【面接回答ヒント】  5年後何をやっていると思いますか?




5年後何をやっていると思いますか?

この質問から何を見極めるのか?

企業研究や働き方理解から

志望度を確認しています。


やりたい仕事において、

5年後には、

プロ的な仕事ができます。

一般的に、

どんな仕事でも

1万時間の勤務時間を重ねると

プロフェッショナル的な

・知識

・スキル

・経験

が積むと考えられています。


年間の労働時間が

2000時間と考えると

5年間で、1万時間になります。


つまり、

「やりたい仕事」において

プロとして、

どんな仕事をしているのか」

を理解しているかどうか


本当に第一志望なら

「やりたい仕事の

仕事内容を理解してますよね」

を確認されていると思って下さい。


企業研究や

仕事内容理解がないと

ここ

答えられないと思います。


今から5年前

難易度の高い上場企業に

内定をとった受験生は

「第一志望は、

 5年後の自分の姿を

 しっかりと調べて

 答えられた」


「しかし、

 第二志望以下は、

 志望度が高くなく

 調べる意欲が低いので

 答えられなかった」


つまり、

採用担当者側の視点として

「志望度高い方が

 しっかりと答えられる」

と仮説が立てられます。

Facebookアカウントをお持ちの方
過去に入力した項目はメールアドレスだけで自動入力されます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
1ヶ月毎にレッスンイベントを作成します。