113981_ogi5nzm5mgqzmde5m2nmntm5ymfhowuwmdfjmmy1yzq

面接官を納得させる

「転職理由」

面接官を納得させる 「転職理由」

イメージしてください。
初めて自動車を購入した後、「失敗した・・・」なんてことありますよね。
 
初めての車の購入時、
・キャンプに行きたいから荷物がたくさん積める車がいいな。
・ひょっとしたら車内で寝れるようにフルフラットシートがいいな。
と考え、大きなワンボックスカーを購入したりします。
 
でも、実際は、家族とスーパーへの買い物に使うことが多く、
・スーパーの駐車場に駐車しにくい。
・燃費が悪い。
・車幅感覚が分かりにくく、取り回しがしにくい。
なんて、不満はありませんか?
 
問題があるから、自動車の買い替えを考えますね。
 
次に購入する自動車は、その不満を解決する
・燃費がよく
・取り回しが楽で
・運転がしやすい
こんな自動車を選びませんか?
 
転職理由にも同じような理由があります。
・やりたい仕事ではなかった。
・価値観に合わない仕事だった。
・給与が思ったより少なかった。
・残業が多い。
何かしらの問題を解決したいと思い、転職活動をするのではないでしょうか?
 
転職には理由があります。
次に就く仕事は、この問題を解決できる仕事がベストです。
 
次の仕事(受験先にて)で問題が解決されますか?????
 
面接官はこの部分をしっかりと確認し、採用に結びつけます。
この部分を「論理的に」「感情的に」確認します。
「今の仕事から逃げたいだけかもしれない・・・」
その場合には、「ウチの仕事で同じ問題があるのであれば、早期に辞めてしまうかもしれない・・・」
と面接官は考えます。
 
転職者が早期に辞めてしまうと、企業にとって損失になります。
企業は、中途採用者に長く勤めてもらいたいと思っています。
転職応募者の「退職理由」を確認したいのです。
 
・今の仕事から逃げている応募者。
・人間関係が築けない応募者。
・成果を出せない応募者。
ではなく、
前の会社を辞めたいと思った「理由」が当社で実現できるのか?
この部分を確認したいのです。
 
納得性のある「退職理由」ですか?
→論理性が必要です。
違和感のない「退職理由」ですか?
→感情的な理由が必要です。

 

転職先の職場では、
・全く新しい仕事
・新しい人間関係
・新しく必要な能力・知識・スキル
が必要になってきます。

 

このような「一から作り直さなければいけない」ハードルを乗り越える「転職理由」は何でしょうか?

 

ここは、100人の転職者がいれば、100通り異なってきます。
ここを論理的に、感情的に面接官を納得させるものを考えましょう!
 

この部分を
・現在の仕事に就く中
・自分の感情的な思いとのギャップ
・あるキッカケから違和感を感じる
・2つ目のキッカケから、転職を考える
・転職を考えた「課題」が解決できる企業が転職先と分かる
・3つ目のキッカケから転職を決意する
・応募する
くらいの流れで簡潔に「志望動機」が言えると良いですね。

 

一人では、「転職理由」が論理的、感情的にまとめられない方へは、1時間20分面接対策にて一緒に考えます。

smtp08