Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 

【ユーチューブ動画】 警察官 面接質問

イベントカレンダーはこちら

このページは、警察官採用面接練習のための質問をユーチューブ動画音声でまとめたものです。

質問のみが録画されています。

繰り返し、練習してください。

 

現在、過去の質問をまとめています。
載っていない警察に関しては、時々、確認してください。

 

極力、本番に間に合うようにがんばって作成ます。

回答ができたら、ぜひ面接1日特訓を受けてくださいね。

 

面接100本ノック

下記の質問を上から順番に聞き、全て1文で答えていきます。

 

鉄板質問

警察官向けの1時間20分模擬面接はこちら

 

警視庁 面接質問動画付

警視庁の1時間20分模擬面悦はこちら

 

愛知県警 面接質問動画付

愛知県警察の1時間20分模擬面接はこちら

 

大阪府警その1面接質問動画付

大阪府警察の1時間20分模擬面接はこちら

 

大阪府警その2

大阪府警察の1時間20分模擬面接はこちら

 

兵庫県警 面接質問動画付

兵庫県警察1時間20分もぎめんせつはこちら

 

埼玉県警察 面接質問動画付

埼玉県警察1時間20分模擬面接はこちら

 

神奈川県警察 面接質問動画付

神奈川県警察1時間20分模擬面接はこちら

 

千葉県警察 面接質問動画付

千葉県警察1時間20分模擬面接はこちら

 

京都府警察 面接質問動画付

京都府警察1時間20分模擬面接はこちら

 

 

イベントカレンダー

警察官になる就活戦略

 

民間企業・市役所/県庁職員・国家公務員と全く異なる人材を求めているのが「警察官・消防官」ですね。

 

その理由は、仕事内容に「状況判断力・論理性・強靭な精神力/体力」などの能力が必要なのと、「誠実さ・真摯さ・正義感」などの資質が必要だからです。

 

警察官として働く上で働き方が大きく3つあります。

一つ目は、「頭脳派」と個人的に呼んでおり、論理性を駆使しながら鑑識や刑事として犯罪者の検挙につなげていく仕事に就く方々です。

 

二つ目は、「武闘派」と呼んでおり、機動隊やSPなど、強靭な精神力・体力・身体能力を活かし、仕事に就く方々です。

 

三つ目は、頭脳派と武闘派の中間的な仕事であり、最初に配属される交番勤務が主にその仕事になります。

 

ここから、戦略が大きく異なってきます。

 

警察官としての人数が多い組織(警視庁や大阪府警など)では、それぞれのプロフェッショナルとして人材が求められることが多く、規模の小さい警察組織(地方の県警)では、どの部署の仕事でもできるマルチな人材が求められることが多いようです。


ここから、戦略が大きく異なってきます。

 

警察官として求める人材

①警察官にふさわしい人

・正直な人
 ⇒YG性格検査から仮説⇒面接確認
・誠実な人
 ⇒面接から確認
・一生懸命頑張る人
 ⇒クレペリン検査から仮説⇒面接から確認

 ⇒県警使用の適性検査はこちら


つまり、人物として尊敬できる人ですね。
 ⇒ほとんどは、面接から確認できます。

 

②警察官職務に情熱のある人

・どうしても警察官になりたい人
 ⇒警察官になりたい志望動機から確認
 ⇒併願先から確認

 

 

③警察官に必要な

 「資質・能力」ある人

・テクニカルスキル
・ヒューマンスキル
・コンセプチュアルスキル
上記「能力」を下記選考から確認

⇒コンピテンシー面接についてはこちら

 

また、
・強靭な体力
・強靭な精神力
上記「能力」は下記選考から確認

 

・正義感
・粘り強さ
・やり通す
上記「資質」を下記選考から確認

 

 

選考から何を見極めるのか

①筆記試験

・テクニカルスキル=暗記力
 ⇒法の番人としての知識暗記力あるか確認
・粘り強さ
 ⇒半年間1日4時間以上の勉強から確認

 

②作文・小論文

・結論と根拠、その論理性があるか確認
・文章書く能力があるか確認
 ⇒小論文に関してのヒントはこちら

 

③体力検査

・24時間働き続ける体力があるか確認
・悪と対峙する身体能力があるか確認
 ⇒各県警の体力検査はこちら

 

