Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
18_zdmznme0mjuxzjqxm

ゆで汁アレンジクラブ入会届

ようこそ!ゆで汁アレンジクラブへ



忙しい日常にゆで汁をしみ込ませて
「正しい手を抜き」を身につけて
毎日のご飯作りをもっと楽に楽しく!

こんなアナタに届けたい。

   ・忙しくて、ご飯をつくるのがめんどくさい人

   ・食にまつわる情報が多すぎて、何をどう選択していいかわからない人

   ・毎日、献立を考えるのが苦痛な人

   ・ちゃんと食べさせないと…しっかりやらないと!って、必死になっている人

   ・理想がうまく現実とならなくて、ご飯作りに対してあきらめモードな人



ゆで汁マイスターから届く、ゆで汁さんちのリアル晩ご飯の様子
月1レシピなどから、毎日のご飯なんて・・・ こんなもんでいいのね。
ご飯なんて、茹でておけばいいのね♪ と、あなたのご飯作りが楽になって
あなたの笑顔が増えてくれたらと、思います。


お母さんが笑顔になれば、家族は自然と笑顔になるから!

 

 


 
このサービスの流れ
  • 1 こちらの申込フォームから、お申込ください
  • 2 あなたのご購入状況を確認させていただきました上で、参加費のご案内をいたします
  • 4 手続き完了が確認でき次第、ゆで汁アレンジクラブ公式LINEアカウントを送ります
最後にひとこと

ゆで汁さんは、今でこそ… ゆで汁マイスターと名乗っていますが
そもそもは、ご飯作りなんてどうしていいかわからない!
でも、しっかり作らなきゃ、あぁ‥もうめんどくさい・・・ と嘆く
料理教室に通う暇もない、ただの普通の働く母親(ワーママ)でした。


それがある日、ゆで汁と出会うことで…
手をかけないご飯作り = 正しく手を抜いたご飯作り に
出会うことができました。

 

今まで、無駄に頑張ってきたこと
「ねばならない」で必死になってきたこと
これは常識!と思い込んできたこと… すべてに


今一度、本当に必要なことなのか疑問を持つことで
少し視点を変えて、ご飯つくりを見つめる事で
新しい世界が、どんどんと広がっていく… 

そんな感覚に包まれながら、ご飯作りをしています。

 

 

 

正直ね、今だって… 
ご飯作りは、めんどくさいです!


でもね、ゆで汁アレンジクラブの皆さんに
明日は、このお話をしたいな… という思いが
ゆで汁さんの、毎日のご飯作りの源にもなっています。


今夜は、どうしよう…
明日は、何をつくろうか…

アイディアをシェアして、ご飯作りを楽しみましょ!

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
お名前(かな)
せい) Must
めい) Must
メールアドレス Must
メールアドレス(確認)
お住まいの地域 Must
未設定
動画講座は、購入されていますか?いませんか?
  •  1.未購入
  •  2.ゆで汁マイスターの動画講座1本購入
  •  3.ゆで汁マイスターの動画講座2本購入
ゆで汁アレンジクラブ入会届 へメッセージをFacebookに投稿してください。
 
 
 
 
Profile
Professional
ゆで汁マイスター

濱田まさこ

Mission
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
Senmon
ゆで汁マイスター 時短ごはん カンタン 料理が苦手 栄養満点 

国際発酵食医膳協会 認定伝統発酵醸師

冷凍生活アドバイザー
二人の娘と主人の4人暮らし。
娘を二人とも、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
ワーキングマザーでした。

料理遍歴は、長女を妊娠してから。
それまでは、ご飯なんて作ったこともなく、
それこそ実家で、上げ膳据え膳。

結婚しても仕事は忙しく、
帰宅は主人より遅い日々。


そんな生活から一変。

赤ちゃんのために、
素敵なご飯を作ってあげよう!
離乳食だって、完璧に!

そんな雑誌に載っているような、
キラキラした育児
おだやかな時間の流れる、
丁寧な暮らしに憧れまくっていたものの…


出血多量の出産を経て、
待ち構えていた現実の育児は、散々で。。
仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足…
髪を振り乱し、泣きながら台所に立つ毎日。

娘のカラダを思って
必死にご飯を作っているのに、
月に1度は保育園からの呼び出し。
熱を出されては、わたしの大事な有給は…
どんどんと消えていく。

何のために、ご飯を作っているのだろうと、
ご飯作りの放棄時代があったり、
これじゃだめだ!!と偏った食の思考に陥ってみたり…

試行錯誤の時間を過ごしてきました。

そんな日常の中で、
ふと出会ったのが「牛蒡のゆで汁」。

その甘さに驚き、
思わずお味噌汁にしてみたら… 

これが美味しい♪
  

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock