890143_mdyxmtvhzjiwotc2mddmzdaxotflzwzkzjdlnjriyzy

受付は3月 8日(金)10:00で終了しました。

フォーカシング 池見陽氏×ゲシュタルト療法 百武正嗣氏による「ことば」と「からだ」をつなぐコラボワークショップ

このような方におすすめ

自分の気持ちや感情が分からない/もっとラクに生きていきたい/同じようなパターンの悩みをくり返しているような気がする

期待できる効果

自分の感情が分かるようになります/自分が使っている「ことば」と「からだ」のつながりが分かります/なぜ同じパターンの人間関係の悩みが起こるのか理解できます/カウンセリングセッションが深まります

受付は3月 8日(金)10:00 までです。

『フォーカシング&ゲシュタルト コラボワークショップ2024』

私たちが感じていることにはどんな意味があるのか?
感じていることはどのように「ことば」で表現されるのか?
「ことば」と「からだ」にはどんなつながりがあるのか?
私たちは「ことば」で傷つき、「ことば」で癒やされます
「からだ」で体験することを「ことば」にしていき、
「ことば」が「からだ」におよぼす影響を観察する

フォーカシング&ゲシュタルト療法のコラボワークショップを開催します!


フォーカシングとゲシュタルト療法のアプローチが学べる

「からだ」で感じることを言語化できるようになる

ソマティック、身体志向のセラピーを体験できる

フォーカシング、ゲシュタルトのベースになっている哲学が理解できる

心で実感していることを丁寧に感じられるようになる

「からだ」に届く「ことば」を使えるようになる


★フォーカシング★

フォーカシング(Focusing) は、静かに、心に感じられたことや思いに注意を向けて、それらが変化する様子を観察し、そこから意味を見いだす心理療法の一種です。

シカゴ大学教授ユージン・ジェンドリン(Eugene Gendlin)の心理療法の研究によって生み出されたこの方法は、心理療法や自己理解、夢理解の方法として米国をはじめ、ヨーロッパほぼ全域に普及しています.

私たちが感じていることには意味があり、それを表現して耳を傾けることで、人生の次の一歩・ヒントが暗示されます。

池見陽氏はジェンドリンに直接師事した日本におけるフォーカシングの第一人者であり、学術的にも世界中で有名な研究者でもあります。

※参照:日本フォーカシング協会HP


★ゲシュタルト療法★

ゲシュタルト療法は、ユダヤ人精神科医フレデリック・パールズ、その妻ローラ・パールズ、精神科医ポール・グッドマンらによって1950年代に創始された心理療法です。

ゲシュタルト療法は、それまでの心理療法のように学問的にクライアントの主訴を分析や解釈をするのではなく、人間としての存在に重点を置いて、「今、ここ」での気づきに焦点を当てるところに特色があります。

有機体である私たち人間は「今ここ」で自分にとって必要な欲求に気づき、みずから欲求を充たしていける自己調節のメカニズムを持っています。

しかし、社会に生きる私たちは他者との関わりの中で自分の欲求を抑えざるを得なかったり、周囲や社会からの価値観を鵜呑みしてしまったり、他者との心理的境界がうまく確保できなかったりすることで、自己調節機能がうまくはたらかなくなり、自分にとって心地よい人生を送ることが難しくなっていきます。

私たちは必要なこと、自分の欲求に気づくことができれば、自分にとって心地よい人生を選択することができるようになります。

ゲシュタルトファシリテーターはクライアントが「今、ここ」での気づきにコンタクトしていくプロセスに伴走します。


★フォーカシングとゲシュタルト療法★

フォーカシングもゲシュタルト療法も現象学という哲学をベースにしており、フォーカシング創始者のジェンドリンは哲学者としての顔も持ちます。

現象学とは、いろいろな思い込みや説明、理論などをいったん脇に置いて、現象そのものを観るという立場を取ります。

実際に、フォーカシングのセッションとゲシュタルト療法のワークを体験してみると、両者がよく似ていることに気づきます。

ゲシュタルト療法の創始者であるフレデリック・パールズが自分のセラピーを「フォーカシング」と名付けようとしたけれど、ジェンドリンの方が先に「フォーカシング」という表現を使っていたので、パールズは自分のセラピーを「ゲシュタルト療法」と名付けたというエピソードも面白いなと感じます。


今回はゲシュタルト療法の 百武正嗣氏(ももちゃん)とフォーカシングの池見陽氏がそれぞれにセッションを行い、それぞれの立場から現象学について解説する、というワークショップを開催することになりました。

臨床的にも学問的にも好奇心が刺激される豊かな時間になることでしょう。

ご縁のある皆さまとご一緒できるのを楽しみにしています!



こちらもご覧ください
↓ ↓ ↓
ゲシュタルト療法とは?



♪2023年5月に開催したフォーカシング&ゲシュタルト療法コラボワークショップの様子♪

↓ ↓ ↓




【よくある質問】
●1日のみの参加もOKですか?
はい、1日のみの参加もOKです。

●ゲシュタルト療法やフォーカシングのトレーニングを受けていませんが参加できますか?
はい、特別に学んでいたり、トレーニングを受けていない方でもフォーカシングやゲシュタルト療法に興味のある方ならどなたでも参加できます。

●ゲシュタルトのレジェンドなのに参加者が「ももちゃん」と呼ぶのはなぜですか?
ゲシュタルト療法では、「教える人」と「教えを請う人」という上下関係を作らず、対等でフラットな関係を作るために、「百武先生」などと呼ばず、「百武さん」「ももちゃん」と呼ぶようにお願いしています。


