Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 
18_ndk3ntlmztk1ogq1z

乾物に関するご質問に
お答えします


乾物に関するご質問にお答えします

現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法を研究、発信しています。

料理教室を開催する際などに質問をいただくことが、私にとってもより深い学びのきっかけになると感じているので、乾物に関する質問を受け付けることにしました。


お返事は、メルマガやブログで紹介させていただきます。

乾物が広まらないのは、圧倒的な情報不足?
 

美味しく 楽しく 食べ続けていける社会に!

そんな思いで、私はサステナブル料理研究家という肩書きを名乗っています。

食のサステナビリティを考えた時、軸の一つになりうるのが乾物


乾物は、
食品ロス削減
省エネ
もしもの時の備えにもなり
さらには日々の料理を時短にもしてくれます。



乾物を、ふだんから使いこなす暮らしをおくることは、食の防災訓練
とも言えるのです。



とはいえ、乾物を日々使いこなしている人は、まだまだ多くはありません。
 
 

例えば、災害の時、コロナによる外出規制の時、乾物をいざ使おうと思ってもなかなか手が出せないのは、乾物の戻し方や、保存方法や、使い方などの情報が圧倒的に不足しているからではないかと思ったのです。
 
 

さらには、乾物といえば煮物ばかり、おばあちゃんの味、古臭い、面倒臭そう、という先入観を持っている方がまだまだ多いのも事実。

でも、実際は、和洋中エスニック、さまざまな料理に展開できる優れものでもあります。


実際、毎年6月に開催している「乾物カレーの日」には、たくさんの方々から乾物を使ったカレーの写真を、「こんなに便利とは思わなかった」「とっても美味しい!」などのコメントとともに投稿いただいています。
(2020年の乾物カレーの日のfacebookイベントページはこちら たくさんの投稿をご覧いただけます。)


乾物に関するご質問、ぜひお寄せください!
注意事項

  • 1 残念ながら直接にお一人お一人にお答えすることはできません
  • 2 質問によっては、お答えできかねるものもあることはご了承ください。
  • 3 調べることが必要など、お時間をいただく場合もあります。
  • 4 回答は、メルマガやブログでさせていただきます。


      《メルマガ》
      過去から学ぶ未来食「フェーズフリー」乾物のある暮らし
        →ご購読はこちら
      美味しく楽しく 未来を創る(食全般についての話題)
  •     →ご購読はこちら

          《ブログ》
      未来につながる食育を〜サカイ優佳子公式ブログ
      https://ameblo.jp/eat-for-better-world/
      

乾物の魅力に気づき、日々の暮らしの中で、
乾物を使いこなす人が増えてくれたらと思っています。

ご質問、お待ちしています。



Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
メールアドレス(確認)
質問事項
 
 
 
 
Profile
Professional
サステナブル料理研究家/未来を創る料理教室クリエイ..

サカイ優佳子

Mission
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Senmon
料理研究家 乾物 料理教室 料理教室コンサル レシピ開発

食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「超簡単!ドライマンゴーをヨーグルトでもどすだけ」(主婦の友社)。
乾物関連の書籍総発行部数は8万部ごえ。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。 <こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

料理を作ることで食について考える機会が増えるはずという思いから、料理を作る人を増やす活動を続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
©️サカイ優佳子
Powered by reservestock