60874_mjhjodvkymnjmzk4n2izndezzdg5ndu5ndi4mgy5mmu

【面接】

前職退職理由



うまくいかない問題点解決
1時間20分個人模擬面接
失敗したくない本番直前に
本番直前に面接1日練習会

前職退職理由

採用担当者が確認したいことの一つに「数年で辞めてしまわないか?」


数年かけてトレーニングを行い、やっと一人前に仕事ができるようになったのに辞めてしまうと・・


転職するということは、「その仕事に問題があるから転職を考えた」
その仕事上に問題が無ければ、転職は考えないと採用担当者は考えます。

その問題が何か?

自分に隠れた問題があり、辞めたい

 →うちでも問題起こすのでは!

・今な仕事がいやだから、辞めたい?

 →ウチでも嫌な仕事に就いたら辞めるのでは!

やりたい仕事ができない、やりたい仕事がしたい

 →やりたい仕事に就けないと辞めるのでは!

残業が多い・・残業のない仕事に就きたい

 →限られた時間で結果が出せないとダメだけど!



車の買い替えをイメージしてください。

2シーターのスポーツカーに乗っていて、1ボックスカーを買おうとしていたら、何かしらの問題解決のための買い替えのはずですね。

2シータースポーツカー

・メリット

 彼女と二人で乗れる

・デメリット

 結婚を機に子供が生まれた場合、2シータースポーツカーでは子供が乗れない。


解決策

二人の子供が欲しい場合、

できれば、4人以上乗れる車がよい。

さらに

おじいちゃん、おばあちゃんと共に乗って出かけることも考えると「3列シートの7名乗車できる1ボックスカー」がベスト


同じような転職の根拠があるはずです。


この転職理由を論理的に納得できるものに回答できれば、面接はスムーズに進みます。

しかし、

「前からやりたかった・・」の場合

「なぜ、学生時代に受けなかった?」


また、

併願先との一貫性がない場合、

志望軸があまりない・・と判断されてしまいます。


転職に「キッカケ」があると、説得力を増す。


地方公務員の場合
・ボランティアのキッカケ
警察官の場合
・自分の経験をキッカケ


学生時時代、自己分析を実施していると思います。
その学生時代に公務員を受けていない・・にも関わらず、社会人になり受験するのは・・・大きな「キッカケ」があると説得力ありますね。

学生時代に公務員受験しているのであれば、小さなキッカケがると説得力高いです。


キッカケある方が納得性高い


このストーリーを一緒に作りませんか!
1万人以上のみてきた、元採用担当者で元大学講師伊藤伸一が個別に「納得できる転職理由」を一緒に作成します。

 

smtp06