Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
29336_ywy5ywe1zjgymtnkm
オンライン無料個別相談
(90分)

友達づきあいが苦手
小学3~4年生凸凹キッズの
コミュニケーション力を高める!
個別相談会受付中

お子様専用のサポートプラン付き



▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む


今だけ!
通常22,000円のところ
10名様のみ無料
で受け付けます。


【3つの特典】
・お子様のタイプ診断
・ママのタイプ診断

コミュ力UP!サポートプラン付き

【費用・時間】

  費用:無料
  所要時間:約1.5~2時間


【場所】
・ZOOM(無料通信ビデオ通話)



【お申し込み方法】
 ページの最下部のフォームより
 お申込みください。

 

友達づきあいが苦手
小学3~4年生凸凹キッズの
コミュニケーション力をUPしませんか?



実は!
おうちお母さんがひと言話すだけで
凸凹キッズの自己肯定感はグーーンと上がるのです!

 

3、4年生の時期は
発達の個人差も顕著 になる時期!

 

脳科学に基づく
発達科学コミュニケーション
凸凹キッズの頑張るチカラを
脳科学をもとに

ママの声かけで育てて行きましょう

ここでお母さんのうっかりチェックをちょっとご紹介します。

⬜︎褒めるよりも叱ってばかりいる

⬜︎何かができていないとすぐ指摘してしまう

⬜︎くどくどお説教する

⬜︎頑張ったことより結果を重視する

⬜︎「やって当たり前」のことは褒めない

  


何個チェックがつきましたか?
2個以上ついたら
お子さんの自己肯定感は低くなっているかもしれませんね。


理由は…

凸凹キッズが動けなくなる理由

怒られすぎ!
認められない!
周りの子どもとのギャップが大きくなる
からなのです。

小3、4年生になると様々なことが難易度がUP!?

小学校3年以降 小学校 4 年生くらいになると
成長の個人差が大きくなり、
友達の中から気の合う相手を見つけて、
深く狭い付き合いになってきます。

空気を読めるようになり、
グループのルールや暗黙の了解を
意識し始める子が増えてくるのです。

そうなることで、
自分のことを客観的に捉えられ、
周りとの違いに気づき始めてきます。

できないことが増えてきて
認められないと
どんどん自己肯定感が低下してしまいます。

 

▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

 

親子の会話を増やして自己肯定感を
伸ばしてあげるには!

お母さんの視点を変える必要があります。

 NG対応をやめて、

しっかりと言葉を伝えていく必要があります。

 

友達づきあいが苦手
小学3~4年生凸凹キッズの
コミュニケーション力を高める!
個別相談会受付中

お子様専用のサポートプラン付き

▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

•自分の気持ちをうまく伝えられた
 
•お母さんにわかってもらえた
 
•コミュニケーションの楽しさを知る
 
•自分の感情をうまくコントロールできた

こんな経験をおうちでしっかり積むことで
それまでうまく話せなかった子どもたちが
自信を取り戻すきっかけにもなります。

この2学期の時期を
チャンスと捉えて
お子様との接し方を変えてみて欲しいのです。

そうすることで
会話の中で感情を学んだり、
これでいいんだ!と感じを掴み
会話が増え
てくると

自己肯定感がどんどんアップして
できることも増え
素直さが伸びて
自信につながります。

 

だからこそ!
ママの口癖を
子どもの脳に届く伝え方に変換して
会話をしていきたいのです。

 

友達づきあいが苦手
小学3~4年生凸凹キッズの
コミュニケーション力を高める!
個別相談会受付中

お子様専用のサポートプラン付き




▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

発達科学コミュニケーションを
実践されたママさんの声

【小3と5歳の男子のママ】群馬県在住

Before

家ではいつもゲームやテレビに夢中になっていて
やるべきことを後回しにする、

友達と遊べば、
面白くないことがあるとすぐイライラして
友達と衝突することもあり

そんな子どもへ
『いい加減にしなさい!』
『宿題はどうしたの!』
『なんで遊んでるのに楽しくなくするのかな!』

など強い口調ばかりになります。

あまり言いすぎても良くないとわかっているのですが
つい、見ているとイライラしてきて言ってしまいます。

そうすると子どももイライラして
暴言を吐いたり、
ぐずぐず泣いたりして余計にうまくいきません。

せっかく友達と遊んでいても
雰囲気が悪くなり
友達も離れていってしまうのでは、、、
と不安になります。

 

