58868_ndjmnzixmtbky2rjnge2nta1ywywytrln2i5mtk5zdu

本日は、「申込ページに動機づけの要素を入れる」についてです。


申し込みページの最初のゴールは、
リザーブストックに誘導した訪問者に行動を起こさせること。

 

●アメブロの場合

 興味を持ってもらい、もっと知りたいと「ステップメール・ファーストアンサー」に繋げる

 →ブログで大まかなことを伝え、詳しく知りたい方は「ステップメール」へ→


●ステップメールの場合

 「先生と生徒」の関係を築く

 →ステップメールに読み手の知らない知識を書き→敬意を得る


●メールマガジンの場合 

 「イベント/レッスン」申し込みページに繋げること

 →成功事例を書き、「私もそうなりたい」→イベントに繋げる

 

●イベントの場合 

 「イベント/レッスン」再度、申し込みに繋げること

 →満足度を上げて、「もう一度申し込みたい」と思ってもらう→次の申込み

 

 

意味合いが異なりますね。

同じではないんです。



訪問者が全く見も知らぬ人に申し込むのはハードルが高いですね。


訪問者に行動を取ってもらうには、3つの要素を同時に満たし、行動スイッチを押させる必要があります。



その3つの要素とは
①動機:見込み客に動機づけさせているか
②行動障壁:行動の障壁を乗り越えさせれるか
③トリガー:行動を起こさせるシグナル




申し込みページには①動機づけが必要です。


ほとんどの方は、「動機に気がついていない」ことが多いです。

 

この「気がついていない動機」を掘り起こすために「質問が必要」です。

<例>

************

ブログ始めたんだけど・・・

うまくいってないけど・・・・



その理由は、
「やるべきこと」を知らないからです。

 

スポーツ競技がうまくなるには
コーチ等がうまくいく方法
教えてくれますね。

 

その結果、
「やるべきこと」が分かり、
練習することで
「うまくなり」
勝つことができるんです!


**************

どうでしょうか?

 

「うまくいく方法を知りたい」

動機づけになっていませんか!


申込ページの最初に

①お客様の困っていることを質問

②うまくいかないのには理由がある説明

③どうすれば良いかの解決策の提案

 

この流れが、「動機づけ」になりますね。





次は、②行動障壁をクリアする必要があります。


例えば、情報を得るために必要な行動が、メールアドレスを入力するだけであれば行動障壁は非常に低いです。


この入力項目に、「住所」「携帯電話番号」があると・・・・
行動障壁ははるかに高くなります。


この行動障壁の難易度は、見込み客が実際に行動するかどうかという確率を左右します。

 

また、


「メールアドレスと名前」という個人情報を提供することと「得られる価値」を天秤にかけます。


「この情報が欲しい」という強い気持ちがあれば、行動障壁が高くても行動を起こしてくれます。

 

申込ページの中くらいに

①申し込むメリット

②申し込む内容の大枠

 

この流れが、「行動障壁クリア」になりますね。

 




③購買行動の引きがねになるシグナル


「動機」と「行動障壁」が行動移行ラインを越えていたとしても、この「引きがね」がなければ、人は行動へ移ってくれません。

 

この「引きがね」をトリガーと言います。

 

<例>

**************

「2つの魔法のシート」を受講後特典プレゼント

「ステップメールがスラスラ書ける魔法のシート」
「申込み比率が倍増するタイトル決定魔法のシート」
エクセルシートを埋めていくだけで、「先生と生徒」の関係が構築できるシートです。
活用し、ステップメール・メールマガジンを作ってください。
(動画解説付き)

**************


このトリガーが働くためには3つの条件を満たす必要があります。
①見込み客がトリガーに気づいていること
②トリガーが見込み客にとって問題を解決させるものであること
③見込み客の「動機」が「行動障壁」を越えていること



リザーブストック受付ページに必要なのは、
①動機づけができている
②得られる価値を提示する
③トリガーになるものを提供する
の3つです。


受付ページに載せるべき必要なことをなんとなく理解できたでしょうか?
一つ一つ解決していきましょう。
お手伝いします。

smtp06