【面接回答ヒント】  どの部署で働きたい?



どの部署で働きたい?

どんな仕事に取り組みたい?


この質問の意図は?

それは、
・自己分析ができているかどうか?
・仕事内容を理解しているか?
・仕事に必要な能力を理解しているか?
・必要な能力をアピールしているか?



・営業向きなのか?
・スペシャリスト向きなのか?
・ゼネラリスト向きなのか?
・研究職向きなのか?
・マーケティング職向きなのか?
・総務向きなのか?
・人事向きなのか?


上記の営業・商品開発・研究・マーケティング等に求められる能力として、コアとなるコンピテンシーは同じですが、業種によってファンクショナルコンピテンシーは異なります。

そのコアコンピテンシーとファンクショナルコンピテンシーを自己分析から抽出しているか!
ただ、「やりたい、やりたい」だけでは面接官は採用しません。

その職務に必要なコンピテンシーを持っており、「活躍できる」と確認できた場合、採用します。



学生が思っている以上に、「どんな仕事に取り組みたいのか?」この質問は奥が深いです。


<<例>>
「マーケティングの仕事に就きたい」の学生には、
・ウチの会社をSWOT分析すると、Sは何ですか?
・3C分析した際の競合他社と差別化できるところは何ですか?
・・・ここでは、マーケティングの仕事に就きたいのなら当然、勉強していますよね!
ここに答えられないと・・・残念な結果になります。


大学で講義を行っていると、多くの学生から「事務職として働きたい」と言われることが多いです。

オフィスワーカーとして働く中で、学生の考えている事務職と実際働いているオフィスワーカーでは、認識に若干の違いがあります。


アルバイトや契約社員でもできる事や外部委託できることは全て、その人たちに任せます。

事務職と言われる社員の多くは、プロフェッショナルとしての専門家的な仕事です。

そこには、総務に向いているファンクショナルコンピテンシーがあり、マーケティングにも向いているファンクショナルコンピテンシーがあります。


この「やりたい仕事」と自己PRでアピールする能力が一致すれば、面接官の「活躍する納得性」が高くなりますね。


コアコンピテンシー
・変革指向性
・コミュニケーション力
・継続学習力
・顧客指向性
・達成指向性
・説明責任力
・問題解決力
・チームワーク力
・対人影響力
これらのコアコンピテンシーは、「がんばったこと」のエピソード内に組み込んでいきます。


ファンクショナルコンピテンシー
<店舗開発>
・調査力
・交渉力など

<人事部>
・育成力
・リスク回避能力など

<マーケティング>
・先を読む力
・分析力など

これらのファンクショナルコンピテンシーは、「自己PR」に組み込んでいきます。


ここの一貫性が確保できたときに面接官は、「この人物は優秀である」と考えます。

あなたの面接回答(コンピテンシーとエピソードの一貫性)を元上場企業採用担当者が添削します。



500名以上内定者:面接ポイント
アドバイス

Facebookアカウントをお持ちの方
過去に入力した項目はメールアドレスだけで自動入力されます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
1ヶ月毎にレッスンイベントを作成します。