著者なら知っておきたい、ここでしか聞けない

「本の広報戦略」1208

受付は12月 6日(日)18:15で終了しました。

93485_スクリーンショット 2015-06-04 18
93485_11127710_805925319494882_1726513270_n
93485_70691_11255197_891304857627436_508494720399530912_n
93485_スクリーンショット 2015-06-04 18
93485_11127710_805925319494882_1726513270_n
93485_70691_11255197_891304857627436_508494720399530912_n

ジャーナリスト尾藤克之氏と語る

このような方におすすめ

ご自身の本を出版されたのち、どのような広報戦略があるのか知りたい。本をもっと広めたい方

期待できる効果

本はどのようにして売れるのか、メディア(広報)はどのようなしくみで露出するのか、本を広報するとどんなメリットや効能があるのかを知ることができる。

著者なら知っておきたい、ここでしか聞けない 「本の広報戦略」1208

本の刊行をしたら、メディアに取り上げられたい

でも、いったいどうしたらいい?

出版や個人のブランディングを高める際に、広報は不可欠です!


<対象>

本の効果的な広報の仕方を考えたい著者の方

これから本を刊行したいと思っている方へ


<内容>

言論サイト・AGORA、ビジネスジャーナル、メディアゴン、を中心に時事問題をテーマの記事を掲載するジャーナリストであり、自身も著者である尾藤克之さんが、メディアの事情、記事の載り方の実態から、本の効果的な広報の方法を語ります。


<講師>

尾藤克之 (びとうかつゆき)

ジャーナリスト

東京都出身。衆議院議員秘書、大手コンサルティングファーム、 IT系上場企業等複数事業会社役員を経て現職。日本道敬会など経営者団体で講演、企業人材採用向けセミナーや学生向け就活講座を手掛けている。事業活動傍ら、社会貢献事業(アスカ王国)をライフワーク。「キーパーソンを味方につける技術」(ダイヤモンド社)、「ドロかぶり方」(マイナビ新書)が代表作。本年度9月に「就職活動ダイアリー」(学研/トーダン)を発刊。出版実績7冊。



城村典子(じょうむらふみこ)

書籍編集者/「私が著者になる授業」講師

20年以上に渡り数々の書籍を手がける。角川学芸出版のビジネス・自己啓発レーベル〈フォレスタ〉シリーズの創設に携わり、編集長を務める。現在は独立し、学芸みらい社、IBCパブリシング、みらいパブリッシングなどの出版社に参画。数社の出版社と企画を進行中。



開催要項

開催日時
2015年12月 8日(火)
開場 18:15
開始 18:30
終了 22:00
場所

杉並区高円寺南4-26-5 YSビル3階

参加費

著者なら知っておきたい、ここでしか聞けない 「本の広報戦略」 参加費(懇親会込)  5,000 円

著者なら知っておきたい、ここでしか聞けない 「本の広報戦略」 参加費(懇親会不参加)  4,500 円

キャンセルポリシー

5000円(懇親会込み)

お支払方法
定員

10 名

申込受付期間

2015/11/ 9(月) 02:51 ~ 2015/12/ 6(日) 18:15まで

主催者

城村典子

お問い合わせ先

城村典子

お問い合わせ先電話番号

090-6478-7916

お問い合わせ先メールアドレス

jomura-fumiko@jdiscover.jp

本を出版したい、著者になりたい人へのコンサルティング。成功する出版のための有益な情報をお伝えします
Expert_s

本を出版したい、著者になりたい人へのコンサルティング。成功する出版のための有益な情報をお伝えします

書籍編集者
青山学院大学非常勤講師(出版ジャーナリズム)
株式会社Jディスカヴァー 代表取締役
スプリングインク株式会社 代表取締役

講談社、角川学芸出版などの出版社に勤務した後、2012年に独立。書籍編集、角川フォレストレーベル立ち上げと編集長などの業務のほか、事業部の立ち上げ、出版社創設など、出版事業全般に渡る業務を30年経験。

2014年に株式会社Jディスカヴァー設立。出版セミナー、勉強会などをスタート。毎月セミナー等のイベントを開催。

2015年学研アクセラレーター(ベンチャー企業支援プログラム)において「著者育成事業」が評価され、優秀賞を受賞。2016年5月より、学研とのコラボ出版セミナーを開催。
2018年、第1回絵本出版賞開催