114049_yjfjmmq5zmqzmdhhmmmxytazytfkyjg4ywjlmzflntq

言葉を書いて伝える

「難しさ」

言葉を書いて伝える 「難しさ」

コミュニケーションギャップ

言葉はすごく便利な反面、コミュニケーションギャップを生み出します。
それは、個人によって「言葉」に対してのイメージが違うからです。

たとえば、「コミュニケーション力が高い」

人生経験が多くない学生からの「コミュニケーション力が高い」
・すぐに仲良くなれる
・人間関係構築が早い
・会話力が高く、伝える力が強い
等々と考えているとします。

 

一方面接官は、
・相手を説得できる
・相手を動かすことができる
と考えているとしたら、コミュニケーションギャップが生まれますね。

 

ここが難しいところなんです。

学生の場合

・すぐに仲良くなれる
・人間関係構築が早い
・会話力が高く、伝える力が強い
等が一部分だとすると、面接官が求めるものとの間にギャップが生まれてしまいます。

 

学生の伝える「コミュニケーション力」が

ほぼ一致していると、ギャップは生まれませんね。

 

このギャップを埋めるために「形容詞的な言葉」を加えてください。

「早期に関係性を構築するコミュニケーション力」

「相手を動かすコミュニケーション力」

のようにです。

 

一つのビッグキーワード
「粘り強さ」
「協調性」
「コミュニケーション力」
だけでなく、形容詞的な言葉を加えるとギャップは少なくなります。
工夫してくださいね。

 

smtp08