行動科学実践力トレーニング

定員数 10 名

こんにちは、行動アシストラボの矢野です。

今回、次のような方たちに向けてお伝えしたいことがあります。

  • 誰かをサポートする仕事をしており、サポート相手の行動を改善するために行動科学(行動分析学)を活用したい。
  • セミナーや講座の講師をしていて、受講者が知識を得るだけでなく、日常行動まで改善できるよう行動科学(行動分析学)をコンテンツの中に盛り込みたい。
  • 自分自身のセルフマネジメントに行動科学(行動分析学)を活用することで、行動を自由にコントロールできるようになりたい。
  • 行動科学に興味を持ち、これからの自分に必要だからこそ、実用的なレベルで使えるようになりたい。


残念ながら行動科学を学ぶ場はとても限られています。

パッと思いつくのは大学院等の教育・研究機関ですが、多くの人にとって現実的な選択肢ではありません。

だから通常は独学でコツコツと頑張ることになります。


独学での悩みは、本を読んで分からない所があっても質問する相手がいないこと。

あるいは、実践してみて効果が出なかったときに、何が悪くて、どこを改善すべきかアドバイスをくれる人がいないこと。

残念ながら、これが行動科学を学ぼうとする人にとっての現実です。

つまり、行動科学を実用レベルで活用しようとすると、かなりの確率で挫折してしまう、そんな環境になっているんです。


ただ、こういった「学びの障壁」を乗り越えることができたなら、行動科学は僕たちに「行動の問題を解決するための確かな能力」を与えてくれます。

行動科学を自分や他人のために役立てることができるようになれます。


行動科学を”使う”前に挫折してしまう理由


行動の問題を解決できるようになるために必要なのは、行動についての「正しい知識とそれを扱う技術」です。

とりわけ、実際に問題を解決するために要求されるのは「技術」になるでしょう。

実用レベルの技術を得るには次の4ステップが効果的です。

  1. 知る
  2. やってみる
  3. できる
  4. 分かる

何かを学ぶにあたってやってしまいがちな失敗が、ちゃんと理解してから実践しようとすることです。

理解してからやってみる…この流れ、実は逆なのです。

僕たちは「できるようになったこと」しか理解できません。

たくさんの情報を仕入れて理解しても、それは「分かったつもり」になっているだけで、そのままでは机上の空論を振りかざすことになってしまいます。

とても実用的なレベルの技術を持っているとは言えません。

技術の習得に必要なのは、得た知識を何度も試してみて、少しずつでも上手くできることを増やしていくことです。

そのためのプロセスが先程紹介した4ステップなのです。


しかし、ここで問題があります。

この学びの4ステップは、独学だと途中で挫折してしまいやすいのです。

多くの人は「知る」ことは容易にクリアできます。

しかし、これが「やってみる」の段階に入ると途端に難易度が上がります。


理由は2つ。

1つは「やってみる」ための具体的な行動がなかなか思いつかないことです。

でも、これはまだ解決しやすい問題かもしれません。

誰かに教えてもらったり、情報収集したりすることで、ひとまず何らかの行動にはたどり着きますので。

厄介なのはもう1つの理由の方です。

それは「やってみたけど期待した結果が得られない」という経験をしてしまうことです。


技術レベルが低いときは、当然ながら失敗が多くなります。

失敗自体は学ぶべき情報を与えてくれる経験ですので、本当は悪いことではないのですが、そうはいっても進歩の手応えが得られないので、あまり気分の良いものではないでしょう。

特に独学でやっている場合は、アドバイスをくれる人もいませんので、ちゃんと進歩につながる改善点が見つけにくく、手応えのなさという問題がより顕著に現れます。

僕たちは何の手応えも得られないのに、コツコツと努力を続けていけるほど強くはありません。

行動科学を実用的なレベルで使いこなせるようになりたいのに、そこに到達するまでの見通し持てず、やがて挫折していきます。


POINT

実用的な技術を得るには、失敗を経験しながらも試すことが必要だけど、初期段階の手応えのなさから挫折しやすい。


実用的なレベルの技術を手に入れる工夫


挫折せずに学びを進めるには手応え、つまり小さくてもいいので成功体験が必要です。

行動科学の知識と技術を「実用的に扱えるようになる」ためのガイドラインとして「行動力のフレームワーク」を用いると、学びの効率が良くなり、手応えを感じやすくなります。

行動力のフレームワークとともに学びの4ステップを進め、行動の問題を解決するための引き出し(技術)を1つずつマスターしていきましょう。



問題を解決できる「使える技術」を得られたという成功体験の積み重ねによって「行動科学の学び方」が分かってきます。

学び方を理解できることの恩恵は、とても大きなものです。

なぜならそれから先、たとえ独学であっても、着実に行動科学の技術を習得できるようになるからです。

成長の効率が良くなるだけでなく、行動科学を扱うことについての自信も持てるようになるでしょう。


POINT

行動力のフレームワークと学びの4ステップを組み合わせた「行動科学の学び方」を覚えると、成長の効率がよくなり、行動科学を扱うことにも自信が持てるようになる。


行動科学の学び方への理解がもたらすもの


加えて、技術の学び方を理解することで行動の問題を解決するための「独自ノウハウ」を作れるようになります。

また、世の中にある様々な行動のノウハウについて、どの部分がどのような効果を持っているのか、あるいはどういった不足があるのかを分析できるようになるので、それらのノウハウをカスタマイズして自分のものにしやすくなります。

なぜこういったことができるかというと、ノウハウを作ったりカスタマイズするプロセスと、技術を習得するプロセスはほとんど同じだから。


行動の問題は人によって、あるいは状況によって異なる様相をみせます。

すべての問題を解決できるノウハウはありません。

ですので、大切なのはその人や状況に合わせて適切なノウハウを適用することです。

その前提に立てば、独自のノウハウを作ったり、既存のノウハウをカスマイズできることは、様々な問題を解決する引き出しを増やすために欠かすことができません。

学びのプロセスを体験しつつ、それをノウハウ構築のプロセスへと応用していくことで、行動の問題を解決するための「実用レベルの技術」が手に入ります。


POINT

技術の学び方を応用すると、独自のノウハウを構築できたり、様々なノウハウを自分のものにできるので、実用レベルの技術(問題解決の引き出し)が増えていく。


トレーニングの主な内容


以上を踏まえ、6ヶ月間に渡る個別トレーニングコースをご提供します。

主な内容は下記の通りです。

レベル1 基礎. ”じぶん実験”で行動力のフレームワークを理解する

行動力のフレームワークを理解することは、行動科学の学び方を獲得するのに非常に有効です。

まずは行動力のフレームワークとはどんなものか、扱うために必要な行動科学の知識をお伝えします。

その上で、あなた自身や身近な事例を使って、問題を分析し、解決策を考案するプロセスを経験してもらいます。

実際に行動を改善してみるということにもチャレンジします。

このような取り組みを通し机上で学んだ知識が経験によって補完され、フレームワークへ理解が深まります。


レベル2 実践. 行動に効果的なノウハウを行動力のフレームワークから理解する

2つ目のステップに進むことができると、より実践力をトレーニングする内容になります。

このステップでは、矢野が実際に使って効果があり、かつ汎用的に使える次の3つのノウハウを扱います。

  1. 動機づけを機能させる「状況に合わせた週間目標」の技術
  2. 必要なタイミングで行動を促す「シンプルな条件型計画」の技術
  3. 時間と行動をマネジメントする「時間割ゲーム」の技術

これらのノウハウを行動力のフレームワークを使って分析し、自分の日常に合わせて導入を試みてもらいます。

目的は行動科学のノウハウの学び方を経験してもらうことにあります。

もちろん、それぞれのノウハウはどれも効果的なものですから、今後も有効活用できるかと思います。


レベル3 応用. 行動についての独自ノウハウを構築する

3つ目のステップでは締めくくりとして、あなた独自のノウハウ構築にチャレンジしてもらいます。

ポイントは

  • 独自ノウハウ構築にあたり、どのようなテーマを持てばいいのか
  • ノウハウ構築にあたり、どのように情報を収集すればいいのか
  • ノウハウ構築をどのようなステップでチャレンジしていけばいいのか

をお伝えし、実践していただきます。

このステップをクリアすることで、行動の問題はあなたにとって「新しいノウハウを構築するきっかけ」であることを実感できるはずです。


実施形式と費用について


実施形式について:

本トレーニングは1対1で実施する個別レッスンになります。

進捗状況に合わせてトレーニング内容をカスタマイズする必要があるからです。

トレーニング自体は対面、またはZoom等のWeb会議アプリを使用します。

トレーニング期間は約半年間を目安にしてください。


費用について:

月32,400円 × 6ヶ月


お支払い方法:

PayPalまたは銀行振込


誰でも行動科学の技術をマスターできるのか?


このトレーニングコースを受講すれば、誰でも同じように行動科学の技術をマスターできるのでしょうか。

残念ながら「誰でも同じレベルの技術をマスターする」ことはできませんし、保証もできません。

なぜならトレーニングスタート時点の知識レベル、技術レベルは様々ですし、それまでの学習履歴から学びやすいことと学びにくいことも違うでしょう。

6ヶ月間のトレーニングを経て、どんなレベルに到達しているかは人それぞれなのは当然のことかと思います。


僕が現実的に提供できる効果は、トレーニングスタート時点に比べれば明らかにできることが増えた、という実感を持っていただくことです。

みんなが同じレベルに到達できるとはいえませんが、トレーニングを受けることで実用的に使えるようになる技術はいくつか得られるでしょうし、その技術の獲得を通して行動科学の学び方を以前より理解できていることでしょう。

学び方への理解が進めば、トレーニングが終わった後も独学によって更に成長してくことも可能です。

そのことにどの程度の価値を見い出せるかによって、このトレーニングコースの価値が決まるかと思います。

もしご興味がありましたら、上記の点について考慮していただければ嬉しいです。


オリエンテーションのご案内


本トレーングコースの受講を検討したい方は、まずは個人オリエンテーションにお申し込みください。

オリエンテーションでは1対1でお時間をいただいて、次のことをお伝えします。

  • あなたがトレーニングを通して得たいものを伺い、どのようなステップで進め、どのような効果が期待できるかをご説明します
  • トレーニングの前提である、行動の問題を解決する基本的なステップについての簡単なレクチャーをします
  • トレーニング全般で使用する行動力のフレームワークについての解説をします
  • トレーニングに関する質問や要望をお伺いします

オリエンテーションの実施形式、時間、費用は下記の通りです。

  • 実施形式:Zoomを使った通話
  • 所要時間:60〜90分
  • 費用:無料

終わった後にトレーニングコースの本申込フォームをご案内します。

オリエンテーションを受けて、改めて申し込むかどうかをご検討ください。

もちろん申し込まないという結論でも全く問題ありません。

トレーニングコースについてもうちょっと知りたいから、という気軽な気持ちでオリエンテーションを受けてみてください。


オリエンテーションをご希望の方は、下記のフォームからお申し込みください。



定員数
10 名
Facebookアカウントをお持ちの方
過去に申し込まれた方はメールアドレスだけで申し込みいただけます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
オリエンテーションで知りたいことやトレーニングに期待することなど必須
オリエンテーションの希望日時必須
第3希望までご記入ください
記入例:10/15 15:00〜
ご質問や連絡事項など