【面接回答ヒント】  逆面接



最後に質問ありますか?
見極めること
  • 1 目上の人に質問する際の対応力
  • 2 質問力があるかどうか
  • 3 企業研究の深度
  • 1 目上の人に質問する際の対応力
Aさん
「就職日の4月までにやっておいたほうが良いことは何でしょうか?」
目上の方に質問する言い方ではないですね。

個人的な見解として、一文の質問になりますが、その質問をする根拠を言いながら質問するとよいと思います。
  • 2 質問力があるかどうか
①ホームページに載っていることを質問する
 ⇒ホームページ読み込んでいない

②戦略について質問する
 ⇒インサイダーになることをなぜ質問する?

③○○○の戦略について
 ⇒質問が異なりますが、ツイッターに書かれると困るようなことを質問されると、回答者は困りますね。

基本的には、●この場でしか聞けないこと ●働く上で参考になること ●友達に共有しても炎上するような内容でないこと、などが適切ですね。

  • 3 企業研究の深度
    ある企業の最終面接は、逆面接40分でした。

    本当にウチで働きたいのなら、質問たくさんありますよね。

    企業研究をしっかりと行わなければ、質問は出せません。

  • もし、ホームページや決算短信、有価証券報告書、自治体の計画に載っている内容について質問すると面接官は、

  • 「決算短信に記載されている内容を質問するということは、ここまで企業研究されていない」

  • 「〇〇市総合計画に載っている内容を質問するということは、そこまで読み込んでいない」

    判断されてしまいます。
準備しておくこと
最低でも2つの逆質問を考えましょう。
その逆質問をできれば、採用に関わった方に「この質問で失礼がないか?的外れでないか?適しているか?」確認とってください。
難しく考えすぎると駄目ですよ。
Facebookアカウントをお持ちの方
過去に入力した項目はメールアドレスだけで自動入力されます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
1ヶ月毎にレッスンイベントを作成します。