【開催日時とプログラム】
 ◆1日目 3月9日(土) 10時~17時半(途中、1時間程度のランチタイムをはさみます)
 ●フォーカシング・ゲシュタルトそれぞれの立場から概要についてのレクチャー
 ●フォーカシング&ゲシュタルト療法のセッションおよびセッションの解説
 ※ワークの進行によって、時間が延長になる場合があります。

 ◆2日目 3月10日(日) 10時~17時半(途中、1時間程度のランチタイムをはさみます
 ●フォーカシング&ゲシュタルト療法のセッションおよびセッションの解説
 ※2日目はセッションを中心に進めます。
 ※ワークの進行によって、時間が延長になる場合があります。

【会場】
 ●市川市内会議室(お申込みの方に場所をお伝えします)
 ●東京駅より約25分
 ●羽田空港よりリムジンバスで約70分

 ◆2日とも参加 80,000円 / 1日のみ参加 50,000円

【定員】
 ◆会場20名


◆池見陽氏略歴◆
日本におけるフォーカシングの第一人者
関西大学人間健康学部教授 臨床心理士、医学博士。
北九州市立医療センター、産業医科大学講師、岡山大学助教授、神戸女学院大学教授、関西大学文学部教授を経て現職。
日本フォーカシング協会会長、日本人間性心理学会常任理事、日本自律訓練学会会長、日本心身医学会評議員などを歴任。
海外では、The International Focusing Institute (USA) 理事・評議員、WAPCEPC (UK) 理事などを歴任。
現在は、 Eugene Gendlin Center for Research in Philosophy and Psychology (USA) 運営委員長。
『心のメッセージを聴く』(講談社現代新書)、『傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング』(ナカニシヤ出版)小説『バンヤンの木の下で』(木立の文庫)やHumanistic Psychotherapies:Handbook of Research and Practice (共著APA) 、The Psychology and Philosophy of Eugene Gendlin (共著 Routeledge)など日本語・英語で著書・論文多数発表。
2019年に米国の専門誌 Journal of Humanistic Counseling にて Living Luminary (存命の輝ける大家)に指名され、日本人間性心理学会より学会賞受賞 (2020年)。


◆百武正嗣氏略歴◆

日本のゲシュタルト療法普及の草分け的存在にして第一人者
日本ゲシュタルト療法学会創立者
NPO法人 ゲシュタルトネットワークジャパン理事長
日本フェルデンクライス協会理事
1945年、新潟生まれ。中央大学理工学部卒。1979年、カリフォルニア州立大学大学院心理学部卒。
帰国後、(財)神奈川県予防医学協会で健康教育にヨーガ、心理学を取り入れる。
日本ゲシュタルト療法学会の創設に尽力。設立より2期6年にわたり理事長を務め、現在は同学会ファシリテーター審査委員長。
NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン(GNJ)理事長。日本フェルデンクライス協会理事。
ゲシュタルト、フェルデンクライス・メソッド、ヨーガ、心理学を取り入れた「気づきのセミナー」を全国各地で開催。またリラクゼーションの指導にもあたっている。フェルデンクライス国際ライセンス取得。

日本で指導を続けて20年以上、全国各地で通算9000人以上にワークを提供。
ギリシャ、サンフランシスコ、シドニーからも招待を受け、ワークショップを実施している。




受付は3月 8日(金)10:00 までです。

対人支援職とリーダーのための“自己成長のファシリテーター”

上谷実礼

ありのままの自分で、人とつながり、社会の中で自分らしく生きる
Expert

ありのままの自分で、人とつながり、社会の中で自分らしく生きる

産業医/医学博士/公認心理師/研修講師

・千葉大学大学院医学研究院非常勤講師
・労働衛生コンサルタント(保健衛生)
・日本産業衛生学会会員
・日本ゲシュタルト療法学会正会員

◆マイナス評価でもモチベーションを下げない評価面談トレーニング
◆組織に心理的安全性をはぐくむ研修
◆『アドラー流勇気づけ保健指導』著者

2000年千葉大学医学部医学科卒業。
千葉大学医学部附属病院などで臨床研修後、千葉大学大学院医学研究院社会医学系研究室にて8年間研究と教育、産業医の実務に従事。2011年、産業保健サービスを提供するヒューマンハピネス(株)設立。代表取締役就任。
産業医として企業ではたらく社員の心と身体の健康サポートに携わるとともに、一人ひとりの人が「自分のままにつながりの中で生きていける世界を創りたい」という思いのもと、執筆、講演、企業研修・コンサルティング、心理カウンセリングなどの活動も展開。
2020年から自己成長のためのオンラインスクール主宰。
各種ワークショップ主催なども行っている。

開催要項

開催日時
2024年3月 9日(土) ~ 3月10日(日)
開場 9:45
開始 10:00
終了 2024/3/10 17:30
場所

千葉県

市川市

参加費

ワークショップ参加費(2日間)  80,000 円

ワークショップ参加費(1日間)  50,000 円

キャンセルポリシー

●開始日の2週間前までにご連絡いただいた場合全額を、1週間前まででしたら半額を、3日前まででしたら30%を返金いたします。
それ以降のキャンセルに関しては、受講料の返金はございませんのでご了承ください。

お支払方法

銀行振込

定員

20 名

【残 4 席】

申込受付期間

2023/12/23(土) 14:07  ~ 2024/3/ 8(金) 10:00まで

主催者

ヒューマンハピネス 上谷実礼

お問い合わせ先

ヒューマンハピネス 上谷実礼

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

lesson@humanhappiness.co.jp

受付は3月 8日(金)10:00 までです。
smtp08