Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 

【面接回答ヒント】  「がんばったこと」

イベントカレンダーはこちら

ガクチカの作り方

「がんばったこと」

「苦労したこと」

「成果を残せたこと」

これらのエピソードでは、能力を証明しなくてはいけません。

 

ということは

自己PRの「強み」が発揮されているエピソードでなければいけません。

なぜなら

エピソードは「自己PR」の強みを証明するためのものだからです。

 

ポイントは

一つのストーリーの中に

多くの能力が発揮されているように書くことです。

少し工夫が必要です。

 

図にするとこんな形になります。

できれば、

エピソード全体に

コアコンピテンシーを盛り込むと

アピールが強くなります。

 

コアコンピテンシー

・主体的行動力

・メンタルの強さ

・目標達成志向

・問題発見能力

・問題解決能力

・客観性

・粘り強さ

・仕事に対する情熱

等々

 

また、

ファンクショナルコンピテンシーも入れられれば、さらなる能力の証明になります。

 

ガクチカ作成のポイント

・問題解決した物語であること

・その問題解決を行う動機があること

・その問題解決の行動を重ねること

・その行動には全て根拠も述べてあること

・その行動の結果が具体的にあること

・経験から学びがあること

・400文字以内に簡潔にまとめること

・コアコンピテンシーを内容に含めること

・ファンクショナルコンピテンシーを盛り込むこと

 

難しいのは、上記全てを盛り込まなければ他の受験者と差別化できないことです。

 

私がガクチカを作った際は、14のコンピテンシーを盛り込むことができ、399文字で書くことができました。

この事例は、エントリーシート1日添削会で教えています。

 

 

また、民間企業の場合

最低でも3つのエピソードが必要

出来たら5つの物語が必要

 

この3つのエピソードに企業が求めるコアコンピテンシーと希望職種に必要なファンクショナルコンピテンシーを効果的に盛り込む

 

これができれば、上場企業や国家公務員総合職の面接が楽になります。

 

ここ数年、

志望動機を聞かれなく、

エピソードだけを深掘りされる傾向があります。

 

その理由は、

志望度よりも「能力」を求められる傾向が強くなったからだと思います。

 

 

 

このエピソードを大学職員で元採用担当者と一緒に作りませんか!

1時間20分ZOOM模擬面接はこちら

 

 

 
 
 
 
Profile
Expert_s
大学講師:伊藤内定ゼミ

伊藤伸一

Mission
現役大学講師で元採用担当者が直接指導します。
Senmon
現役大学講師で元採用担当者が模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削を直接行います。 横浜、名古屋、大阪、スカイプにて公務員(国家公務員、県庁、市役所)、警察官、消防官、上場企業向けの評判良いセミナー開催しています。

B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2012-2021 伊藤内定ゼミ All Rights Reserved.
Powered by reservestock