After

まずは今までのかけてきた言葉を
興味を持った声かけに変えてみました。

すると
子どももゲームの話を教えてくれて

さらに、ゲームを中断してもいい時間を
知ることができました。

個別相談でお聞きした
肯定を増やせたので

ゲームの時だけでなく
子どもとのいつもトゲトゲした会話が
楽しい会話に変わってきました。


このまま暴言も減るといいなと思います。

 

ちょっとした言い方を変えただけなのに
こんなにスムーズに子どもと関われているなんて
久しぶりです。


お友達と遊ぶ時も
落ち着いてくれるといいです。



【小5年生凸凹キッズママ】東京都在住---------- 

Before

学校でお友達とうまくいかず
電話がかかってくることが多いです。

お友達が話していることが気に入らないと
「それは違う!」
などと関わってしまうため
そこからトラブルになり
手を出したり、暴れたりするので
最後には自分が悪者になってしまいます。

聞き流すように話しますが
それができないようで、

学校で友達関係はうまくいっておらず
どうしていいのか悩むばかりです。

 

After

個別相談をンラインセミナーを受けて、
個別相談まで受けさせてもらったあと

子どもの話を聞いてあげるようにしました。

今まで知らず知らずに
言い逃していたようなことでも褒めて
おうちでの会話を増やしました。

もともとの我が子らしさが出てきて
家での様子が落ち着いてきました。

学校での様子もこのまま落ち着いてくると嬉しいです。


※写真は過去の個別相談の様子です。
オンラインなのでどこからでもネット環境があれば参加できます。

 
発達科学コミュニケーションは
「脳科学」「心理学」「教育学」
いいとこ取りで作られた科学的な
メソッド。
 
発コミュ.png
 
科学的な根拠に基づいた
コミュニケーションメソッドの
実践で、
親子のコミュニケーションを改善して、
親が子どもを伸ばす接し方をすることで、
子どもの発達を加速させます。
さらには、
今すぐ実践できる効果あるメソッドをお母さんに手渡します。

▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

 

ママとの会話が
お互いに一方通行では
子どもの素直さは伸びてきません。


だからこそ
凸凹キッズへの対応術をお母さんに知ってほしいのです。

 

 

最後に、私のことをお話します。

改めまして、
発達科学コミュニケーション
トレーナーの
遠藤有里(えんどう ゆり)です。


私は、
専門学校1年生の長女

高校1年生の長男
(発コミュ受講のきっかけでもあり思春期反抗期の暴言暴力で悩んだが改善)

小学校3年生次男(友達トラブルが多い)

5歳の年中次女の


4児の母親です。


発コミュに出会う前の私は

ねばならない!という
ガミガミイライラママでした。

 

ワンオペで
自営で仕事をもっておりましたので
毎日多いそがし。

子どもとコミュニケーションをとるということが
どういうことかわからぬまま
体調管理をしてやりたいことを応援することで精一杯でした。

 

3番目の子・次男が小学校へ上がると、
お友達とのトラブルで、
学校から電話がかかってくることが続きました。

 

同じ頃、頑張り屋で勉強にもスポーツにも励んでいた2番目の子・長男が、
急に習い事をやめる!
学校へは行かない!と言い始め、
やる気喪失、暴言、暴力が悪化しました。

 

そんなときに発達科学コミュニケーションに出会い、
受講2ヶ月後、
当時中2だった長男の暴言暴力がなくなり、
持ち前の素直さが伸び見事進学校に合格して高校生になりました。
次は高校野球が楽しみです。

 

次男の友達トラブルも随分と落ち着きました。
たまにトラブルはありますが
それを落ち着かせる方法を私がしっかりマスターしているので
以前に比べて息子はとても前向きになりました。

行き渋っていた習い事にも行けるようになり
家でも学校でも落ち着いて過ごしています。

 

