29336_nmeyzdflowrhmdrhn

本番プレッシャーに弱い

ジュニアアスリートが

『自分の気持ちに勝てる子になる』

おうちメンタルトレーニング

電子書籍プレゼント!


----------------------------------------

ジュニアアスリートのモチベーションを下げない
今やって欲しい関わり方を大公開します!



ーーーーーーーーーーーーーーー

\秋の大会、受験に役立つ/
本番プレッシャーに弱い
ジュニアアスリートが
『自分の気落ちに勝てるようになる』
おうちメンタルトレーニング

ーーーーーーーーーーーーーーー
お申し込みは文末の申し込みフォームから



どうやって?
と思われますよね。

トップアスリートやアーティストが
メンタルトレーングを受けているという話を聞いたことはありませんか?


なぜ彼らは
メンタルトレーニングを受けるのでしょう。


・本番に力を発揮したい
・弱い自分の心を強くしていきたい
・緊張をコントロールしたい
これを私はジュニアアスリート3大プレッシャーと読んでいます。

このプレッシャーを乗り越えるためにも
技術面だけでなく
メンタル面でのトレーニングを必要としているのです。

オリンピック選手のような日本を代表する選手であっても
最後は『メンタルだ!』
とコーチから言われると言っています。


いつでも最高のパフォーマンスができるメンタル状態であることが
大切だと思われているからです。

その
メンタルトレーニングを
メンタルトレーナーがやるのではなく

お母さんがやるほうが
効果があるって知ってますか?


仮にプロのメンタルトレーナーにお願いしたとしても、
月に数回程度のメンタルトレーニングでは
”量”が足りません。

おうちで、こどものコンディションを
毎日把握しているママがやるからこそ

根本的なチカラにかわっていくんです!



緊張したときにガチガチになるのではなく

マイナスの感情に
柔軟に対応できるチカラ

毎日の会話のなかで育てていきましょう!


さらに講座の中では
お子さんの
メンタルサポート力チェック
体験していただけます💡
お申し込みは文末の申し込みフォームから



秋の大会や選抜、
ウィンタースポーツの準備期間
受験にも役立つ!
だからこそ
おウチでしっかりケアをしたい!


なぜなら、
お母さんがスポーツの本番で
「プレッシャーに負けそうな子を助けてあげたい」と思っても、
助けてあげることはできません

子ども自身も、
高まるプレッシャーに対して冷静に対応することは難しいでしょう。


少しでも
「子どもがプレッシャーに負けないようにしてあげたい」と思うなら、
先延ばしせず、この夏休みに対応してしまいましょう。





我が家のおうち時間をこう変えたら
子どもが試合での緊張を切り替えられる子になった!



我が子は女の子2人男の子2人
4人きょうだいです。

男の子2人が野球をしています。


長男は、
緊張しないタイプかと思っていましたが

根が真面目でストイック。

なので緊張の中でも
過去のトラウマ的
打てなかった時のイメージで
あれが打ててたら勝ててたかもしれない!
そんな過去の失敗した経験が思い浮かぶようです。


もちろん、
うまくプレーできたこともあるわけですが、
どうしてもネガティブな記憶ばかりがトラウマのように上がってくるようです。



肝心な時にマイナスイメージが浮かんでくれば、
プレーに集中できるはずがありません



ですので
彼には
試合の時
試合の前後だけでなく

おうちでの普段の生活の中でも
今できていることをしっかりと伝えるようにしてきました。
お申し込みは文末の申し込みフォームから

なぜ変わったのか?

子どもの脳は
できていなことばかりにフォーカスされると
『自分はできない人間なんだ』と思い込んでいってしまう仕組みになっているのです。

さらに
その嫌な情報が
『自分はダメな人間なんだ』
『どうせオレなんて』

自己肯定感を低めてしまうのです。

さらには脳が成長しにくい状況を
作ってしまっている
のです。


やったのはコレだけです

「あれシロ」「これシロ」「なんで〇〇なの」など
親として言いたいことはたくさんあるけれども

できているコト
できているトコロ言葉にして伝えることをしています。

この時に、子どもの様子には振り回されず
できていることを伝えるだけなんです。

そうすることで
子どもが
『あ!そっか、オレ、これはできてるんだ』

と、できていることに気づくことができるのです。

そうすることで
気持ちにゆとりが生まれ
ストイックな性格
感情の柔軟性がプラスされてくるんです。


受講生様の声

受講生様の声をご紹介します。


=サッカーを頑張る子どもを育てられる
         ママさんの体験談=

息子が発達凸凹の特性から学校からも友達からも理解されず
孤立し、学校へ行かなくなっていました。

それにより夫から子どもへ、
私への風当たりも強く

家でも居場所をなくし、
私自体が子育ても夫婦間のことも諦めかけました。



ですが
この発達科学コミュ二ケーションで対応し続けたところ、



たった半年で
サッカー進学のために学校へ行き始め

何高からもスカウトの話をいただいて、
夫も協力してくれて

楽しく体験入学に出かけています。






周りからの視線にめげず
やりたいことに向かわせるために
自分ができていることに気づかせることができたこちらのママさん!

すごいですよね。


このように、
いつもの自分に自信が持てて柔軟性を身につけ
感情行動の切り替えができる子になる

発コミュ流・おうちメンタルトレーニングがわかる
1冊になっています。
ぜひお手にとってご覧くださいね♪

お申し込みは文末の申し込みフォームから


※申し込み後
「88yuriendoh88@reservestock.jp」から
メールが届きます。受信設定をお願いします。
自動返信メールが届かない場合は、
お手数ですがもう一度お申し込みください。


自動返信メールは、
迷惑メールフォルダ
プロモーション
などに届く場合も
ありますのでご確認ください。


Facebookアカウントをお持ちの方
過去に申し込まれた方はメールアドレスだけで申し込みいただけます
苗字必須
名前
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
どなたのご紹介ですか?