去に申し込まれた方はメールアドレスだけで申し込みいただけます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
性別必須
  • 女性

  • 男性

  • 無回答

女性限定です。
意向確認
  • 私は、この相談は当サイト「不登校demo親子でhappy」に掲載されることを承知し、利用に際し生じたいかなるトラブルやクレームは一切しないことを約束します。

  • 上記内容は約束はできません(相談はおうけできません)

掲載時ご希望のお名前(簡単にお願いします^^)必須
例:ぴーちゅん・たっくんママなど
難しい呼び方や表記はご遠慮ください
ご相談はこちらへお書きください必須
当サイト「ココロのレシピ」にてお返事いたします
せっかくいただいてもお返事できない場合がございます
ご自宅での様子を教えて下さい
お子さまに望む未来を教えてください
例:学校はいいから笑顔になってほしい
例:好きなことばかりでは不安。しっかり現実をみてほしい