今まで忙しく焦ってばかりで、
イライラガミガミだった状態の私でも、
子どものやる気を引き出し、
子だくさんのハード育児を笑顔で
楽しく乗り切ることが出来るようになり、
忙しくても充実した時間を作り出すことができました。

 

毎日の中で子どもが成長するコミュニケーションをしたい!
子どものために頑張りたい!
と願うママさんとお話しできるのを楽しみにしております。

▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

<個別相談会実施中>

= 10様限定
   個別相談
無料
受付中!=

一番身近な存在である
お母さんの声かけは、
子どもの成長に大きく関わることが
脳科学的にわかっています。


ZOOM個別相談(90分)

 

友達づきあいが苦手
小学3~4年生凸凹キッズの
コミュニケーション力を高める!
個別相談会受付中

お子様専用のサポートプラン付き





 

▼▼申し込みはこちらをクリック ▼▼

無料個別相談を申し込む

今だけ!
通常22,000円のところ
10名様のみ無料で受け付けます。

【3つの特典】
・お子様のタイプ診断
・ママのタイプ診断

コミュ力UP!サポートプラン付き


【費用・時間】

  費用:無料
  所要時間:約1.5~2時間


【場所】
・ZOOM(無料通信ビデオ通話)



【お申し込み方法】
 ページの最下部のフォームより
 お申込みください。

 

①事前ワークとして、
 お子さんの現状を明確にする
 <12の質問>へご回答ください


 
②当日は、まず
  生育歴や現状のお悩みを
  お聞きします。



③次に、発達の課題や親子の
 コミュニケーションの診断を行い、
 客観的な数値から
 さらに分析を行います。


④最後に、
 お子さんの発達の課題を整理し、
 その優先課題にフォーカスして
 お子様だけの発達サポートプラン
 をご提案いたします。


【注意事項】必ずお読みください。


1.個別相談は保護者の方と行います。
お子様のいらっしゃらない環境で、

集中できる環境が確保できる日時を
お選びください。


2.「平日昼間」「夜・土日祝日」と
ある場合はどちらか1つをお選びください。
万が一ご希望に添えない場合は、
こちらから再度ご相談させていただく
場合が
ございます。


3.個別相談お申し込み後、メールが届きます。
数時間たっても届かない場合には、
アドレスを誤ってご登録された可能性が
ありますので、再度ご登録ください。
また、こちらからのメールは以下の
メールアドレスからお送りいたします。
メールの受信制限をされている方は
「88yuriendoh88@gmail.com」を
受信できるよう設定をお願いします。


4.お申込み後に届くメールに記載されている、
「事前ワーク」のご提出をもって、
ご予約確定
となります。

メール内容のご確認を必ずお願いします。
期限内に事前ワークをご提出いただけない場合には、ご予約の取り消しをさせて
いただく場合がございます。


5.やむを得ない事由により、キャンセルをご希望される場合には、
できるだけ早く
(3日以上前)、
キャンセルの理由を添えて
ご連絡ください。
キャンセルの理由や経緯によっては、
再度のご予約をお受けしかねる場合も
ございます。ご了承ください。


6.個別相談お申し込み、及び、事前ワークの
ご提出後、自動返信でメールが送信されます。
返信メールが届かない場合には、
お申し込みおよびワークのご提出がうまく
出来ていないことが考えられます。
その状況はこちらでは分かりかねます、
ご心配な場合には、メールにてお問合せ
ください。


個別相談では、
楽しくお話をさせていただき、
お子さまの未来を明るくする
お話をいたしましょう!

