58847_nzk4ndkxmgqyyta1mge4mjgxyzk3mzk3ztq2nzywnjm

キャッチコピーの基本

人は
自分に関係ないことに関して
全く興味を持ちません。


ということは
「自分に関係がある」と思っていただければ
人の心を動かせます。


大勢の人に向けてメッセージを発信するより
特定の誰かに向けて語りかける方が
興味を持っていただける確率は高くなりますね。



あなたが本屋に行ったとします。

<節約したい主婦の場合>

本が別の場所に3冊並んでいます。

①マイクロソフトエクセルの教科書

②節約術の教科書

③4人家族で月2万円節約できる10の簡単術

 

どれに興味を持つでしょう??


これから、ステップメール/メールマガジンのタイトルが、興味のある文章であれば、「中を読んでみよう」と思いますね。

 

しかし、今の自分と関係ないことのタイトルの場合、スルーしてしまう可能性が大きいです。

つまり、開封率が大きく変わってきます。


このキャッチコピーの作り方は、メインの仕事の就職支援から学びました。


Aさんは、

「私には、粘り強さがあります」とアピールしています。


Bさんは、

「私は、目標を達成する為に最後まで諦めず、結果が出るまで

 やり通す粘り強さがあります」

とアピールします。

 


どちらがアピール力が大きいと思いますが?


当然、Bさんですよね。


なぜ、Bさんの方がアピール力が高いのか?


その答えは、

イメージできるか

イメージできないか

の違いにあります。


あなたのキャッチコピーは、相手にイメージを与えていますか?


就職支援において、学生にこんなことを伝えています。

「自己PRは、あなたを採用しなければいけない理由です。」

「採用された後のメリットをしっかりと述べなければ、面接官は、あなたを欲しいと思いませんよ。」




ウエブ集客においても全く同じことが言えます。


例えば、コーチング

コーチは、日本国中に山ほどいます。


目に見えないサービスを申し込もうと・・・・考えている人がいます。


本の表紙に「具体的にどんなメリットがあるのか?」書かれていた方がイメージつきやすいですね。


<最近のパン・お菓子の名称>

「国産小麦のふわふわたまごシフォンケーキ 発酵バター」

「十勝バターの旨じゅわフレンチトースト」

「もち麦パン くるみ&クリームチーズ 2個入」

「あんフランスパン 発酵バター入りマーガリン使用 2個入」

 

どうですか?

イメージつきやすい名称が増えてますね。


タイトルから内容がイメージできる文書を作ってくださいね。

ここ大事です。

smtp06