④性格・適性検査

クレペリン検査
 ⇒一生懸命がんばる人材か確認
YG性格検査
 ⇒うそをつく傾向が高いか確認⇒面接確認
 ⇒メンタル/精神力高いか仮説⇒面接確認
 ⇒どの部署の適性があるか仮説⇒面接確認
 ⇒適性検査の対策についてまとめています

 

⑤面接カード

・記入内容から性格判断
・簡潔に文章をまとめる
 ⇒論理性等確認
・リスク回避能力が高いかを確認
 ⇒志望動機の作り方ヒント
 ⇒自己PRの作り方ヒント
 ⇒面接カード書き方ヒントを集めています

 

⑥集団討論

・リーダーシップ確認
・コミュニケーション力確認
・論理性確認
・まとめる力を確認
・伝える力を確認
・住民対応力を確認
⇒集団討論のヒントを集めています。

 

⑦面接

①~⑥までから仮説を立てた
・活躍する「資質」
・活躍する「能力」
・活躍する「仕事への情熱」
上記を確認という形で見極めています。
レッドカード1発でアウト
⇒面接のヒントを集めています。

 

 

就活:何を準備するべきか

①筆記試験

・大学の公務員コースで勉強する
・公務員通信コース等を受講する
・定期的に模擬試験を受ける

 

②小論文

・公務員予備校の小論文添削を受ける
・大学キャリアセンターで添削を受ける
・民間企業の有料添削を受ける

 

③体力検査

半年以上毎日続ける体力錬成
・ジョギング約1時間
・腹筋300回
・腕立て伏せ200回


別に、県警の検査内容に合わせ
・シャトルラン120回

年齢 平均値 優れている やや優れている 普通
17歳 88 132以上 131~103 102~
18歳 83 124以上 123~97 96~
19歳 82 120以上 119~96 95~
20 -24歳 75 114以上 113~89 88~

文部科学省 体力・運動能力調査

 

・反復横跳び 65

参考文献:https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/column/fcmanual/18r_hanpukuyokotobi.pdf
ジュニア:12歳~19歳 シニア:20足~61歳

 

・握力 55

年齢 平均値 優れている やや優れている 普通
17歳 42 53以上 52~46 45~
18歳 41 51以上 50~46 45~
19歳 42 52以上 51~46 45~
20-24歳 46 57以上 56~51 50~

文部科学省 体力・運動能力調査

 

北海道警の結果も参考にしてくださいね。

 

④性格・適性検査

・クレペリン検査
 ⇒警察官面接対策セミナーにて対策
 ⇒面接1日特訓練習会にて対策
・YG性格検査
 ⇒警察官面接対策セミナーにて対策
 ⇒面接1日特訓練習会にて対策
・MMPI
 ⇒面接1日特訓練習会にて対策

 

⑤面接カード

・添削を受ける
 ⇒1時間20分個人レッスンにて添削
 ⇒面接1日特訓練習会にて添削
 ⇒面接カード1日添削完成会で添削

 

⑥集団討論

・集団討論の練習を行う
 ⇒集団討論1日練習会で練習する

 

⑦面接

・模擬面接を受け問題解決
 ⇒1時間20分模擬面接にて対策
 ⇒面接1日特訓練習会にて対策

 

 

警察官就活戦略のまとめ

ポイント優先順位
1日面接特訓練習会
警察官面接対策セミナー
③必要であれば、個人模擬面接

 

 
 
 
 
Profile
Expert_s
大学講師:元採用担当者直接指導

伊藤内定ゼミ

Mission
現役大学講師で元採用担当者が直接指導します。
Senmon
現役大学講師で元採用担当者が模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削を直接行います。 横浜、名古屋、大阪、Zoomにて公務員(国家公務員、県庁、市役所)、警察官、消防官、上場企業向けの評判良いセミナー開催しています。

青山学院大学卒業
・800名部下をもつ管理職
・元採用担当者
 採用から人材育成担当
・人事コンサルティング
 コンピテンシー専門

うまくいく人と
うまくいかない人の差
「伝える力」×「能力」
どちらかが不足の場合が多い

この不足部分を
コンピテンシー専門家として
お伝えします。

現在、大学講師

B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2012-2021 伊藤内定ゼミ All Rights Reserved.
Powered by reservestock