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
お名前(かな)
せい)
めい)
メールアドレス Must
メールアドレス(確認)
個別相談日程 Must
※約90〜120分
  •  9/25(金)11:30〜
  •  9/28(月)10:00 〜
  •  9/28(月)22:00 〜
  •  9/29(火)22:00 〜
  •  9/30(水)11:30〜
  •  9/30(水)14:00〜
その他どうしても上記の日時が都合が合わなくて個別相談を受けてたい!と言うご希望の強い方はご希望をこちらへご入力ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
発達科学コミュニケーショントレーナー

遠藤 有里

Mission
親子のコミュニケーションをスムーズにして、子どもの成長を加速させる!発達科学コミュニケーション
Senmon
発達凸凹 グレーゾーン 思春期・反抗期 きょうだい 親子のコミュニケーション やる気アップ

高3長女
中3長男
小2次男
年少次女の4人の子どもの母です。

発達科学コミュニケーションに出会う前までは
4人の子育てってこんなもんかな…
ワンオペだ実家も遠いし、人より大変で当たり前。しっかりとご飯を食べさせて、遊ばせて、寝かせれば大丈夫!と努力と根性で子育てしていました。

4番目の子・次女が生まれた頃から、しだいに3番目・次男の話の内容が通じていない、自分ルールが変えられない、行動の切り替えができない、などの育てにくさを感じはじめました。

次男が年長のとき、就学前相談をすすめられ、受診しましたが特に診断もつかないまま。具体的な対応策もわからないまま、市内の病院に3ヶ月に1回通うだけの生活が続きました。

そして次男が小学校へ上がると、お友達とのトラブルで、学校から電話がかかってくることが続きました。しかし、4人の育児に、仕事に、追われる私は、息子に対して『なんで我慢できないの』という言葉や態度を顕にしていました。

同じ頃、頑張り屋で勉強にもスポーツにも励んでいた2番目の子・長男が、急に習い事をやめる!学校へは行かない!と言い始め、やる気喪失、暴言、暴力が悪化しました。
口を開けばクソババア!と言われ、それに対して私もガミガミ言い続け、親子バトルは悪化の一途。

4番目の子・次女にまで友達トラブルが増え、家族がギスギスした状態でずっと過ごしていました。

当の私は忙しく、十分な対応をできなかったことにずっと罪悪感を感じていました。

子どもの担任や指導者に相談するも具体的な解決策は見つからず、本を読んだり、ネットで調べたり、しましたが自己流ではうまくいきませんでした。

アロマを使ったり、タッチケアをしたり、食事で体に良い美味しいものを作ったり、やる気を引き出すコーチングを実践したり、占いまでもしてもらいましたが、根本的改善にはつながリませんでした。

長男の暴言、暴力、モノあたりは悪化するばかり。
次男に対しては学校から電話がかかってこないか、お友達とのトラブルはないか?不安な日々は続きました。
一日を終え、夜になるとみんながイライラ…
「どうして私の子育てはこんな風にうまく行かないの?!」と何もかも投げ出したくなる日を送っていました。


なんとかしたい!と思っていた、
そんなときにFacebookで発達科学コミュニケーションに出会い、
私達親子の課題がはっきりとわかり、この先、私と子どもたちの関わりをどう変えていけばいいのかを知ることができました。
これは自己流でやるよりも、しっかり学んだ方がいいと感じ、親子の笑顔の時間を取り戻すために、発達科学コミュニケーションを学ぶことにしました。

すると、たった2ヶ月後で、当時中2だった長男の暴言暴力はなくなり、小学校1年生の次男の友達トラブルも落ち着きました。

きょうだいみな笑顔も増え、穏やかなコミュニケーションに変わりました。

何よりも、忙しく4人の子育てや仕事に追われる私でも、子どもとの時間を楽しみながら過ごすことが出来るようになりました。
もし私が発達科学コミュニケーションに出会っていなかったら、
子育てへの不安、妥協や、もどかしさ、やるせなさを拭いきれないまま、
人生を人のせいにし続けて、いっそう人間関係で疎外感を持ったまま生活を続けていたことでしょう。

今まで忙しく不安で、イライラガミガミだった状態の私でも、子どものやる気を引き出し、子だくさんのハード育児を笑顔で楽しく乗り切ることが出来るようになりました。
忙しくても充実した時間を作り出すことができました。

4人いるから4通りの手法を学ぶのは大変!
たった一つの子どもの脳を発達させる方法を学ぶだけで、
どの子もすくすく伸び始めるのです。

子だくさんの忙しいママでも、
シンプルに簡単に子どもの成長を加速させるもとができる
この発達科学コミュニケーションを、子育てに行き詰まっているママへお伝えするのが私の使命です。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock