Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 

無料個別相談申し込み

話し方やコミュニケーションで

野中アンディに質問したい方

 

 

申し込みフォームは一番下にあります。

コミュニケーション力を鍛える

 

人はコミュニケーションをする際に言葉とそれ以外、つまり言語と非言語を使います。

お客様に商品を買ってもらうのであれば、この二つを効果的に使う必要があります。

 

これまでコミュニケーションを実践的に訓練したことはありますか?

それとも自然に身についた自分の経験に基づいた習得でしたか?他の同僚の皆さんも各々の経験に基づいた習得に任せているかもしれませんね。

 

でも日本ではあまり知られていませんが、実はコミュニケーションって学ばないといけないものなのです。実際、日本以外の国ではコミュニケーションは教育に組み込まれています。

 

 

 

 

人前で自分の考えを伝える訓練をするのです。

だって社会人になって確実に必要なスキルなんですから。

 

 

その良い例がプレゼンテーションです。

 

日本ではパワーポイントで資料を作ることがその準備の大半で、言いたいセリフを資料の中に書き込んでいます。

当日はそれを読み上げるのです。説得力が上がるわけありません。

誰から習うこともなく、我流でパワーポイントを使おうとします。

それは高いお金を払って道具だけは揃えてプロに習わずに上手くなろうとするのと同じです。

 

ゴルフをするにもテニスをするにも、プロに教わり何度も練習するしか上達する方法はありません。我流のスィングは例外なく非効率的で格好悪いですよね。

道具を揃えたところでそれをどう使うかを知らないと宝の持ち腐れです。

 

これはコミュニケーションにも当てはまります。自分の考えを相手に適切にかつ効果的に伝える手段を教わらないといけないのです。

その訓練がプレゼンテーションであることを日本はまだ知りません。そしてプレゼンテーションは多くの人の前で話すことだけではありません。1対1の交渉もプレゼンテーションなのです。

 

 

一番大切なメッセージ伝達の方法をこの国の教育では学べません。

特に論理と表現(言語と非言語)は習わなければ絶対に伸びないと断言します。TEDのプレゼンを見るとその違いに気づくことでしょう。

 

 

これがコミュニケーション能力を伸ばす一番の近道なのです。なぜなら適切で効果的なコミュニケーションをする上で、論理と表現は欠かせないからなのです。

 

プレゼンテーションとコミュニケーションについて何でもわたしに質問してください。

20年の研究と指導実績2万人超の経験から、あなたの疑問に最適な答えを導きだします。

 

 

~自己紹介~

初めまして、

弊社興味を持ってくださってありがとうございます。

株式会社コムスキル代表取締役、野中アンディです。

コミュニケーション学で博士号を持つコミュニケーションの専門家です。

私はアメリカと日本の大学/大学院でコミュニケーション学を学びました。

 

最初に受けたのはパブリックスピーキングというクラスで、大勢の前で話す授業でした。

 

初めて出会った時に大きな衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

 

彼らは「人に伝える行動」としてのプレゼンを科学的に分析し深く研究していました。

 

相手が分かりやすくなる言葉や話の展開、そして接し方、全てにそのプレゼンの訓練が役立っていたのです。

 

 

日本にこのすばらしい学問を広めたいという夢を胸に大学で教えてきました。

 

しかし、大学でいくら教えても一向に日本に浸透しないもどかしさから、私は大学を飛び出して多くの方々にこの学問の素晴らしさを伝えることにしたのです。

 

皆さんにも一日も早く体験していただきたいです。

 

なぜなら、早く身に付ければそれだけ使える時間が増える「一生もののスキル」だからです。

 

【経歴紹介】
福岡県春日市出身。
カンザス大学大学院修士課程卒業(修士号取得)。
西南学院大学大学院文学研究科博士課程卒業(博士号取得)。
専門は対人コミュニケーション。

 

~現在の主な活動~
多文化関係学会会員
National Communication Association(全米コミュニケーション学会)会員
International Communication Association(国際コミュニケーション学会)会員
Australian Linguistic Society(オーストラリア言語学会)会員
日米協会会員
日豪協会会員

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、プレゼンテーション、ビジネス英語などを教える。
また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。

2017年4月1日よりコムスキル代表取締役。
TOEIC:990点。
趣味はゴルフと料理、そして鳥の彫刻(デコイ)制作。

 

著書

「プレゼンのレシピ」(廣済堂出版)

 

 

個別相談をSkypeまたはZoomで行いますので、希望日時を第3候補まで記入してください。

3日以内にこちらからメールで相談日時をお知らせします。

 

Skypeを希望される方は、Skype IDを記入してください。

Zoomの場合は後日URLを送ります。

 

 

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
メールアドレス(確認)
お手数ですが確認のため再度入力をお願いいたします。
電話番号 Must - -
スカイプID
相談したい内容を教えてください(複数可)。 Must
  •  プレゼンテーション
  •  話し方
  •  コミュニケーション能力
  •  コミュニケーションインストラクター養成
  •  その他
上記でその他の方は記入してください。
無料相談希望日時(3つ)60分 Must
その他
無料個別相談申し込み へメッセージをFacebookに投稿してください。
 
 
 
 
Profile
Expert
㈱コムスキル 代表取締役

野中アンディ

Mission
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Senmon

言葉 ことば 話し方 パブリックスピーキング コミュニケーション

日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学) 福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。
また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

実は若い頃は赤面症で、クラスで注目されると真っ赤になってました。
そんな私が大学時代アメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。
なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。

このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。

現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。なぜなら今このスキルを必要としているのは社会人だからです。

講座は全部日本語で行いますが、英語のプレゼンも対応しています。

  092-687-6429
B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#embed/report-home/a101732771w149037491p153932509/
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock